荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:唱( 6 )

幸せな週末 山下達郎 Maniac Tour PERFORMANCE 2014

b0244811_16581340.jpg


今から30年ほど前、当時首相だった中曽根康弘が米国に対して
「日本列島を不沈空母にする」と言い放ちました
これには、私は凄くショックを受けて
それで、次の曲を作ったわけですが
あれから30年、今の状況はどうかと言いますと、もっと世界は混乱してて
今まさにガザ地区では、あのような悲惨な状況にあります
南アフリカも中東も依然として内戦は絶えず、その数さえ分からないほどです

ウクライナの問題にしてもメディアで報道される度に
『親ロシア派』という意味の分からない言葉
紋切型の言葉が繰り返されるだけで
誰もその『親ロシア派』の本質を説明してくれないから
いったい何が起こっているのか分からないのです

More
by slow-trek | 2014-08-06 22:37 | | Trackback | Comments(2)

帰れない二人

b0244811_22343593.jpg


思ったよりも夜露は冷たく
二人の声もふるえていました

「僕は君を」と言いかけた時
街の灯が消えました
もう星は 帰ろうとしてる
帰れない二人を残して

More
by slow-trek | 2014-01-29 00:47 | | Trackback | Comments(8)

十二月の旅人へ  追悼 大滝詠一

b0244811_22231728.jpg

 
あれは、まだ学生時代、ある夏の日曜日の午後のことだった
梅田の阪急グランドビル、確か楽器店のあるフロアを歩いていた時だったと記憶している
人だかりに誘われて付いて行くと、小さな会場でオーディオ機器の発表イベントが始まっていた
少し興奮ぎみの司会者の説明によると、会場中央の机に乗ってるいるのが
アナログレコードに代わる次世代のオーディオ機器、ディジタルCDプレイヤー・・・だった
この媒体によって音楽の記録は大きく変わると、力説しながら小さな円盤をセットする

「世界で最初にCD化された20枚のうち、日本からこの一枚が選ばれました」

そんな紹介だったかと記憶している、何故そんなことを記憶しているかと言うと
その時オーディオセットから流れた曲のインパクトが大き過ぎたのだ
ピアノに合わせてチューニングする様子、4カウント、そして大音量で流れるイントロ
 

More
by slow-trek | 2014-01-20 23:20 | | Trackback | Comments(8)

君に会ったら何を話そう

b0244811_03409.jpg


夜が少し 長くなるから
秋は君の事 想うときが増える

深く息を吸って バス停から見上げる空
君に会ったら何を話そう

過ぎる季節 少しだけ ねぇここにいて
君にあったら何を話そう
 

More
by slow-trek | 2012-11-29 00:51 | | Trackback | Comments(2)

雨に濡れながら 僕等は大人になって行く



波打つ夕立のプール しぶきを上げて
一番素敵な季節が もうすぐ終わる
「時が止まればいい」
僕の肩で つぶやく君見てた
さよなら夏の日 いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら 僕等は大人になって行くよ

瞳に君を焼き付けた 尽きせぬ想い
明日になればもうここには 僕等はいない
映る全てのもの 急ぎ足で変わって行くけれど
君を愛してる 世界中の誰よりも
言葉じゃ言えない もどかしさ伝えたいよ 今も

ごらん 最後の虹が出たよ
空を裸足のまま駆けて行く

どうぞ変わらないで どんな未来
訪れたとしても
さよなら夏の日 いつまでも忘れないよ
雨に濡れながら 僕等は大人になって行くよ
さよなら夏の日 僕等は大人になって行くよ

More
by slow-trek | 2012-09-09 22:14 | | Trackback | Comments(0)

500マイルも離れて



再生できない地域はこちら eyevio

More
by slow-trek | 2012-08-05 23:12 | | Trackback | Comments(9)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite