荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ピークを踏まない山行 乗鞍岳下山

b0244811_18314452.jpg



■山行日:2017年09月30日(土)
■山:乗鞍岳(登ってないけれど)
■目的:紅葉と穂高連峰
■ルート:畳平(08:40)-魔王岳-肩ノ小屋口-位ヶ原山荘-乗鞍観光センター(14:30)


自分の過去の記録を見返すことは、ほとんど無い
何故ならば、そもそもブログは老後の楽しみとして始めたからだ

あの時こんな山歩いたな、あそこは大変だったな
なんてふり返るにはまだ早い

でも、ひょんなことから昔のホームページをチェックすることになり
過去ログを遡ってると、眼の覚めるような紅葉に手が止まった

それは2009年の乗鞍岳だった
大阪の山仲間(皆さん大先輩)と歩いた極彩色の森が懐かしく
もう一度訪れることにした






b0244811_18515739.jpg



深夜03時30分、乗鞍観光センター駐車場は8割ほど埋まっていた
3時間の仮眠後、始発のバスに乗ると、畳平まではぐっすり寝てしまう

バスから降り立った畳平は、その寒さに慌ててレストハウスに逃げ込む
なんだ、この寒さは!下界ではまだ残暑厳しい日が続いているのに

ダウンを着込み、グローブを着け、ビーニーを被ると
乗鞍への大行列とは正反対の方向へと歩く


b0244811_18520710.jpg



バスを降りて、たった10分、魔王岳の北に広がる大展望
なんてズルい山なんだ

穂高が目の前に迫って見える

その展望に吸い込まれていると、声をかけられる


 北アルプスが見えるって聞いたのですが
 どこが北アルプスなんでしょうか?

b0244811_17103979.jpg



どこが北アルプスかだって?

山ガールさん
今の目の前に見えてる山、全てが北アルプスだよ


しばし展望を楽しむと、サクっと下り、バス道路を肩ノ小屋口へと進む
そう、今日は登山じゃない、下山なのだ

b0244811_17104702.jpg



道路には「坂バカ」と呼ばれるバイクヤローたちが
カラフルなウェアに身を包み、この急坂を必死の形相で漕いでいる


b0244811_18395092.jpg



こらから下る森の色を眺めながら、頬が緩んでくるのを抑えられない

肩ノ小屋口から登山道へと降りると、ゴーロ帯を進む
 

b0244811_17193902.jpg


2009年は、ここまでくっきりと望めなかった穂高連峰
そして槍ヶ岳が、錦秋の森に浮かぶ姿に息を呑む


b0244811_17210914.jpg
b0244811_18314452.jpg



記憶よりも赤が少なく思えるが
この美しさはどうだ

やがて錦秋の森に、穂高が消えてゆくまで
何度も何度も立ち止まってはため息をついた


b0244811_17430229.jpg

 おかしいなぁ穂高が見えるて聞いてんけど
 ほんまやなぁ、騙されたんやろか 

b0244811_18412614.jpg


いやいや
ナニワの山ガールさん
あそこに、ちょこっと尖ってるのあるだろ?あれが穂高だよ
もう少しすると、左手に槍も近付いて来るよ

b0244811_17461272.jpg


 
と、敢えて彼女たちには教えてあげなかったのは
イジワルだったか?

でもさ、何も知らずに歩いてて、ふっと振り返ったとき
穂高連峰が目の前にあった方が感動大きいよ

数10分後に眼にする展望に、歓声をあげるシーンを想像し
ナニワ山ガールたちとすれ違った

 

b0244811_17590582.jpg



森を過ぎると再びトレイルは道路へと合流する
 

そうだ、このルートはバス道を縫うように歩くのだ

道路と森とを何度か繰り返すと、位ヶ原山荘だ
ここは記憶通り、素晴らしい紅葉だ

b0244811_18052991.jpg



バス停には同じようにここまで歩いたハイカーたちが列を成し
一番美味しいところを頂くと、さっさと帰ろうとしている
 

ここからの森も美しいのにな

その列をスルーして、再び森へと進む
 

b0244811_18053985.jpg
b0244811_18095580.jpg



紅葉の木漏れ日

いくつか流れ落ちる小さな沢


秋の森歩きには最高のルートは、ひとりっきり
最後まで贅沢な時間を、ゆったりと楽しむ

b0244811_18122682.jpg



広葉樹からカラマツ林へと植生が変わり、ゲレンデを下ると鈴蘭だ
そこからは15分も道路歩きをすれば、観光センターへ戻れる
 

ゆったり、まったり下って5時間
素晴らしい展望を堪能した

こんな山ってズルいな
 

b0244811_18142245.jpg
 
 
この紅葉の乗鞍下山、ぜひ山友たちへ勧めよう
いや、山友たちを案内してやろう
きっと喜んでくれるぞ

ふふっ

そう、ひとりほくそ笑みながら北アルプス紅葉(下山)は終わった



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


by slow-trek | 2017-10-15 18:53 | 北アルプス | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : https://slowtrek.exblog.jp/tb/27347458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukinobo at 2017-10-15 22:44
へ~(^-^)
こんなにきれいで、眺望も良いのね、
紅葉と穂高、わたしも歩こうっと。
Commented by slow-trek at 2017-10-17 07:12
yakoさん

このルート、力強くオススメいたします^^
途中の位ヶ原山荘でお茶したりも楽しそうです
なんと言っても楽ちん、下山ですもの~
Commented by GRI at 2017-10-17 11:50 x
ここ、2年前の同じ時期にギックリ腰のリハビリ登山で歩きました。
ゴーロ帯から開けた所に出た時の紅葉の美しさ、思わず息を飲んだのを覚えてます。
あの時は山頂にも行ったので、一番美味しいところだけ頂いて帰ってきましたが、
位ヶ原山荘からもいい感じですね~!
穂高も見れなかったし、これはまたリベンジ決定です (^_^)b
Commented by slow-trek at 2017-10-18 00:21
GRIさん
リハビリ登山でしたか^^;
それは、まさにピッタリなルートだったかと
でも、ちゃんとピーク踏まれてるのが素晴らしい!
ぜひ来シーズンは、晴れの日を狙って
中腹からの紅葉をお楽しみくださいね^^
Commented by wannpaku3 at 2017-10-18 20:47
ジオンです
この日は安部奥の1800mのガスの中にいました。
アルプスは雲の上だったんですね~。
ズルい!ですね
素晴らしい。
乗鞍下山、、((φ(..。) メモメモです。

Commented by pallet-sorairo at 2017-10-18 21:42
私も乗鞍は未踏なんです。
これいただきです。
来年行けるかしら。
Commented by 梨丸 at 2017-10-18 22:22 x
うわ~っ、まるで黄色い花が一面に咲いてるよう(^_^)
この時期の乗鞍ってこんなに綺麗なんだってこと知りませんでした(^^ゞ
普段はピークにばかり注目しがちですが、こんな山旅もエエですね~♡
素敵なレポをありがとうございました(#^.^#)
Commented by slow-trek at 2017-10-19 22:20
ジオンさん

そうなんです、割とすっきりした空だったのです
ズルいでしょ~
ぜひとも、このズルさ、お試しくださいね(^^)
Commented by slow-trek at 2017-10-19 22:23
palletさん

乗鞍って、いつでも気楽に行けそうだから
後回しにされて、歩いていないって人が
意外と多かったりします
来年、雲取メンバーで行きますか^^
Commented by slow-trek at 2017-10-19 22:26
梨丸さん
前に歩いた時は、もっと(赤)が多かったのですが
今年は目立ちませんでした、なので黄色が一面に
って見えますねー。この風景って、畳平らへの
バスからしか見えないのです、だからこその下山なのです
ぜひ、奥様と(^^)
Commented by akko-kornblume at 2017-10-23 14:07
是非、案内してください٩(๑❛︎ᴗ❛︎๑)۶
Commented by slow-trek at 2017-10-24 23:11
akko-kornblume さん

ふふふっ
来年の秋はここで決まりですね^^
Commented by キキ at 2017-10-30 22:02 x
久しぶりに拝ブログです!
素晴らしい乗鞍の黄葉でしたね。
そっかー。登山でなくて下山の手があったのかー。
(これなら今のワタシでも歩けそうだ♪)
来年ぜひワタシにも案内して下さい♪
Commented by slow-trek at 2017-10-30 23:45
キキさん

やはり乗って来ましたね^^
何といっても登りませんからー
力強くオススメ致します
ぜひ雲取メンバーで、賑やかに行きましょう(^^)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite