荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

星降る雪原 五月の尾瀬(前)

b0244811_205640.jpg


■山行日:2017年04月29日-5月01日
■山:尾瀬ヶ原:燧ヶ岳
■目的:遥かな尾瀬
■ルート:鳩待峠(09:00)-見晴(12:40)
     見晴(07:30)-燧ヶ岳(12:00)-見晴(14:30)
     見晴(07:30)-尾瀬沼(10:00)-大清水(14:30)
 

そもそもGWの山行は、東北エリアを狙っていた
しかし、信用している天気予報では、前半の東北は良くない
じゃ北アルプスか?と調べるも、山行予定初日の予報では
寒気が降りてきて、稜線では風雪が厳しいとのこと

さて、じゃどうする?なんて悩むふりをしながらも
東北をあきらめた時点で、なんとなく行き先は決まっていた

やはり静かな山がいいな
尾瀬に行こう

今年こそ、雪の至仏と燧ヶ岳を踏もう



b0244811_1836939.jpg

b0244811_18102657.jpg


■至仏山を断念

鳩待峠でタクシーから降りて驚いた。雪の壁が立ちはだかっているのだ
その大きさにあきれ果て、ぽかんと口を開けてしばし見とれたほどだ

ネイチャーガイド資格を持つタクシードライバーによると、天気予報通り
午後前から稜線は荒れるので、至仏はなるべく避けたほうが良いとのこと
そのアドバイスに従い、登山口から下り始めると、そこにはトレールが
完全に雪で埋まった、初めて見る光景が続く

山ノ鼻でも、ビジターセンターは、ほぼ埋まった状態、通常は階段を登って
エントリーするトイレも、雪のステップを下って入るほどだ

b0244811_18105995.jpg


■雪原を行く

山ノ鼻から歩き始める、曇天のはずだった空は、何故か福島側から青空も覗く
これは、もしかすると、慎重になり過ぎただろうか?至仏ならサクっと登って
雪の上をドカドカ下れたのではないだろうか?なんて今更どうしようも無い

木道どころか、湿原がどこなのかも分からないほど、ただただ白く広がる原
ときおり、至仏を振り返りながら、トレースを頼りに、燧ヶ岳麓を目指す

b0244811_1813333.jpg
b0244811_18135877.jpg
b0244811_18144074.jpg


■ヤマテンの精度

ただ真っ白な雪原は、見晴十字路どころか、竜宮すら遥か遠くに感じる
風景に変化がなく、色彩すら変わらないシーンは、なかなか辛い

あぁやはり至仏歩きたかったな、なんて独り言を二度ほどこぼした頃
先ほどまで青かった空が、北から一瞬で黒くなって行く、それはまるで
タイムプラス動画の映像のようで、しばし見とれてしまう。時間は11時50分
ヤマテンで猪熊さんが予報した「正午から荒れる」を思い出し
慌ててレインスーツに着替えると、大粒の雹がザックカバーを叩き始めた

まるで何かに怒ったかのような空は、雹と大粒の雨とを交互に落としながら
どんどん黒くなって行く、その黒雲に向かうように、見晴十字路へと早足で進む
ようやく弥四郎小屋へ着き、テラスでザックを降ろすと、空はまた青くなる

b0244811_18163061.jpg
b0244811_18165819.jpg
b0244811_18175738.jpg


■暮れなずむ雪原

弥四郎小屋では皆さん小屋空けの準備に追われ、なんだか落ち着かないので
桧枝岐小屋の喫茶ひげくまで生ビールを頂く。黒くなったり青くなったり
思い出したかのように雹を落としたりを繰り返す尾瀬の空を眺めながら
やはり至仏には登らなくて良かったなと、安堵しながらほろ酔い

b0244811_18204052.jpg


弥四郎小屋で受付を済ませ、風呂を浴びると、もう外はゆっくりと暮れなずむ
三度目となる、残雪の尾瀬ヶ原、さっきまで白一色だった原が、ゆっくりと
グラデーションに染まって行くシーンを眺めながら、美味しいご飯と缶ビール

食後はポケットウィスキーを片手に、小屋の前で夕景を楽しむ
ゆっくりと酔うに任せ、今夜の星空に思いを馳せる

b0244811_1822502.jpg


■星降る雪原

24時に起き出すと、カメラを持って小屋を出る。それほど寒さを感じない
弥四郎小屋は残念なことに、本館の電気が煌々と着いたまま、カメラに
光源が大きく入り込み、燧ヶ岳の方向が上手く収まらない。

b0244811_1959353.jpg
b0244811_200141.jpg


まぁいいさ
肉眼ではまさに満天の星たちと、至仏方向に、いくつも落ちてゆく光線
こと座流星郡は先週がピークだったはず、今夜の流星はなんだろう

b0244811_18274352.jpg


遥かな尾瀬 遠い空

誰も居ない雪原、星たちが煌く音すら聞こえてきそうな静寂に包まれて
まるで世界の果てにひとりきり、そんな感覚に浸るまで立っていた。


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2017-06-11 20:17 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26919223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite