荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

穂高・涸沢 Movie&Talk Session 2017'

b0244811_21291130.jpg

 
穂高涸沢Movie&Talk Session
 
それは2012年から続けられているイベントだ
内容は、北アルプスの(山の)美しさと、厳しさを広く知って欲しい
との目的で、奥穂高山荘、涸沢ヒュッテが中心となって行なっている
映像とトークが中心のものだ

2014年に始めて知り、その年の「小屋番 涸沢ヒュッテの四季」
その予告動画に、これは行かねば!と思ったが行けなくて
やっと2017年の会に参加できる事となった
 



b0244811_21303230.jpg


私の関心は言うまでもない、常に山に活きる者の視点で、今の穂高
現在の山岳事情、山岳事故に対する詳細な原因分析と指摘
そして何よりも美しい画像と、文章に心酔しているブログ
「ぼちぼちいこか」のブロガーであり映像作家であり、小屋番である
宮田八郎さんの生の声だった

一ツ橋ホールの800席はほぼ満員、第一部ではそこへ宮田八郎さん
ハチプロダクションの最新映像 「星々の記憶」 が流れる

b0244811_21311332.jpg


この映像には宮田さんの想いが注ぎ込まれているのは
ご本人のブログに切々と記されている

  本当なら昨年の夏に完成させようとしていたが
  製作中に起きた、相次いだ仲間の山での死に
  一歩先へ踏み出すことが出来なかった
  その哀しみもやがて少しずつ違った想いへと変わっていった
  この作品を、山へ逝ったかけがえのない友人たちに捧げます

この文章も読んだ上での映像鑑賞となり
哀しくも美しい穂高の星たち、その煌く音すら聴こえそうな映像美に酔った

b0244811_2132631.jpg


第二部はトークショー、司会は山岳ライター小林千穂さんの進行で
涸沢ヒュッテのオーナーである山口孝さん、穂高山荘三代目の今田恵さん
そして宮田八郎さんによる楽しいトークで会場は盛り上がる

実際の映像を元に救助活動の現場の状況説明をするパートでは
残雪の穂高、露岩の急斜面、奇跡的に滑落停止するも頭部から出血する者
無線機でヘリを誘導する宮田さん、ガスで煙る中「今やったら行ける!」
宮田さんの声で、尾根にぎりぎりの近さに留まるヘリ、懸垂下降する隊員
そのシーンの圧倒的なリアルさに、先ほどまで笑っていた会場も静まり返る

毎年20名以上が命を落とす穂高山脈は、富山と岐阜二県に跨るため
死亡者総計は不明だが、間違いなく「魔の山」谷川岳よりも多いとの事だ

b0244811_21325272.jpg


救助活動では宮田さんの師匠である涸沢ヒュッテ山口さんは、子供さんが出来て
初めてとなる救助現場(深夜3時の真っ暗な滝谷!)で、これまで無かった
恐怖心に襲われて、完全に自信を失い、自ら救助活動から離れたお話し

穂高山荘三代目の女性オーナーであり、今では育児のため山を降りている
今田恵さんが、この会場のロビーで、高齢のお客さんからサインを求められ
出された古い手拭に、なんと祖父である重太郎さんのサインがあって
感動のあまり泣いてしまったお話し

記憶に残るエピソードが盛りだくさんとなった

b0244811_2136127.jpg


そして個人的には一番聴きたかった宮田さんの最後のお話し

  そんな危険なことしてたら事故を起こすぞ、って
  注意したヒトが聴く耳を持たず事故したら、救助に行かないかって?
  そう質問されることもあるけど、そんな事はありません
  どんなヒトだろうと山で事故が起こったら助けに行きます、必ずです
  全身全霊をかけてでも助けに行きます

  だからと言って助かるかどうか、それは分かりません
  それは、山しか知らない、山しか分からないのです
  だから、声を聴くのです、山の声を聴くのです
  皆さんも、山へ入るときは山の声を真摯に聴いて下さい
  きっと「それは危ないよ」、「今日は入山しない方がいいよ」って
  山は話しかけているはずです、だから山の声を聴いてください


山の素晴らしさ、厳しさを広めたい、穂高に活きる皆さんの思いは
東京のど真ん中、神保町の古ぼけたビルの小さなホールに
心地好い穂高の風のように流れていた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2017-06-14 00:06 | 断想 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26923939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyu2 at 2017-06-15 07:10 x
私も2014年に行きました、やっぱりハチローさんが好きで(笑)生の声を聞きたくて・
私も感銘を受けました。その時も遭難救助の話をされてて、
「山は自分の都合ではなく、山の都合、山の声を聞いて登って下さい」
と仰ってました。その日から、絶対に忘れることのない言葉として刻まれました。

良い時間過ごせましたね^ ^
Commented by slow-trek at 2017-06-16 20:49
cyu2さん
あっらー、ちゅちゅさん2014年に行かれてたの!
やはり、山好きな方は皆さん同じアンテナ
持ってますよね^^
ハチローさん、いいキャラしてますよね
ますますファンになりました^^
山の声聴くようにしたいものです。
Commented by GRI at 2017-06-18 14:52 x
んん~!、素晴らしいイベントですね。
こんなイベントに参加できたら、きっとお山に対する考え方も変わるかも・・・。
あ、私は小林千穂さんのファンなので、そういう意味でも行ってみたいです (^。^)
Commented by slow-trek at 2017-06-19 22:49
GRIさん

本当に素晴らしいイベントでした
考え方が変わった、とまで言うとウソっぽいのですが
山に活きる人たちの使命感と、山への愛は、ひしひしと
伝わり、それには心から感銘を受けました

>あ、私は小林千穂さんのファンなので

はひ?そこでしたか^^;
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite