荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

今日の旅ごはん タワーサイド・メモリー

b0244811_23573447.jpg



あれは17歳の夏だった
どうしても手に入れたいモノがあった
それは自分にとっての自由の象徴だった

我が家は、おねだりして何かを買って貰える様な家柄では無く
必然的にアルバイトすることになる
それは、ハードな電気工事会社だった
工事と言えば聞こえはマシだが、要は雑用
それも力仕事中心で毎日ヘトヘトになるまで働かされた





b0244811_23114564.jpg



そんなバイト君も、2週間も経つと、いろんなコツを覚え
重宝されるようになる
で、ある日、カカリチョーだかカチョーだかに呼ばれたのだ

 来週から神戸に出張行ってくれるか
 美味いモン食べさせてもらえるぞ

出張?神戸?なんだか急に仕事が出来るようになったみたい
そう勘違いしたバイト君は、ふたつ返事で、おっさんたちと
新幹線に乗り込み神戸へ行ったのだ
仕事の内容なんて、何ひとつ聞きもしないで


b0244811_23120196.jpg



その出張先での仕事は、もちろん電気工事、もちろん雑用
だけど、ちょっと違うのは、なんと外国船の作業だ
港からタグボートのような船に乗り、神戸港の真ん中に浮く
ギリシャ船、それも超大型のタンカーの上での作業だった

何が哀しくて、青春真っ只中な夏休に、油まみれになって
外国船の上で汗流してるんだか、同級生は海やら恋やら
楽しんでると言うのに、とグチりながら、早朝から船に乗り
毎晩19時を回る頃、ポートタワーの夜景を眺めながら
ボートで港へ帰る毎日だった



b0244811_23143902.jpg



唯一楽しみなのは、大きな食堂で外国人クルー達に紛れて
同じテーブルで一緒に頂く、ビュッフェ形式のランチタイム
レモンやハーブの味がする細長い米はパサついてたけど
ライスに添えられるチキンやサラダが美味しく
同じ釜のメシを多国籍な労働者達が一堂に会して食べる感じが
なんだか妙に楽しかった

そして一番の思い出

作業場所となるデッキにいるトルコ帽を被ったオヤジさんだ
顔を会わす度に部屋に呼ばれ、とんでもなく濃く不味いコーヒー
(後にトルコ・コーヒーと知る)を飲ませてくれては
英語交じりの不明語とジェスチャーで話す時間は楽しく
だんだんとコミュニケーションが成立して行くのは刺激的だった



b0244811_23145377.jpg



正直に告白するとだ、もっと刺激的だったのは、そのオヤジさんの
部屋に飾ってあるカレンダーだった

美しき外国人女性が、プールサイドで全裸で椅子に座っている
ただそれだけの一枚、だけど全裸なのだ、何も隠されていない
本当に、正真正銘の全裸なのだ・・・

多感な少年であるバイト君は、オヤジさんとの会話を楽しみながらも
視線はチラチラと一枚のカレンダーへ奪われていた



b0244811_00294797.jpg




休日ナシの連続勤務で7日間(と記憶している)出張も最終日
その日は、15時くらいで作業も終わり、例のトルコ帽オヤジさんとも
最後の不味いコーヒーを頂いてると、何故だか部屋の感じが違う

ん?分かった!カレンダーが捲られて変わってるんだ、と気付いた時
オジさんは、ニヤニヤしながら折りたたまれた紙片をくれる
そーっと広げてみると、それは、いつも盗み見してた、あのカレンダー

気付かれてたんだ、知ってたんだ、と思うと自分でも分かるほど
顔が赤くなって、それを指差し笑い転げるオヤジさん



b0244811_00322166.jpg



別れの挨拶もそこそこに、カレンダーを作業服の胸ポケットに隠し
ボートで港に帰るのもドキドキするほど、まだ純な少年だった

ホテルを出る支度をしながら、高校生がこんなモノ持ってたら
ヤバいよなぁ、と思案した結果、部屋のゴミ箱に丸めて捨てたのだ




b0244811_23181797.jpg



重油臭い海風、大食堂で食べるライスのレモンの香り
港のホットドッグ屋台のマスタード

もう何十年も前の記憶は、匂いとして残ってる



b0244811_00301881.jpg



それから4年後、進学で出てきた大阪で、バイト先の女性に誘われて
初めての ユーミンのコンサート (ライブとは呼ばなかった)での事
神戸を舞台にした新しい曲 「タワーサイド・メモリー」 の紹介MCで
実はこの詩は、神戸港のポートタワー近くのロケーションだけど
古臭くて薄暗いビジネスホテルの一室で書かれた曲だったと
観客の笑いを誘っていたが、そのホテルの名を聞いてドキっとした

あのカレンダーを捨てたホテルだったのだ



b0244811_23585210.jpg



曲の間、隣の素敵な女性の事も忘れ、あの夏を思い出していたっけ

そんな、大昔のタワーサイドメモリーが蘇ったのは
寒の戻りで六甲から冷たい風の吹く、神戸元町高架下
丸玉食堂の紹興酒が少し熱過ぎたからだろう

あれから何十年経ってもユーミンは、神戸のライブでは
最後にこの曲を唄ってるそうだ



■RANKING■
■RANKING■


by slow-trek | 2018-03-15 00:36 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/28191774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2018-03-16 08:20
我が家の初孫さゆりんが、つい最近17歳になったのだけれど。
17歳って青年だろうか、まだ少年だろうか?
いや、青年の入り口…少年と青年の間(あわい)とでも言うのだろうか。
微妙な年齢のこころの動き、そんな時代のスロさんが目に浮かびます。
Commented by ケーコ at 2018-03-17 08:00 x
あれですか、そのカレンダーは上だけではなく、下も丸見えだったのですか?
だとしたら、当時としては貴重品、丸めてポイは後悔しまくったでしょうに?
スロさんなら、想像だけでも充分楽しめたとは思いますが図星ですか?
バイト代で単車でも買ったのかしらね?

伏線が多くて質問攻めで失礼しました。
だってツッコミどころ満載なんだもん。
Commented by slow-trek at 2018-03-17 21:18
palletさん
震災の記事、ずいぶん前に拝見したのですが、お孫さんと
お二人、夕暮れに、人波に流されながら自転車で駈ける
シーンが何故か映像で見たかのように脳裏に残ってて・・・
あのお孫さんが17歳なんですね♪
えー、私的には17歳なんて大人びてようが生意気だろう
が少年、いやガキでしたね(^^;)
Commented by slow-trek at 2018-03-17 21:22
ケーコさん
だからぁ、全裸って書いてるじゃないですか^^;
上も下も裸なのが全裸、もうそりゃたいへん(うふふ)
苦労して買った中古のバイク、すぐに壊れちゃいました(´Д`;)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite