荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

空と海をつなぐ台地 大台ヶ原マブシ嶺

b0244811_23224750.jpg


■山行日:2016年10月30日(日)
■山:大台ヶ原:マブシ嶺(コブシ嶺)
■目的:紅葉と夕景
■ルート:駐車場(08:40)-尾鷲辻(09:10)-堂倉山(10:00)-コブシ嶺(12:20-14:00)
     正木峠(16:20-17:00)-駐車場(17:40)

久々の関西逆出張の週末

テントを担いで、明神平エリアを周回するか
もしくは、狼平の避難小屋泊で、明星、八経ヶ岳エリア周回するか
いろんな妄想を抱いていたが、ヤボ用で土曜は動けなくなった

さて、日帰りなら山友を誘って、どこかふらりと軽ハイクだ
久しぶりに大台ヶ原の南奥、あのコブシ嶺のシブい紅葉の森を歩こう

そんな思い付きに、いつも付き合って頂くルネさん
二年ぶりのコトさんご夫妻も加わって、大台の秋の一日を満喫した




b0244811_2250186.jpg


少し遅いかな、と思いつつ、6時半に川上道の駅集合
案の定、大台ヶ原駐車場は満車どころか、川上辻までUターンして
やっと警備員の指定場所に路上駐車、甘く見ていたよ紅葉の大台

誰も歩かない中道を、尾鷲辻まで歩くと、見たことのない案内板
今や古道である尾鷲道は、2015年に開通100周年記念として再整備されたそうだ

b0244811_22515289.jpg


九十九折れを幾度か繰り返し、緩やかに南へと下る古道

秋の朝の凛とした空気に、青空と紅葉が映え
今日は素敵な一日となりそうな予感

b0244811_22523974.jpg


ふと前方を見ると、これまで何度も歩いた筈なのに
こんなところから、海が見えることに気付く
今更ながら、素晴らしいトレイルじゃないか

b0244811_22532989.jpg


かさこそ
かさこそ

数年ぶりに踏む、大台の枯葉の絨毯
いつもの山仲間
でも久しぶりな山仲間たちの後姿
そして大台の枯葉を踏む音

b0244811_22551458.jpg


そんなひとつ、ひとつが、なんとも懐かしく
これまで幾たびも過ごした時がふつふつと蘇っては消えてゆく

b0244811_22562636.jpg


そう言えば、堂倉山に行ったことが無い、と立ち止まる皆さん
展望も何も無いですよ、と念を押し、踏み跡を探しながら進む

薄暗く何も無いピークを踏んで、元のルートへ戻ると
ずんずんと下り、高度を下げて行く

西方向、葉を落とした森の向こうに大峰が浮く
その姿に、全員で歓声を上げる

b0244811_22574175.jpg


ここから見えることは分かっているし
もう何度も見ている、いや今朝もドライブウェイから
朝陽に輝く姿を観ている

それでも、我々にとって、この大峰山系の連なる姿は特別だ
しばし、その見慣れた特別な姿に立ち止る

b0244811_22585929.jpg


尾根が広くなった白サコには、これでもか、とばかりに赤、ピンクのテープ
確かにここでは西へ迷い込む事例がネットでも散見されるが
ここまでテープだらけなのは違和感を覚えてしまう

b0244811_2303435.jpg


この白サコからのトラバース道を、尾根に直登する辺りの森
春にはシロヤシオ、アケボノツツジの紅白の花が乱れ咲き
秋には幾重にも織り成す錦秋が輝く

b0244811_2313684.jpg


この森が恋しくて
この森が歩きたくて大台ヶ原に来る

そう云っても言い過ぎでは無い

b0244811_2314356.jpg


トレイルを外して尾根芯を踏み跡を頼りに詰めると地倉山だ
ここにザックをデポしてマブシ嶺へと進む

雷峠なんて、素敵なネーミングの峠を越え
真っ直ぐに南へと下ると、そこがピーク

b0244811_2341330.jpg
b0244811_737219.jpg


西には、上下にうねる竜口尾根、その向こう
大峰山系の稜線が南へと続く姿

b0244811_2393952.jpg


東を振り返ると遥か熊野灘の水平線
そして折り重なるように半島のシルエットが浮く

大台ヶ原を「空と海をつなぐ台地」だなんて
勝手に名付けているけれど、この光景を見ていると
なんだか似合っているかもしれないな

b0244811_16574667.jpg


東西南北を見渡しては、ため息をつき
短い秋の午後の輝きを全身に浴びた

b0244811_7452898.jpg
b0244811_7461315.jpg


帰阪のたびに、いつもランチを頂いて恐縮するが
今日もルネさんお手製のおいなりさん、豚汁で
美味しく、心温まる時間を過ごす

さぁランチタイムの後は、標高差300mをゆるゆると登り返しだ
この登り帰し、トップでペースを速めて進む
何故なら、皆さんと共有したい時間が待っているからだ

その時間は限られたものなのだ

b0244811_2325215.jpg


帰りは古道のトラバース、紅葉樹林の合間から
空と海をつなぐ台地を見上げながら進む

白サコまでハイペースで戻ると、小休止
そこからは、時計を睨み、調整しながら尾鷲辻へ戻る

b0244811_2318621.jpg


さぁ、いい感じの時刻だ、ほら空が染まって来たぞ

山仲間たちと共有したかったのは、この夕景だったが
残念ながら居座る雲が、夕陽を遮る

b0244811_2242846.jpg


いや、もう少し待とう
きっと、きっと

ダウンを着込み、グローブを着け、震えながらその時を待つ

b0244811_23575867.jpg


すると、雲の切れ間から徐々に夕陽が現れ
我々の立つ正木峠を染めて行く

b0244811_002348.jpg
b0244811_741189.jpg


大峰山系の稜線を照らす光は、まさに神々しく
そこに神が住むことを示しているようだ
4人はそのシーンの中に溶け込んだかのように佇む

b0244811_042470.jpg


秋の夕陽が、立ち枯れの峠を、熊野灘に浮く雲を
そして大峰のシルエットを染めて行く
このドラマティックな夕景に立ちたかった
山仲間と一緒に立ちたかった

そんな密かな想いの通り
皆で仲良く、大台ヶ原の秋に染まった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-11-08 00:23 | 近畿[台高山系] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26350651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-08 10:21
素晴らしい夕暮れに
息を呑む。
Commented by oris at 2016-11-08 21:42 x
尾鷲道・・・ 素敵なルートですね。
私もようやく昨年に独りで歩きました。
最後の夕暮れの写真は素敵ですね。心に染みる風景ですね。
大台ケ原はスロトレにさんにとってもそうかもですが
私にとっても登山を始めるきっかけになった場所です。
夕暮れを眺めに行きたくなりました。
Commented by slow-trek at 2016-11-09 22:40
palletさん

ありがとうございます
でも、本当の夕景は
もっともっと神々しく美しかったのです
そこは私の腕前では画像には映りませんでした^^;
Commented by slow-trek at 2016-11-09 22:43
orisさん

あー、そうでしたか、orisさんにとっても
大台ケ原は特別な場所だったのですねー
私も、未だに季節問わず歩きたくなる山です
特にこの数年は尾鷲道が大好きです
紅葉は終わりかけでも、ぜひ歩かれてくださいね^^
Commented by cyu2 at 2016-11-13 21:11 x
いやぁ・・・

>この森が恋しくて
この森が歩きたくて大台ヶ原に来る

スロさんの思いがぐいぐい伝わってくる写真たちに
私の心がざわつきました。
そんなふうに思い入れのできる山があるって
シアワセですよね(*´∀`*)

ルネさんの笑顔、最高♪
いつもながらかっこいいなーー
背筋がピン、と伸びた感じ、見習いたいです。

イマドキ、手づくりのおいなりさんって
なかなかいただけない様に思います。

また行きたいなーーー、大台ケ原。

Commented by slow-trek at 2016-11-13 23:09
cyu2さん

ありがとうございます
帰る山、これがあることの幸せは
我ながら、なんて贅沢なんだろうかと思います
cyu2さんに、もっと知って欲しい、歩いて欲しい
近畿の山があるんだけどなぁ^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite