荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

縦走者たちの季節 大峰奥駈道大普賢岳

b0244811_2152516.jpg


■山行日:2016年05月04日(水)
■山:大峰山系:大普賢岳
■目的:奥駈道の風を薫る
■ルート:和佐又(08:10)-大普賢岳(10:10)-水簾滝(13:00-13:30)-和佐又(15:30)
 
5月になると、どうしょうもなく歩きたくなる道がある
それは千三百年もの歴史を持つ「祈りの道」大峰奥駈道だ

毎年GWともなれば、この修験道の主たるルートである、奈良県は吉野から
和歌山県の熊野まで(あるいは逆ルート)、その約80数キロを
4~6日で走破するために、全国から縦走者たちが集う

そう、5月は縦走者たちの季節

このルート、どうしても歩きたくて歩きたくて
2010年年5月、最初で最後のチャンスとばかり、4泊5日で歩き通して以来
春の風薫る頃、どうしょうもなく歩きたくなる

いや、もう一度縦走出来るとは思ってもいない
そんな時間も、体力も、いや情熱すらも、今はもう無いだろう
ただ
あの道を通る風を薫り、あの道を歩き通す者たちの熱気を感じたい
それだけ、それだけでいのだ

さぁ、数年ぶりとなる大普賢岳から、少しだけ歩こう
大峰奥駈道を歩こう
 

More
by slow-trek | 2016-05-25 00:07 | 近畿[大峰山系] | Trackback | Comments(12)

凍て付く水芭蕉 小雪舞う尾瀬

b0244811_22575984.jpg


■山行日:2016年04月30日(土)-05月01日(日)
■山:尾瀬
■目的:早春の湿原
■ルート:鳩待峠(07:30)-見晴(12:00-12:20)-尾瀬沼ヒュッテ(15:00)
     尾瀬沼ヒュッテ(08:30)-大清水(11:00)

2016年のGWは久しぶりにゆっくりと休める予定だった、が・・・
いろいろ諸事情で、ロングトレイルを楽しむワケにはいかない
でも、二泊三日で残雪の北アルプスを歩ければ、それでもう充分さ

ってことで検討していたのは、上高地から蝶ヶ岳だった
29日から01日まで、残雪と、星空と、モルゲンロート
それだけを楽しみにしていた・・・
なのに、あの天気予報だ、あの予報で3,000mの稜線に突っ込む?
オレはそんな命知らずな山バカじゃない

なんて言いながら前夜ギリギリまで天気予報とにらめっこしながら
ようやく諦めたのは深夜だった
さ、変更だ、尾瀬を歩こう
昨年見た、一年に一週間しか現れない幻の湖、尾瀬ヶ原湖を歩こう

More
by slow-trek | 2016-05-20 00:19 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(6)

春の山旅ひとり旅 奥那須の森を行く

b0244811_22295856.jpg


■山行日:2016年04月30日(土)-5月01日(日)
■山:那須連山
■目的:奥那須の森
■ルート:沼ッ原湿原(10:20)-麦飯坂-三斗小屋宿跡(12:45)-三斗小屋温泉(14:10)
     三斗小屋温泉(08:05)-姥ヶ平分岐-沼ッ原湿原(11:00)

昨年の春、那須連山と三斗小屋温泉を楽しんだ春の山旅
残雪と露天風呂を堪能した山旅をもう一度歩きたくなった

今年はもう残雪は無い、とすれば違うルートはどうだろう
あの煙草屋(三斗小屋温泉)の露天風呂から眺め
その稜線の美しさに惚れた、流石山に近付くルートはどうだろうか

と、地図を手に検討した結果、沼ッ原湿原から麦飯坂を下り
三斗小屋宿跡から三斗小屋温泉へと周回するプランとした

このエリアは紅葉ハイクのメッカとして有名だが
新緑も美しいとのこと

さぁ奥那須の森を行こう

More
by slow-trek | 2016-05-11 23:05 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(4)

今日の山ごはん 山ごはん12か月

b0244811_2342155.jpg

 
素敵な本が出版された

 「 山ごはん12か月 一年通して使える75レシピ 」

どうだ、この表紙
この一枚の画像だけでノックアウト状態だ

コンテンツは、誰でも知ってる山メシストであり、実はスモーキストでもある
有名ブロガーげんさん、その巨匠によるメニューの数々がメイン
 

More
by slow-trek | 2016-05-08 23:44 | 山ごはん | Trackback | Comments(2)

春の稜線でまったり昼寝 小遠見山

b0244811_10412599.jpg


■山行日:2016年04月17日(土)
■山:五竜遠見(小遠見山まで)
■目的:後立山大展望(のはずだった)
■ルート:ゲレンデトップ(10:00)-小遠見(11:20-13:20)-ゴンドラ駅(15:00)

年度末、新年度はサラリーマンにとっては多忙を極める
毎日帰宅は遅く、数字と目標と組織に追われ
毎年のことだが、気がどうにかなってしまいそうな
そんな日々を送っている


自ずと、週末は山どころでは無く
疲れたカラダを休ませてやりたくなるのだ

が、しかし
それではココロが死んだままとなる

ダメダメ
行くぞ、行くんだ、キツくても夢のような展望を求めて



More
by slow-trek | 2016-05-02 11:22 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite