荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

春の山旅、ひとり旅 三斗小屋温泉(後)

b0244811_22564824.jpg

 
■山行日:2015年04月18日(土)-19日(日)
■山:那須三山
■目的:東北の山展望
■ルート:峰の茶屋(08:00)-三本槍(09:50)-熊見曽根(12:50)-三斗小屋温泉(14:00)
     三斗小屋温泉(07:50)-峠の茶屋(09:40)-茶臼岳(10:30)-ロープウェイ

その名の由来が気になる 「煙草屋」 へ入ると、何だか慌ただしい
遠慮がちに声をかけると、たった今ひと組のキャンセルが出たところだと
一泊を快く受け入れて頂いた

どうやらこの小屋、「煙草屋」 今日がまさに小屋開きとのこと
そりゃ小屋の中が慌ただしいはずだ

More
by slow-trek | 2015-05-28 00:09 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(6)

春の山旅、ひとり旅 三斗小屋温泉(前)

b0244811_11225991.jpg


■山行日:2015年04月18日(土)-19日(日)
■山:那須三山
■目的:東北の山展望
■ルート:峰の茶屋(08:00)-三本槍(09:50)-熊見曽根(12:50)-三斗小屋温泉(14:00)
     三斗小屋温泉(07:50)-峠の茶屋(09:40)-茶臼岳(10:30)-ロープウェイ

週末、山友からテン泊登山の誘いを受けていたが
金曜日は出張があり、どう考えても上州の住処に戻れない
楽しそうな企画を泣く泣く断念したが、出張先から
21時20分発のこだまに飛び乗ると、00時30分に帰ることが出来た

となると、ヘロヘロであっても、どこか行きたくなる
ふと思い出したのは、2年前春霞の三本槍から見た景色

そうだ、三本槍へ行こう

そんなノリで那須へ

More
by slow-trek | 2015-05-26 23:23 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(11)

雪雫 早春の尾瀬ヶ原(後)

b0244811_2352934.jpg


■山行日:2015年05月16日(土)-17日(日)
■山:尾瀬ヶ原
■目的:今しか観ることの出来ない尾瀬ヶ原湖
■ルート:鳩待峠(11:30)-山ノ鼻(12:40)-見晴(15:00)
     見晴(08:00)-ヨッピ吊橋-山ノ鼻(11:45-13:00)-鳩待峠(14:15)

地図を片手に、空を見上げ悩む

このまま引き返すと、昨日の老カメラマンの誘いどおり
昨日の湖と、水芭蕉の姿が一日でどう変わったのかが分かる

でも、それだけだよなぁ
 

More
by slow-trek | 2015-05-22 21:14 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(14)

雪雫 早春の尾瀬ヶ原(前)

b0244811_19535519.jpg


■山行日:2015年05月16日(土)-17日(日)
■山:尾瀬ヶ原
■目的:今しか観ることの出来ない尾瀬ヶ原湖
■ルート:鳩待峠(11:30)-山ノ鼻(12:40)-見晴(15:00)
     見晴(08:00)-ヨッピ吊橋-山ノ鼻(11:45-13:00)-鳩待峠(14:15)

山開き前、雪解けの尾瀬は一年で最も静かなる時が流れる
そこには湿原が雪解け水で埋まる「尾瀬ヶ原湖」が数日間だけ現れ
至仏山が幻の湖に浮かぶ姿は、尾瀬の自然が創り上げる・・・

そんな感じの文章と、湖に浮く至仏の画像を観たのは
薄暗い図書館の写真集コーナーだった、それ以来その姿が頭から離れず
いつか尾瀬ヶ原を包み込む朝靄に立ってみたい
その想いと重なり、雨予報の尾瀬へと発った

More
by slow-trek | 2015-05-21 00:51 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(6)

青空、残雪、剱岳 春の唐松岳 

b0244811_23241656.jpg
 
 
■山行日:2015年03月28日
■山:唐松岳
■目的:立山連峰大展望
■ルート:八方池山荘(08:40)-唐松岳(11:50)-ランチ-八方池山荘(15:30)

一回目は2013年03月だった
山荘からの細尾根を詰めながら、こりゃダメだと思った
白馬からの風に、前を行くボーダーたちがバタバタと倒れて行くのだ
そのシーンを前に潔く撤退

二回目は2014年03月
この日は第二ケルンまではどうにか行けた、しかしその先は
一年前と同じ、また強風が吹き荒れ始め、泣く泣く撤退

三回目は今年、2015年03月だ
ここぞ!って言うタイミングで行くぞ!そう決めて挑んだが
八方尾根はそよとも風は吹かず、その代り真っ白な世界
ガスに包まれて、スネながらの撤退

そんなこんなで、四度目の正直
これでピーク踏めなかったら、もう残雪季の唐松は止めだ!
そんな覚悟で挑んだ

More
by slow-trek | 2015-05-15 23:41 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)

春霞に浮く頂き 残雪の白根山

b0244811_20192550.jpg


■山行日:2015年04月12日(日)
■山:日光白根山
■目的:北関東最高峰360度大展望
■ルート:ゲレンデトップ(09:20)-奥白根(12:00-13:00)-ゲレンデトップ(15:00)

北関東最高峰である日光白根
一昨年5月、GW明けに開通したばかりの金精峠を越えて
菅沼から残雪踏み抜き地獄を味わいながら登った

あの時見渡した360度の展望
燧、会津駒、至仏の尾瀬エリアから日光連山はもちろん
居合わせた登山者に「あの遠くに見える真っ白なのが飯豊連峰だ」
そう教えて頂き、遥か峰々に想いを馳せた

自分のミスで画像データを消去してしまったあの日の展望をもう一度
そう願って丸沼高原へと

More
by slow-trek | 2015-05-12 23:19 | 関東甲信越[苗場・浅間域] | Trackback | Comments(8)

9月の穂高 徳沢、夏終わる

b0244811_18235755.jpg


■山行日:2014年09月06日(土)-8日(月)
■山:北穂高
■目的:ナツヤマ 
■ルート:BT(08:00)-涸沢小屋(14:30)
      涸沢小屋(08:00)-北穂高(12:30)
      北穂高(05:45)-BT(15:30)


混雑していない山小屋の夜は、ゆるりと流れ
夜明け前の行動準備の喧騒も無く、静かな朝を迎える
残念ながら鮮やかな夜明けとはならず

薄い雲の中を、静々と空は明けてゆく

More
by slow-trek | 2015-05-10 19:11 | 北アルプス | Trackback | Comments(6)

9月の穂高 北穂高小屋にて

b0244811_23403137.jpg

 
■山行日:2014年09月06日(土)-8日(月)
■山:北穂高
■目的:ナツヤマ
■ルート:BT(08:00)-涸沢小屋(14:30)
      涸沢小屋(08:00)-北穂高(12:30)
      北穂高(05:45)-BT(15:30)

いつかは、あの小屋で夕陽に染まる槍を観たい
そう思っていた北穂高小屋

そのシーンに立ち会った嬉しさは、他の登山者も同じようで
小屋の食堂では賑やかな夕餉の時を迎える

More
by slow-trek | 2015-05-07 20:04 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)

9月の穂高 北穂高岳へ

b0244811_2365860.jpg


■山行日:2014年09月06日(土)-8日(月)
■山:北穂高
■目的:ナツヤマ
■ルート:BT(08:00)-涸沢小屋(14:30)
      涸沢小屋(08:00)-北穂高(12:30)
      北穂高(05:45)-BT(15:30)

夜半に降り始めた雨は激しくて、明け方まで小屋の窓を叩いていた
悪天に沈鬱な下山者たちで、小屋の空気は重い

今日は北穂まで、小雨になるまで小屋でのんびりすればいい
ヒュッテのテラスで雨上がりを待ち、小屋を出たのは8時

濃いガスが重い腰を上げて空へと流れてゆく中を、ゆっくりと歩き出した

More
by slow-trek | 2015-05-05 20:22 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)

9月の穂高 涸沢、夏残る

b0244811_23253388.jpg


■山行日:2014年09月06日(土)-8日(月)
■山:北穂高
■目的:ナツヤマ
■ルート:BT(08:00)-涸沢小屋(14:30)
      涸沢小屋(08:00)-北穂高(12:30)
      北穂高(05:45)-BT(15:30)
  
どこでも良かった
人が多くても、賑やか過ぎても良かった
いや、そんなところに行きたかった

週末の度に訪れる雨雲を、恨めし気に見上げているうちに
過ぎ去って行った夏は、あきらめの夏

このまま秋になるのも少し寂しくて
眩い陽射し、暗く蒼い空に湧き上がる雲、缶ビールを開ける音、遠くの雷

そんな夏山の喧噪、その名残だけでも感じたかった
夏をあきらめきれなくて

9月の穂高へ
 

More
by slow-trek | 2015-05-04 08:40 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite