荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2013年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

クリスマスにはチャーハンを作って

b0244811_2202129.jpg

 
「お父ちゃんクリスマスは帰って来てや、チャーハン作って欲しいねん」

最後の忘年会を終えて帰宅すると、スマホにそんなメールがあった
チャーハン食べたいから?帰って来い?
なんだそれ
どれだけ贅沢なお願いなんだ?ん?
 

More
by slow-trek | 2013-12-23 23:28 | 断想 | Trackback | Comments(18)

晩秋の尾根を辿る 竜口尾根・又剱山

b0244811_23154944.jpg

 
■山行日:2013年11月24日(日)
■山:台高山系:又剱山からP1320
■目的:晩秋の尾根道を辿る
■ルート:登山口(08:55)-又剱山(09:30)-P1320(11:40-13:20)-登山口(15:55)

1か月ぶりに帰阪していた週末、頭の中でプランは出来上がっていた
この時期ならではの、凛とした冷たい風に吹かれるために、弥山から八経ヶ岳を歩くのだ
もちろん、東口から取り付いて、弥山が一番大きく正面に見えるスポットで
もうダメだ、これ以上立っていられない!って泣きそうになるくらい冷たい風に吹かれるのだ
そんなプランで頭は埋まっていた

さぁ、あとは久しぶりに山友たちに声をかけるだけだ
 

More
by slow-trek | 2013-12-19 00:09 | 近畿[台高山系] | Trackback | Comments(10)

今日の山ごはん お茶屋さんで焼鳥定食

b0244811_1921937.jpg


連日の忘年会ラッシュに疲労は限界
一日中寝たきりだと決めてた週末
なのに、土曜はどうしても気になる仕事をこなしてるうちに夜になり
日曜は寝るぞ、と張り切ってる日に限って何故か早起き
結局、朝から洗濯機2ランドやっつけて、掃除機かけて
お布団も、毛布も、枕も、ぜーんぶ干して

んじゃ、ちょっとだけ散歩に行きますか
ちょっとだけ

More
by slow-trek | 2013-12-16 22:02 | 山ごはん | Trackback | Comments(2)

そうだ 京都、行こう 貴船もみじ灯篭

b0244811_22324541.jpg


「なぁなぁお父ちゃん、せっかく大阪帰ってんから、どっか行こうやぁ」

ヨメよ、お前には「労わる」と言う気持ちは無いのか?ん?
単身赴任先の上州から600キロも飛ばして帰って来たんだぞ?
なんてグチは表に出さず
そしたら、京都でも行くか?貴船のライトアップが見ごろらしいぞ

「行こ行こ、そこ行こ!で?貴船て、美味しもん食べられるん?」

そこかよ
 

More
by slow-trek | 2013-12-12 00:02 | | Trackback | Comments(16)

今日の山ごはん 鍋焼きうどん

b0244811_21432159.jpg


本当はどこにも行かずにゴロゴロするつもりだった日曜日
朝早く目覚めてしまったのがイケなかった
寝ぼけマナコで思いついた山は
一番雪深い頃、そして冬晴れの日、そんなときに行こうと暖めていた山
 
アプローチは2時間
行程はもちろんピストン
そして、ゆっくり歩いても4時間
 
そんな山だ

ちょっと早いけれど行こか、鍋持って行こか
 

More
by slow-trek | 2013-12-09 22:35 | 山ごはん | Trackback | Comments(10)

秋うらら 奥日光戦場ヶ原

b0244811_23393686.jpg


■山行日:2013年11月16日(土)
■山:奥日光戦場ヶ原(山じゃないけど)
■目的:お弁当持って散歩
■ルート:赤沼茶屋(09:15)-小田代ヶ原-湯ノ湖分岐(11:00-11:50)-戦場ヶ原-赤沼茶屋(13:00)

前の週末に北アルプス最後の秋を独り占めした奥丸山
やはり下山後二日目から腰が重くなり、ちょっと不安を抱えたまま週末を迎える
今週は山は諦めよう、家で安静にしていよう、たまにはいいじゃないか
ジェフリー・ディーヴァーの新刊の続きも楽しみだし、ごろごろしながら読書だな

なんて山を諦めて引きこもり宣言を出したのに
天気予報は最高の行楽日和、だとか小春日和だとか言って私を惑わせるのである

ふむ
散歩くらいならいいか、いいよね?(って誰に同意を求めてるんだか)

ってなことで、大好きな駅弁を食べに奥日光に向かった

More
by slow-trek | 2013-12-07 00:15 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(4)

単身赴任男の食卓 カレーにゅうめん

b0244811_2255532.jpg


その昔、まだ私が20代後半の頃だ
大阪市内のある街に、すごく枯れたカンジの蕎麦屋があった
初めて自分が責任者として担当するクライアント先の近くのお店だ
お昼しか営業していなくて、近所のサラリーマンしか客は居なくて
10名くらいしかないキャパに、いつもオヤジたちがぎゅう詰めで
TVも雑誌も会話も無く、ただ無言でズルズルしてて・・・そんなお店だった

そのお店のカレー南蛮は、お店の枯れ具合には似つかわしくないスパイシーさだった
関西特有の、薄いながらもきちんと出汁の効いているベース
そこに加えるスパイシーなカレーの味、そのヒミツはこれだった 

More
by slow-trek | 2013-12-01 22:34 | 単身赴任百景 | Trackback | Comments(11)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite