荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

風花舞う湿原 尾瀬(後)

b0244811_21530619.jpg



■山行日:2018年05月04日(土)-05日(日)
■山:尾瀬沼から尾瀬ヶ原
■目的:尾瀬沼に浮かぶ燧ケ岳
■ルート:大清水(07:30)-尾瀬沼(10:00)
     尾瀬沼(07:00)-山の鼻(12:00)-鳩待峠(14:00)


朝食も美味しく頂き、ヒュッテを後にする

小屋の方に、燧ケ岳ですか?と問われる、ほとんどの泊まり客はそうだろう

今年はまったりと沼を回って尾瀬ヶ原へ下りますと応えると
「あぁそれはいいなぁ、楽しんで下さい」そう笑顔で送り出してくれた






b0244811_21540584.jpg



予報に反して、どんよりとした朝
あれだけ期待した、湖面に映える燧ケ岳もなく
今にも雨が落ちて来そうな歩道を歩く



b0244811_21541450.jpg





沼尻では、新装なった休憩所を眺めていると、雪が落ち始め
白砂湿原では、ちょとした吹雪となる



b0244811_21555221.jpg



これで三度目となるルート、毎回この辺りでは吹雪いている
五月の氷雨に震えながら、ザクザク、ザクザク雪の峠ひとり歩き
静かな孤独、静かな尾瀬



b0244811_21554026.jpg



段小屋坂の途中、高齢の大先輩とすれ違う
「こんな季節、こんな天気、ここを歩くとは、よほどの尾瀬好きか?」
その挨拶に、お互い様ですよ、と返すと二人で大笑い


b0244811_21573842.jpg
b0244811_21574648.jpg



すれ違ったのは一人だけ、3時間で見晴十字路
休憩も無く、竜宮へと進みながら、振り返る燧ケ岳は雪雲の中



b0244811_21575644.jpg




沼よりも標高が下がったぶん、寒さは感じなくなり
竜宮辺りから、少しずつ空が明るくなり始めた
予報よりも遅い青空を期待する


b0244811_21593786.jpg




ふっと振り返ると、やっと燧ケ岳の雪雲が流れ

足元には雪融けの澄んだ流れに白い花


b0244811_21595249.jpg
b0244811_22021312.jpg


春雷の予報の影響だろうか
早くも咲き始めた水芭蕉も、ギャラリーは驚くほど少なく
その可憐な姿も、どこかしら寂しそう
静かな雪融け、静かな尾瀬


b0244811_22005425.jpg
b0244811_22015822.jpg



今年も何処へ行こうかと思案した末の尾瀬行き
GWに、こんなにも静かな、こんなにも美しき山を歩けるなんて



b0244811_22020623.jpg
b0244811_08382247.jpg




ロープウェイが2時間待ち、テン場は足の踏み場も無い
山荘の食事は三回戦まで・・・そんな賑わいとは無縁な山旅

五月の尾瀬、静かな尾瀬

夏を待つ湿原の静けさに浸った山旅だった



■RANKING■
■RANKING■


by slow-trek | 2018-06-06 08:43 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/28352071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2018-06-06 09:19
この季節の尾瀬、入ったことがないのです。
しぃぃんという音が聞こえそうな静かな尾瀬、素敵です。
下から3番目の雲が水面に映る写真にうっとりと見入ってしまいました。
山肌や水面に動いてゆく雲の影、一日中見ていても飽きません。
素敵な景色をありがとう。
沼尻の休憩所は新装なったのですね、よかった。
Commented by tabilogue2 at 2018-06-07 11:36
ついこの前の事なのに、五月の連休 俺は何をしてたのか?と日捲りを戻すほど…印象の薄い連休でした。 
新庄神室の遭難事件で待機して( ´艸`) 賢治の故郷に旅をして 船形山系を踏査するだけで終わり。ほとんど出歩かないように連休対策の連休でした。
いいな~尾瀬。。。貴殿の真似をして ワタスゲの田代山にでも出かけてくるかな 梅雨の晴れ間を狙うしかないだろねぇw
Commented by sae at 2018-06-11 18:59 x
その昔、chikaさんやチーさんの掲示板で時々お見かけしていました。時々追っかけしています。
昨年の5月、スロトレさんの写真に憧れて尾瀬に行きました。
燧ケ岳に登りたかったけど、雪が多くてやめた方が良いよと言われて戻ってきました。
帰り道、姪から兄が亡くなったって連絡があって、尾瀬から原村、京都、松山と走りました。
忘れられない景色です。
今年は三本槍に二度目の追っかけしました。
シロヤシオ満開でした。
関西のおっさんやのにキザやねっと思いつつみせてもらっています。
Commented by slow-trek at 2018-06-18 15:39 x
palletさん
コメント放置しててごめんなさい。
>しぃぃんという音が聞こえそうな静かな尾瀬、素敵です。
そう言って頂くと嬉しいです、ほんとこの季節は
特に沼は、人気が少なくて最高です!
沼尻の休憩所は重要なポイントですもんね
私もホッとしました^^
Commented by slow-trek at 2018-06-18 15:43 x
tabilogueさん
コメント放置しててごめんなさい
遭難事件で待機?ですか・・・無事であれば良いのですが
それは大変なGWでしたね、でも「賢治の故郷に旅を」
なんてさらりと書かれてるのは憎いです^^
きっと素敵な旅となったことでしょう
ちなみに田代、もう私は歩いてきました(晴れでした!)
Commented by slow-trek at 2018-06-18 15:46 x
saeさん
コメントありがとうございます
5月の燧ケ岳、特に去年は雪深くて大変でした
止めて正解だったかと
chikaさん、懐かしきお名前です
今も山を歩かれてるのかなぁ・・・
なんだか関西に帰りたくなりました。
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite