荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

晩秋に染まる 尾瀬ヶ原

b0244811_9263560.jpg


■山行日:2016年10月22日(土)
■山:尾瀬ヶ原
■目的:晩秋の尾瀬
■ルート:富士見下(07:00)-富士見峠(09:30)-アヤメ平(10:00-10:30)
     見晴(13:00-13:40)-鳩待峠(16:20)*タクシーにて富士見下まで
 
週末の天気予報はまたしても今ひとつ
北関東、東北エリアは、まだ晴れ間もありそうだ

谷川岳、尾瀬、那須・・・
もう終わりかけとは言え紅葉シーズン、どこも人は多いだろうな

そう言えば尾瀬へのルートで未踏な富士見からのアヤメ平
あそこは人が少ないとか言ってたっけ

じゃ、そのルートでアヤメ平へ、後は風まかせだ




b0244811_11135382.jpg


3時に家を出て、7時前に着いた富士見下駐車場は、今が紅葉真っ盛り

この駐車場から先はゲートがあり、一般車両は入れない
その林道をとぼとぼと進む

b0244811_11161791.jpg


誰も居ない紅葉のトンネル中、かさこそひとり歩き

駐車場にも3台しか車は無くて
アヤメ平までは誰にも会いそうにない気がする

b0244811_1118329.jpg


林道は、広い高原地となり、ダケカンバの白い樹が紅葉に映える

目の覚めるような赤い樹、透き通る青空
なんて贅沢な林道なんだろうか

b0244811_1120740.jpg


と、機嫌よくひとり、かさこそ歩き進むが
さすがに、ユルくダラダラと続く林道には飽きて来る

植生がシラビソ樹林へと変わり始め
紅葉の色も消えかけた頃、2時間30分歩いて富士見峠着

b0244811_22315098.jpg


峠には、昨年(2015年)82年間の営業を経て閉館した富士見小屋
全盛期には40名の定員に370名を収容したとのこと
今もその時代の喧騒が聞こえてきそうな佇まいだ

b0244811_2236167.jpg


その峠をアヤメ平に向かうと、すぐにセン沢田代が現れる
こんなにも、あっさりと燧ケ岳が拝めるとは思いもせず
しばし立ち止まってしまう

b0244811_2241191.jpg


稜線を進むと南には白根の稜線が浮く
足元には、ここまで歩いた林道がうねる

そしてアヤメ平

b0244811_22465949.jpg
b0244811_2392997.jpg


あぁ・・・
これまで、何度も尾瀬を歩いたが
何故に、この地を歩かなかったのだろうか

こんな曇天でも
もう紅葉が終わっていても

こんなにも美しい

b0244811_22495695.jpg


今さらながら、このアヤメ平の美しさに酔う

b0244811_2251366.jpg


さて、アヤメ平からどうしよう

このまま鳩待峠まで下って、周回とするか?
いや、この天気だ、竜宮まで下って尾瀬ヶ原の風景を眺めて帰ろう

峠まで戻り、今にも雨が落ちて来そうな紅葉の長沢新道を下る

b0244811_2255119.jpg
b0244811_23112170.jpg


尾瀬ヶ原に下りきると、そこは晩秋に彩られていた

空模様は、至仏方向は相変わらず曇天に覆われているが
燧ケ岳は明るくなって行く

それを見ているうちに、自然と脚は見晴へ

b0244811_23142540.jpg


それにしても、静かな尾瀬

確か、この週末でほとんどの小屋はクローズだ
先週末の紅葉ピークを終えると、こんなにも静かなのだ

b0244811_2316274.jpg


見晴も人は、まばら
その静けさに、寂しささえ感じてしまう

小屋閉めの作業に、バタバタと忙しそうな弥四郎小屋
もう閉めてしまった後の静けさが残る尾瀬小屋、第二長蔵小屋、原の小屋

b0244811_23175260.jpg


そこだけハイカーが集うのは、今も売店が営業中の桧枝岐小屋
そして、最後の尾瀬を楽しむテントが、いくつか並ぶ燧小屋

b0244811_2335166.jpg


そんな見晴で簡単なランチを済ませると
ダウンを着込んで、ベンチに寝ころび空を見上げる

その空の高さに、流れる雲に
去年の今頃もヨメさんと、ここでこうしてたっけ、と想い出し
小屋の前の紅葉画像をヨメさんにLineで送ってやった

b0244811_010243.jpg
b0244811_045755.jpg


燧ケ岳以外は、朝からずっと曇天だったが
空が明るくなって行く

b0244811_2342981.jpg


ずっと見えなかった至仏も、その上の雲が流れ始め
南からの陽射しが、草紅葉の海原を輝かせ
その姿は、まるでさざ波のよう

b0244811_23455778.jpg


その、晩秋に染まったシーンに脚が止まる

今シーズン三度目、そして最後となる尾瀬歩きは
残雪の尾瀬よりも静かなる時に包まれていた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

 
by slow-trek | 2016-11-02 00:13 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26334662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-11-02 08:16
今秋はもろもろの事情で山歩きができなくているんですが
晩秋の尾瀬、スロさんのところで堪能しました。
こんな静かな尾瀬、紅葉真っ盛りよりいいですね。
富士見からアヤメ平は大昔に行ったはずと記憶しているのですが
いまいちあいまいな場所なんです。
来シーズンには再訪?してみたいと思っています。
Commented by slow-trek at 2016-11-03 18:14
palletさん
そーなんですよ、紅葉真っ盛りの喧騒を思うと
この外した時期もアリだったかと^^
palletさんのブログおじゃやましても山行記録が無いので
どうされたのかなぁ、と思ってました・・・
私の記録で楽しんで頂ければ嬉しい限りです
富士見からのアヤメ、間違っても秋以外のシーズンは
行かないでくださいね(^^;)暑いわ、飽きるわ
ってことになること請け合いです^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite