荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

今日の旅ごはん 軍艦島と焼きめし

b0244811_20313178.jpg



博多出張は金曜日だった
となると、当然翌日は休みなので、例によって小さな旅だ

日程が決まった直後からネットで押さえたのは
いつか必ず行くと決めていた、長崎の軍艦島クルーズ

3週間前にも関わらず、クルーズ各社(3社)の午前便はほぼ満席

帰りが遅くなるが仕方ない、午後の便を確保し
博多から長崎までの特急かもめももネット予約する

あとは、その日を待つばかり

あの島影に近づける
運が良ければ上陸も出来る

あの軍艦島へ





b0244811_20352246.jpg



クルーズ乗船までの時間、市電に乗りオランダ坂を、ひとりふらり

お目当ての長崎ちゃんぽんの老舗は、開店前から(満席)表示

がっくり肩を落とすと、大浦天主堂へと坂道を歩く


b0244811_20351673.jpg



確か14歳の頃だ、一度この坂を歩いたことがある
あのときは、こんなに海が近いなんて気付かなかったな

思いの外小さな印象の中華街を散策する

秋の長崎は、街中が暖かな陽射しにつつまれていた

そんな風に長崎の街を楽しむと、いよいよ港へ


b0244811_20352810.jpg



200人満席のクルーズ船は、秋の陽射しの中、ゆっくりと出発

意外なほど、ちゃんとしたアナウンスで、船から望む景色が紹介される

三菱造船ジャイアント・カンチレバークレーン
小菅修船場跡(ソロバンドック)
三菱重工百万トンドック

長崎港に、こんなにも世界文化遺産があったとは


b0244811_20393049.jpg




今も稼動する巨大クレーンを眺めながら、次々に紹介される
産業革命を支えた重機たちに、世界の海を制した造船港の歴史を思う
 

伊王島大橋を潜り、外海へ出ると、今までののどかなクルーズから
荒波の航海へと様相が一変する


b0244811_20430840.jpg


その荒れる波の彼方、見えた

正式名は、端島、通称「軍艦島」だ


b0244811_20420197.jpg




高校生の頃大好きだった劇画(今では死語)雑誌で読んだ物語
学生運動のリーダーが仲間たちに裏切られ、逃走の果てにこの島へ流れ着く

身分を隠し、炭鉱夫となり、島の生活に紛れるが
最後は、彼を追いかけてきた女性にも裏切られ、元の仲間たちに総括され・・・

そのストーリーよりも、描かれていた島と、その生活
労働者たち、家族、流れ者、そんな情景が何故かずっと記憶に残っていた


b0244811_20434261.jpg



2000年以降、インターネットの普及もあって、様々な廃墟写真がブームとなり
この島についても、溢れるほどの情報が入手出来るようになった

そして2006年、ある写真集が発刊される

  『1972 青春軍艦島』

写真家である大橋弘氏が20代の頃、1972年から73年にかけての半年間
炭坑の下請け労働者として軍艦島で働いたときの1,000カットのネガ
それを32年ぶりに画像にし、公開したものだ


b0244811_20435093.jpg



世界一の人口密度、絶海の孤島、緑なき島

そんな厳しい環境と過酷な労働の中で生活する人々

そのワンカット毎の、生き生きとした表情は
まるで重厚な群像劇を鑑賞しているかのよう魅せられた

その写真集を手にした頃、まさかこの島へ近づけるなんて
それどころか、上陸出来るだなんて、想像すら付かなかった


b0244811_21160431.jpg
b0244811_21195092.jpg



ドルフィン桟橋から上陸し、第一見学広場から、第三見学広場まで
廃墟と化した建屋には近付けないよう、島の南端を小一時間ほど往復する


b0244811_21315545.jpg
b0244811_21183162.jpg



かつてこの島の住民だったガイドさんの話も上の空
 

透き通った秋空と、ただじっと佇む廃墟
その不思議な空間と時間は、現実離れし過ぎていて

言うなれば、憧れてたピークに、絶好のコンディションで立てたかのような
そんな大きな非現実感と、少しの充実感に浸りきっていた
 

b0244811_21203694.jpg


最後の第三見学広場、その目の前に建つのは事前に調べていた通り
日本初の鉄筋コンクリート住宅である、軍艦島三〇号棟だ


b0244811_21231322.jpg



   軍艦島三〇号棟一階。ここが私の部屋だった。


『1972 青春軍艦島』は、この一行から始まる

20代の青年が、憧れているカメラマンに自分はなれるのだろうか?
葛藤しながらも東京から原付バイクで長崎まで放浪し
そして流れ着いた、この炭鉱の島、このアパートで生きていた


b0244811_21245312.jpg


1972 青春
 
物言わぬ廃墟から、ふっと、あの群像の気配が蘇るのを待つが
澄んだ空の下、ただただ沈黙の時が流れていた


b0244811_21261775.jpg



長崎ちゃんぽんを食べ損ね、空腹のまま特急かもめで博多へ戻ると
これまた営業のB級グルメ部長から仕入れたネタである
福岡でいちばん美味い焼きめし、炒飯ではない、焼きめしを求めて街へ

小さな通りにある、どこにでもある街の中華料理屋さん
そこでは、ほとんどの客が、焼きめしをオーダーするとのこと


b0244811_21271384.jpg



さっそく、やきめしをお願いすると、すでに店のおやじさん
大なべをふるって、やきめしを作ってる、と言うか作り続けている
それほど人気なんだ、こりゃ期待できそうだな

やって来たヒトサラは、米粒ひとつひとつが輝いていて
色合いも美しい、理想の炒飯、いや、焼きめしだ

  あぁ、やられたな


b0244811_21281773.jpg



一口スプーンですくうと、思わずひとりごとが漏れた
それほど美味しいのだ、さすが、あの部長が福岡で一番って言うワケだ

一口々味わいながらも、島の空気のようなものに、まだ包まれてる気がする
きっとそれは、帰路の船で浴びた荒波の潮の香りのせいだろう

この美味しい焼きめしを食べさせてくれるお店は
この街で50年以上営んでいるそうだ


b0244811_21285771.jpg



東京から、関西から、軍艦島へ流れ着く者たち
その軍艦島から、逃げ出した者たち
そして軍艦島で昭和の青春を過ごした者たち

ここで、この美味い焼きめしを食べただろうか
その時は、どんな味わいだったろうか

そんなことを思いながら
小さな旅だけど、時を超えた余韻に浸った



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



by slow-trek | 2017-12-22 23:28 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/27888054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2017-12-23 15:27
1972年、私の青春時代と重なります。
何もなく、しかし何でもあったような気のする時代。
こんな人も人もいた…のがよくわかります。
しかし、福神漬けの赤が凄いですね(^^ゞ
Commented by slow-trek at 2017-12-24 19:32
palletさん

>何もなく、しかし何でもあったような気のする時代

なんとなく分かるような気がします
1972
浅間山荘事件のあった年なんですよね
ひとつの時代が終わり、新たな波がやって来る前
そんな感じでしょうか、いろんな意味で私の好きな時代です。
ちなみに炒飯には紅生姜派です^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite