荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

タグ:百年食堂 ( 5 ) タグの人気記事

百年食堂 芦池更科

b0244811_119478.jpg


  なんやて?「他人丼」って何ですかやて?
  お前なぁ、そんなん知らんと大阪でサラリーマン出来へんぞ
  鶏肉と卵で親子やろ?牛肉と卵やったら、そら他人やろ
  そんなん常識やで、常識

1980年代後半だった
バブルの狂乱が始まった頃だろうか

当時は入社後二年間、本配属されず、3箇所ほど別業種業態の
クライアント先に預けられ、実地研修の名で鍛えられていた
 
その間、預けられたのは偶然にも2社続けて大阪は本町エリアだった
華やかな心斎橋から近くも、古臭い問屋街、その名も丼池(どぶいけ)筋
普段なら絶対歩くことの無い問屋街の飲食店に通うことになった
 

More
by slow-trek | 2017-06-24 21:09 | | Trackback | Comments(14)

百年食堂 秀来軒

b0244811_2321456.jpg


群馬県東部のある街には
手打ちラーメンを出す食堂がいくつもある

街の通りから一歩外れ、住宅街の真ん中で
ひっそりと、何十年も昔から営んでいる
地域の人たちにとっては社交場

そこでは昼間っから煮豆腐を相手に
焼酎の梅割りを一杯やってる人たちで賑わっている

More
by slow-trek | 2017-04-07 23:06 | | Trackback | Comments(10)

百年食堂 たけふ駅前中華そば

b0244811_2256434.jpg

 
福井県と言えば蕎麦

辛味大根のおろしを添えた「越前蕎麦」が名物だ

だが、実は他にも、隠れた名物として、ボルガライスもある
いや、「隠れた」なんて記したが、そのボルガライスは
様々なメディアでさんざん取り上げられて、今では隠れてもいない

でも、もう一つの名物は、未だにメジャーでは無い
それは、意外や意外、「中華そば」なのだ

特に、今では越前市に吸収された、かつての武生(たけふ)市では
その昔から、駅前に中華そばを提供する蕎麦屋が多く
地元では今も「たけふ駅前中華そば」と呼ばれ、愛されているそうだ
 
毎年、福井は越前に訪れる我が家としては
いつか、その「たけふ駅前中華そば」を食べたいと思っていた

More
by slow-trek | 2017-02-28 23:52 | | Trackback | Comments(2)

百年食堂 総本家更科

b0244811_2312162.jpg


大阪は新世界
そこは言わずと知れたディープタウン

あちこちの酒屋では朝から立ち飲みに人が連なり
昼間っから酔っ払いが路上でお休みになる
どこでも賭け事が横行し、ヤジや争いも日常の風景
ホームレスも労働者も公務員もボーダレス
通天閣の足元でワンカップを手にすれば皆平等

そんなイメージが濃過ぎる街

大まかにはそんなイメージ通りではある
だけど実はハイセンスな街でもある

かの通天閣はエッフェル塔を模したもので
街並みもエッフェル塔を中止としたパリの街路に見立てた放射道路
明治の頃にはニューヨークはコニーアイランドのものを模した遊園地まであった

More
by slow-trek | 2017-02-17 23:06 | | Trackback | Comments(4)

百年食堂 新梅田食道街しんきょう

b0244811_22542138.jpg


冬の大阪は寒い

折りしも冬将軍到来の底冷えの1月、ある土曜日の午後
ビル風に煽られ、逃げるように駆け込むのはJRガード下

老舗のバー、新顔のカレー屋、昔ながらの喫茶店に割烹店

電車が通過する度に、狭い通路にがたんごとん
大阪のごちゃごちゃした街を凝縮したかのような場所

そこは1950年から続く、新梅田食道街

食堂を敢えて「食道」と記すのは、ここがひとつの道だから

More
by slow-trek | 2017-01-31 23:38 | | Trackback | Comments(4)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite