荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

今日の旅ごはん 雪の余市で宝石丼

b0244811_23073319.jpg




札幌から小樽まで、車窓からの風景は吹雪、まさに雪国列車

去年の秋に見た、銭函から朝里までの海岸線の
青く美しい海岸線は、全て白く埋まった世界

こんな雪の状態で、この先いけるのだろうか
不安を抱きながらも、小樽で降りると、函館本線に乗り換えた





b0244811_23050954.jpg



雪国列車、倶知安行きは、二つ目の塩谷駅で
上りホームから階段を渡って来る老婦人を待つ

80歳は裕に越えているであろう小柄なお母さん
大きな風呂敷をもって、険しい顔で雪のホームをやって来る


b0244811_23055752.jpg



そっと隣に座った雪まみれのお母さん
間に合って良かったですね、と話しかけるが
険しい顔のまま、つぶやく声は、意味も分からなかった


b0244811_23064529.jpg




目的地である余市駅で降りると、そこは雪国
ホームに降り積もる雪が、風で舞い上がり
一緒に降りたお母さん、吹雪に対峙するかのように立ち尽くす


b0244811_23073319.jpg


この見事なまでに真っ白な世界を歩いてると
どこか記憶の遠い所から歌が聞こえてくる

 雪の降る街を 雪の降る街を
 思い出だけが 通り過ぎてゆく

 雪の降る街を


b0244811_23081738.jpg




ニッカ余市蒸留所に、雪景色を求めて歩き
その美しさとシングルモルトに酔った後は
二つ目の目的である、旅ごはんへ

一階は魚屋と酒屋、二階が食堂なスタイルである「柿崎」さん
さっそく二階へ上がると、生ビール、もちろんサッポロ


b0244811_23095261.jpg



実は前夜に呑みすぎて二日酔いだった
そこへニッカ余市蒸留所で、鶴17年、余市10年
ロックで二杯をすきっ腹に飲んだ後
生ビールで、再び酔いも戻り、いいカンジ


b0244811_23104339.jpg



さぁメインだ

雲丹丼に、いくらのトッピング


b0244811_23113974.jpg



ため息の漏れる美しさ


b0244811_23204603.jpg



どうだ
まるで、宝石箱じゃないか

どこから箸を入れて良いものか悩んでしまう


b0244811_23120373.jpg




ビールのお代わり、外は雪
幸せな一口〃を、窓の外の雪景色を想いながら頂いた


b0244811_23134691.jpg




食事を終えて外へ出ると、一瞬の青空も
ゆっくりと暗くなり、また雪が落ちてきた


  雪の降る街を

  遠い国から落ちてくる
  この想い出を
  この想い出を
  いつの日か包まん


b0244811_23041604.jpg




短い警笛と共に、ゆっくりと動き出す列車
ふと気付くと、前の席には、あのお母さん

大きな風呂敷は無く、表情は和らいで、こちらへ笑顔
いいことあったのかな、雪の余市で


b0244811_23143973.jpg




シングルモルトのほろ酔いと
しんとした余市の雪景色

そんな余韻を乗せたまま、雪国列車は小樽へと、ひた走った



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



by slow-trek | 2018-02-16 00:01 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/28140774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite