荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:北アルプス( 49 )

不帰ノ嶮 白馬大雪渓から唐松岳(前)

b0244811_22253329.jpg


■山行日:2016年08月12日(金)-13日(土)
■山:白馬鑓ヶ岳:天狗岳:唐松岳
■目的:キレット超え
■ルート:猿倉(06:30)-頂上宿舎(12:00-12:40)-杓子岳-白馬鑓-天狗山荘(15:45)
      天狗山荘(06:00)-唐松岳(10:20-10:50)-八方池山荘(12:10)

三大キレット

云わずと知れた穂高連峰の大キレット
そして後立山連峰の、八峰キレット、不帰キレット

このラインナップ、唯一大キレットだけは歩いた
それは別に「キレット」と云う難所を攻めるのが目的では無く
槍ヶ岳を登るには、北穂高から縦走の到着点としたい、そんな想いがあったのだ

でも、今回は少し違う
久しぶりに岩稜を歩いてみたくなったのだ

6年前の、あの夏
槍ヶ岳目指して、大キレットをひとり歩いたあの日
全身で感じた熱さ、高揚感、岩肌の冷たさ、岩稜を流れる風
そんなものをもう一度感じてみたくなったのだ

そして選んだ二つ目のキレット
それは不帰ノ嶮(かえらずのけん)

さぁ、もう一度キレットを歩こう
もう一度、あの夏の日を歩こう

More
by slow-trek | 2016-09-06 22:42 | 北アルプス | Trackback | Comments(10)

冬が来る前に 11月の蝶ヶ岳(後)

b0244811_155027.jpg


■山行日:2015年10月31日(日)-11月02日(火)
■山:蝶ヶ岳
■目的:穂高雪景色
■ルート:横尾(07:30)-蝶槍(12:00-13:00)-蝶ヶ岳(13:20)
     蝶ヶ岳(07:30)-徳沢(10:20)-上高地(12:20)


乗っかった稜線からは、南方に富士山のシルエット
西側には安曇野の田畑や家並みの、のどかな風景

そして、振り返ると穂高連峰
その素晴らしい展望の中、風は冷たく、ただひたすらに寂しい稜線

あの時、曇天の雨の中歩いた稜線からは、こんなにも素晴らしい景色があったのだ

More
by slow-trek | 2016-07-23 06:46 | 北アルプス | Trackback | Comments(6)

冬が来る前に 11月の蝶ヶ岳(前)

b0244811_0223245.jpg


■山行日:2015年10月31日(日)-11月02日(火)
■山:蝶ヶ岳
■目的:穂高雪景色
■ルート:横尾(07:30)-蝶槍(12:00-13:00)-蝶ヶ岳(13:20)
      蝶ヶ岳(07:30)-徳沢(10:20)-上高地(12:20)

上期の〆だの下期の計画値見直しだの、サラリーマンにとって
期末ってやつは最悪で、週末の登山なんてしばらく行ける状況じゃなかった

そんな仕事漬けなオレに山の神さまからプレゼント

前倒し前倒しで頑張ったかいもあって、期末に係る仕事は予定より早く完了
休めるのだ、それも三日間もだ、さぁどうする?

と、例によっていつも無計画、突然な山に悩むが、ふと閃いた
2011年秋、雨とガスで何の展望も無かったピーク
蝶ヶ岳に行こう、あそこなら、仮に降雪となってもどうにかなるさ

晩秋の北アルプスの空気、小屋閉め前の寂しさを求め
慌しい2015北アルプス納めとなった

More
by slow-trek | 2016-07-21 23:10 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)

春の稜線でまったり昼寝 小遠見山

b0244811_10412599.jpg


■山行日:2016年04月17日(土)
■山:五竜遠見(小遠見山まで)
■目的:後立山大展望(のはずだった)
■ルート:ゲレンデトップ(10:00)-小遠見(11:20-13:20)-ゴンドラ駅(15:00)

年度末、新年度はサラリーマンにとっては多忙を極める
毎日帰宅は遅く、数字と目標と組織に追われ
毎年のことだが、気がどうにかなってしまいそうな
そんな日々を送っている


自ずと、週末は山どころでは無く
疲れたカラダを休ませてやりたくなるのだ

が、しかし
それではココロが死んだままとなる

ダメダメ
行くぞ、行くんだ、キツくても夢のような展望を求めて



More
by slow-trek | 2016-05-02 11:22 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)

穂高展望の里山 福地山

b0244811_2045668.jpg

 
■山行日:2016年03月21日(土)
■山:福地山(ふくじやま)
■目的:残雪の穂高を望む
■ルート:登山口(08:20)-谷川コース-山頂(11:00-13:40)-尾根コース-(15:20)
 
雪のシーズンに行こうと狙っていた山がある
その山は、里山と言っていいほどの低山
でも、トレイルから、そして山頂から、素晴らしい展望がある山だ

その山は福地山(ふくじやま)

そして、展望は穂高連峰と焼岳、乗鞍に笠ヶ岳と言うラインナップ

狙っていた真冬からは少し遅くなったけれど
やっと、穂高エリアの天候が荒れていない週末となった

さて、どんな展望が待ち受けているのだろうか

More
by slow-trek | 2016-04-19 23:34 | 北アルプス | Trackback | Comments(7)

10月の黒部 小雪の太郎平

b0244811_2320068.jpg


■山行日:2015年10月10日(土)-12日(月)
■山:雲ノ平(って、ここは山じゃないぞ
■目的:冠雪の薬師岳を望む
■ルート:折立(05:45)-太郎平(09:00)-雲ノ平山荘(15:20)
     雲ノ平山荘(09:30)-太郎平(15:00)
     太郎平(08:00)-折立(11:00)


富山方向は街の灯り
水晶の方向は今日も残照で明るい

それでも星空は美しく
誰かが言ってたっけ、この太郎兵衛平から見上げる星空は
ヘタなピークからよりもよりも美しいと
 

More
by slow-trek | 2015-11-15 10:54 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)

10月の黒部 太郎平小屋にて

b0244811_22454766.jpg


■山行日:2015年10月10日(土)-12日(月)
■山:雲ノ平(って、ここは山じゃないぞ)
■目的:冠雪の薬師岳を望む
■ルート:折立(05:45)-太郎平(09:00)-雲ノ平山荘(15:20)
     雲ノ平山荘(09:30)-太郎平(15:00)
     太郎平(08:00)-折立(11:00)

深夜3時頃、小屋の壁を叩き付ける雨風の音で目覚める
小屋全体を揺らすほどの力強い風
雨は、その粒音からも勢いが分かる

昨日、追い抜いていったテン泊装備のソロ男子君は
テン場でどんなことになっているだろう?
最悪の状況でも、あのテン場には立派なトイレがある
あそこへ逃げ込めばどうにかなるだろう
なんてことを思い浮かべながら、嵐の中でうとうと
 

More
by slow-trek | 2015-11-14 19:59 | 北アルプス | Trackback | Comments(10)

10月の黒部 雲ノ平山荘にて

b0244811_19151840.jpg


■山行日:2015年10月10日(土)-12日(月)
■山:雲ノ平(って、ここは山じゃないぞ)
■目的:冠雪の薬師岳を望む
■ルート:折立(05:45)-太郎平(09:00)-雲ノ平山荘(15:20)
     雲ノ平山荘(09:30)-太郎平(15:00)
     太郎平(08:00)-折立(11:00)

三度目となる雲ノ平山荘での宿泊

宿泊者は数人しか居ないだろう
その想像は軽く裏切られ、20人ほどの宿泊者がいただろうか

今回は、一泊の予定
食事は適当に酒のつまみを用意して、自炊エリアを独り占め
 
いいカンジでほろ酔いになった頃
小屋番のお兄さんが、スライドショーがあるから
良かったら食堂に来ませんか、と誘われる
 

More
by slow-trek | 2015-11-13 07:59 | 北アルプス | Trackback | Comments(6)

10月の黒部 冬枯れの雲ノ平

b0244811_23575133.jpg


■山行日:2015年10月10日(土)-12日(月)
■山:雲ノ平(って、ここは山じゃないぞ)
■目的:冠雪の薬師岳を望む
■ルート:折立(05:45)-太郎平(09:00)-雲ノ平山荘(15:20)
     雲ノ平山荘(09:30)-太郎平(15:00)
     太郎平(08:00)-折立(11:00)
 
毎年必ず歩くことにしているエリアがある
黒部源流だ
今年は歩けないままシーズンが終わるかと、覚悟していたが
どうにか仕事のやりくりが出来た週末

ヤマテンをチェックすると3000m稜線上は雪、そして大荒れ
もう雪の季節なんだ・・・
じゃ小屋閉め前の雲ノ平、冬枯れの台地から薄っすら白くなった
そんな薬師岳を観に行こう

雪に閉ざされる前の黒部を歩こう

More
by slow-trek | 2015-11-12 23:55 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)

青空、残雪、剱岳 春の唐松岳 

b0244811_23241656.jpg
 
 
■山行日:2015年03月28日
■山:唐松岳
■目的:立山連峰大展望
■ルート:八方池山荘(08:40)-唐松岳(11:50)-ランチ-八方池山荘(15:30)

一回目は2013年03月だった
山荘からの細尾根を詰めながら、こりゃダメだと思った
白馬からの風に、前を行くボーダーたちがバタバタと倒れて行くのだ
そのシーンを前に潔く撤退

二回目は2014年03月
この日は第二ケルンまではどうにか行けた、しかしその先は
一年前と同じ、また強風が吹き荒れ始め、泣く泣く撤退

三回目は今年、2015年03月だ
ここぞ!って言うタイミングで行くぞ!そう決めて挑んだが
八方尾根はそよとも風は吹かず、その代り真っ白な世界
ガスに包まれて、スネながらの撤退

そんなこんなで、四度目の正直
これでピーク踏めなかったら、もう残雪季の唐松は止めだ!
そんな覚悟で挑んだ

More
by slow-trek | 2015-05-15 23:41 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite