荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

今日の旅ごはん 博多っ子純情屋台ラーメン

b0244811_23034655.jpg



福岡への出張は決まっていたが、何だか乗り気じゃなかった
その理由は、元部下であるA君と会うことだ

明るくて、バリバリ仕事をこなすA君は、公私共に人気者
その彼が、この夏から人が変わったように落ち込んでいる
その話には、いろんな尾ひれが付いて噂となっていた





b0244811_23190154.jpg



数年ぶりの福岡、支社へ着くと2本打ち合わせをこなし
気の乗らない宴会へと続く

一次会では静かだったA君、二次会のラウンジでは
お姉さん相手に急に荒れ始め、白けた空気のまま、会はお開き
そして、当然の流れのように、A君と二人で中州の屋台へ
足取りも怪しく、乱暴にカウンターへ着くと


 知ってますよね、オレ、婚約者に逃げられたの


b0244811_23061733.jpg


こうなると、独白させるだけだ、相槌だけ打って
ぽつり、ぽつりと1時間も独白すると、いきなり立ち上がり
こんなしけた屋台出ましょう!

ため息混じり、小雨降る中州の夜の街を歩き
小さなスナックで、ウイスキーをストレートで飲むと
A君らしくない古臭いカラオケを歌い始めた


b0244811_23072089.jpg




 いつか君行くといい 博多には夢がある
 できるなら夏がいい 祭りは山笠

 
 人ごみに身をまかす 黄昏た中州では
 誰でもが少しだけ 優しくなれるさ

 
 山笠は千代町流れ 哀しみも押し流す
 このぼくの故郷は 遠い町博多

 どこか遠い知らぬ町へ
 もしも行きたいと思う時は 行くといいよ


b0244811_23100296.jpg




大阪生まれのA君が、博多で出会って惚れた女に逃げられて
「博多っ子純情」を歌う姿は、憐れでしかない

 でも
 でも、オレまだ好きなんですよ

最後の〆に、別の屋台に座るとラーメン鉢を前に咽ぶA君
すると隣に座る、ベロベロに酔ったオヤジが怒鳴る


b0244811_23034655.jpg



  泣かんと麺食え、ここは博多、麺が伸びたら男の恥ばい

それに応じるように、ぐずぐずになって麺をすするA君
まるでコントのようなシーンは、なんだか滑稽に思えてきて
彼には申し訳ないが、笑いながら一緒に麺をすする


b0244811_23112845.jpg


恋に破れ、泣ける若さが羨ましく
そんな純情な男を包み込む雨も優しくて
博多の屋台のラーメンは心に染み入る味となった



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



by slow-trek | 2017-11-30 00:30 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/27791320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2017-11-30 09:00
博多は夫の初任地。
まだ地下鉄はなく市電が走っているころでした。
博多ラーメンも懐かしいです。
A君、またいい人に出会えますように。
Commented by slow-trek at 2017-12-01 00:30
palletさん
そうなんですか
palletさんにとって博多は想い出多き地なのですね
市電が走ってる頃は知りませんが
あの街に市電は似合う気がします
A君は大丈夫です、きっとすぐにでも^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite