荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ズルい山 浅間隠山

b0244811_22131812.jpg


■山行日:2017年01月29日(日)
■山:浅間隠山
■目的:ちょっと雪山
■ルート:二度上峠(09:00)-山頂(10:45-12:30)-二度上峠(13:30)

金曜から土曜にかけて遠距離出張だった

片道新幹線で4時間
腰痛は鈍く広がり
こりゃ日曜日はサクっとハイクしか出来ないな
と、ズルい山を頭の中で思い浮かべた

ズルい山

それは、例えば湯の丸山、例えば入笠山
そう、登山口から2時間もあれば山頂まで届いて
それでいて素晴らしい大展望が広がる
そんな山を「ズルい山」と、そう勝手に定義しているのだ
 
そして今回は、新幹線の車窓から富士山を眺めながら
ふっと思いついた山

浅間隠山(あさまかくしやま)だ
さぁて、どんなふうにズルいのだろうか





b0244811_22143142.jpg

 
スキー、スノボ板を積んだ4WD車の群れを縫うように
関越自動車道を北へと急ぐ
高崎で降りるとR406、ワインデイングロードを詰め
二度上(にどあげ)峠へ

b0244811_22154568.jpg

 
峠の手前に数台の駐車スペース
登山口は、そこから少し下ったカーブから

b0244811_22174794.jpg


がっつりと踏み固められたトレイル

これは何だろう
スノーシューで団体さんが踏んだ跡のように
雪面が凹っとなって大変歩きやすい

b0244811_22185670.jpg


杉の樹林を縫うように、ゆるやかな斜面を詰めて行くと
西方向、背中に浅間のシルエットが浮かび始める

きちんと整備されたトレイル、小刻みな指標
この山は、きっと地元の人たちに愛されているのだろう

b0244811_22192356.jpg


北軽井沢分岐を過ぎると、徐々に登りとなり
やっと登山らしくなるが、すぐに南方の視界が広がり始め
稜線のシルエットが、薄っすらと浮かぶ

b0244811_22214240.jpg
b0244811_22221016.jpg


ピークに向かって最後のひと登りを踏むと
もうそこは足元に北軽井沢の高原が広がり
目の前には浅間

やぁこんにちは浅間山

b0244811_2224231.jpg


富士山、八ヶ岳
振り返ると、日光白根、男体山
うっすらと燧ケ岳の稜線もシルエットで分かる

b0244811_22254598.jpg
b0244811_22265536.jpg


ふふふ

ズルいよ
やっぱりここズルい山だよ
登山口から90分ほどしか歩いていないのにさ

北方の樹林の間を縫って北アルプスの展望を求めるが
そこにはトレースも無く、ずぶずぶ沈みこむだけ
ふぅ仕方ない、あきらめよう

b0244811_22284046.jpg


と、まったりしてる間に天気予報どおり北から雲が流れる
浅間を正面に座り込んで、ランチの用意をしていると
少し下ったところから北アルプスが見えそうで
膝上まで埋まりながら下ると、かろうじて稜線が見えた

b0244811_22294068.jpg
b0244811_22301920.jpg


あぁ、もう少し早く気付けば良かったな
もう雲が流れて見えなくなったよ
なんて、うどんをすすりながら浅間にこぼした

b0244811_22315916.jpg
b0244811_22312497.jpg


中之条、吾妻方面からみると、浅間山を隠してしまう山
浅間隠山
ほんとズルいよ、この山

b0244811_22342113.jpg


でも、いい山だったよ

b0244811_22131812.jpg


こうやってズルい山をいっぱい覚えておくと
その内、足腰が弱ったりしても、いつまでも山を楽しめそうだな
なんて、ほくそ笑みながらズルい山を降るのであった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2017-02-09 23:01 | 関東甲信越[苗場・浅間域] | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26621071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite