荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

朝焼け燃ゆる五竜岳 八方尾根から遠見尾根(前)

b0244811_010255.jpg


■山行日:2012年09月15日-16日
■山:唐松岳
■目的:八方尾根から扇沢への縦走・・・だった
■ルート:
黒菱平(05:20)-八方池(07:20-08:00)-唐松山荘(10:20-ピーク-11:10)-五竜山荘(14:40)
五竜山荘(04:45-白岳-05:40)-西遠見池(06:50)-中遠見(08:10)-アルプス平(09:15)

三連休、ほぼ未踏な後立エリアをプチ縦走しようと企んでいた
八方尾根から唐松、五竜、キレットを越えて扇沢までだ
いつもより事前に準備をして、虎視眈々とその日を狙っていたのだが
例によって急なシゴトのバカヤロー的事情で、三日目は出勤しなければならないハメに
いや、しなくとも良いのだが、それはそれでアレなので
だからと言って、必ずしも出勤しなければならないか?と言うとそうでもなくて
じゃ、ここはシゴトのバカヤローは放置するか?なんて勇気も無くて
でもだからと言って、諦めるにはもったいなくて

で?どうするよ?

More
# by slow-trek | 2012-10-09 00:30 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)

単身赴任男の食卓 愛しのハムエッグ

b0244811_12241627.jpg


More
# by slow-trek | 2012-10-08 12:40 | 単身赴任百景 | Trackback | Comments(6)

中秋の名月

b0244811_2326233.jpg


いや、まぁ、ほれ
これも、お月見かな、なんて・・・

More
# by slow-trek | 2012-10-02 23:32 | 単身赴任百景 | Trackback | Comments(4)

秋色山ごはん 焼き鳥

b0244811_1825363.jpg


ちょっと涼しくなっただけで、食べたいものが変わったりする
私のバヤイは、あぁ、秋だなぁって思うだけで、何故か焼き鳥だ
なんだろうなぁ、きっと秋になって薄ら寒い夜、無性に赤提灯が恋しくなる
それとの関係なんだろうなぁ

てなことで、山ごはんとして本格焼き鳥を食べたい!と企てたのだが
さてはて・・・

More
# by slow-trek | 2012-09-29 18:53 | 山ごはん | Trackback | Comments(4)

試練と憧れ 剱岳

b0244811_2193328.jpg


■山:剱岳
■山行日:2012年08月25日-26日
■目的:早月尾根を詰める
■ルート:登山口(06:00)-早月小屋(12:30)
     早月小屋(04:20)-剱岳(07:10-07:30)-早月小屋(10:00-11:00)-登山口(15:30)


剱岳
人は何故、こんなにも剱岳に憧れるのだろうか

登山を始めて2年目に別山尾根から登り、6年目となった昨年は長次郎谷から詰めた
長次郎谷、あの雪渓の中に立ったときの感動は忘れられない
そして、あの日からあと一つ、自分のスタイルとスキルで歩けるのは、あと一つ
その厳しさで有名な早月尾根からのルートだ、と、その日を楽しみにしていた
いつか、あの尾根を日帰りで一気にピストンしてやるんだと・・・
 
しかし、日帰りはあきらめた
この春からの転勤によって、たまに歩くとしても軽ハイクばかり
登山なんてほとんどしていないのだ、日帰りなんてムリだろう・・・
いや、日帰りに意味があるんじゃない、この尾根から剱岳を目指すことが目的なのだ
それに、朝焼けに染まる剱岳を歩くには、山中で一泊するしか無いのだ
そう自分を納得させて、単身赴任先である上州から一人、馬場島へと向かった
 

More
# by slow-trek | 2012-09-24 23:11 | 北アルプス | Trackback | Comments(6)

そうだ 京都、行こう 鞍馬貴船

b0244811_23102910.jpg


突然の夏休み
各地の天候は不安定
ヨメさんは五十肩で通院継続中

だ、か、らっ、 四十肩 って言うてるやろ(怒!)

ま、どっちゃでも良いが、この貴重な休みをどうするのか・・・

京都市内トレイルなら付き合ったってもエエで、お父ちゃん

いや、別に付き合ってもらわなくてもいいのだが
ま、久しぶりだし、ぶらっと散歩でもするか

More
# by slow-trek | 2012-09-17 23:40 | | Trackback | Comments(0)

シュラフを忘れた!?さぁ、どうする?

b0244811_23435846.jpg


その辺りの里山じゃないぞ?もちろん北アルプスだ
テン場の標高は1,480、ちなみに登山口は747、翌朝目指すのは2,999
そう、あの山だ、山ヤにとって誰しも特別なあの山だ
長い長い登りを終えて、やっとこさテント張って、さぁさぁ、さぁ

プシュッ

ごきゅ、ごきゅ、ごきゅ・・・ぷっふぁわーっ

と、最もウマい缶ビアの最初のひと口を飲る
そして王様の視線でテン場を睥睨する
あぁ至福のひととき
ふふふ、このときだけは、オレは王なのだ、一番偉いのだ

ふふっ
ふふふっ
ふぅわーっはっはっはっ・・・は?って、何コレ?

そんな王様なオレの左の掌に何か違和感・・・
 

More
# by slow-trek | 2012-09-12 23:55 | 山の道具 | Trackback | Comments(14)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite