荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

冬の山旅ひとり旅 みちのく樹氷・角館

b0244811_23590496.jpg



阿仁スキー場の看板犬、秋田いぬ北斗(ほくと)君、一歳と
さんざん遊んだあとは、再びタクシーで阿仁合駅まで

そして今度は急行もりよし3号
雪のため30分遅れでやて来た急行は2両だ

北国の雪列車は、真っ白な世界を、ゆっくりと進む
前も後ろも、あるのは、ただ雪、雪、雪



More
# by slow-trek | 2018-03-09 20:37 | 東北[北上山地・奥羽山脈] | Trackback | Comments(4)

冬の山旅ひとり旅 みちのく樹氷・森吉山

b0244811_23502735.jpg


■山行日:2018年02月10日(金)-11日(土)
■山:森吉山
■目的:三大樹氷
■ルート:池袋(220:00)-鷹巣駅(08:16)-阿仁合駅(09:14)-阿仁合スキー場(10:00)
     山頂駅(11:00)-樹氷-スキー場下山(14:00)-阿仁合駅(16:00)-角館駅(17:20)



日本三大樹氷を知っているだろうか

蔵王、八甲田山、このふたつは誰もが思いつく
でも、秋田の森吉山は知名度的には低いのでは?

いや、自分は知らなかった、昨年末のNHKで放映された
ある映像を見るまでは、まったく知らなかった

その映像には、中腹からどこまでも続くかのような霧氷
そして、山頂に向かっては、アイスモンスターと化した
巨大な樹氷群が広がるシーン

三大樹氷、大吟醸雪の茅舎、つや姫、そして秋田いぬ

みちのく魅力キーワードが、樹氷映像に流れてくると、もうダメ
樹氷に、秋田いぬに会いたい、お酒とつや姫ごはん食べたい

あぁもう

行くぜ、東北



More
# by slow-trek | 2018-03-08 07:37 | 東北[北上山地・奥羽山脈] | Trackback | Comments(0)

今日の山ごはん マナスル山荘カツカレー

b0244811_20203945.jpg


この日は久しぶりに会社のメンバー3名と入笠山へ
もちろん、目的は日本アルプス大展望
そして

マナスル山荘でのランチだった




More
# by slow-trek | 2018-03-05 22:46 | 山ごはん | Trackback | Comments(0)

今日の旅ごはん 今年も訪ねます。冬の北陸路

b0244811_19330704.jpg



我が家が夫婦で出かける年イチの旅

それは毎年お馴染みの冬の北陸路
越前蟹をメインとした、冬の日本海の料理を頂く旅だ

しかし
昨年末に大阪の住居を引き払った我が家
横浜から越前は、とても遠くなった
時間も、コストもばかにならないし
車で行く気にもなれない
さぁどうしたものか



More
# by slow-trek | 2018-02-28 00:09 | | Trackback | Comments(4)

後立山裏銀座 水晶の星空

b0244811_22472116.jpg




■山行日:2017年09月22日(金)
■山:針ノ木岳・赤牛岳・水晶岳・野口五郎岳
■目的:縦走
■ルート:水晶小屋(06:00)-野口五郎岳(09:30)-高瀬ダム(15:00)


水晶岳への最後の登り帰しを詰める
目の前に、久しぶりとなる水晶のピークから、近づいた槍ヶ岳を望む

あぁ、また来たんだ、この奥黒部へ、また来たんだ

ガスが湧き始めたピークで、しばし黒部の空気を楽しむと
ビールを求めて小屋へと急いだ




More
# by slow-trek | 2018-02-25 18:52 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)

後立山裏銀座 赤牛岳遥かなり

b0244811_22452761.jpg



■山行日:2017年09月21日(木)
■山:針ノ木岳・赤牛岳
■目的:縦走
■ルート:奥黒部ヒュッテ(05:00)-赤牛岳(10:00)-水晶岳(15:00)

気付くと、ソロ男子も、ソロ姉さんも先に歩き始め
お母さんと二人、二十分近くも、ピークでまったりしていた

 もう二度と来ることないやろから
 も少し、ここから薬師と五郎さん見てますわ

そう言うお母さんにカステラのお礼を言うと先に腰を上げ
いつまでも風景に眼を細めるお母さんをふり返りながら歩き始める



More
# by slow-trek | 2018-02-22 22:37 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)

後立山裏銀座 読売新道登る

b0244811_22460144.jpg



■山行日:2017年09月21日(木)
■山:針ノ木岳・赤牛岳
■目的:縦走
■ルート:奥黒部ヒュッテ(05:00)-赤牛岳(10:00)-水晶岳(15:00)


相部屋のソロ男性が出て行くのを寝ぼけ眼で見送る
もそもそと、コーヒーを沸かし、身支度を済ませると、5時前

小屋の前で天気を確認していると、テン場から、学生っぽい男子が現れた

  「読売新道は、どう行けば良いですか?」

何から何まで、パリっとしたスタイル、山を始めたばかりの匂いがする彼に
「水場の向こうだよ」 とりつきを教えるが、このルート歩けるのだろうか?



More
# by slow-trek | 2018-02-20 23:53 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite