荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

イルカの日

b0244811_23181733.jpg

 
毎年、夏になると聴きたくなる曲がある
それは、毎年夏になると観たくなる名画のBGM

「イルカの日」と言う映画をご存じだろうか

1970年代、いわゆるパニック映画ブームの流れで
動物を主題とする映画の流行があった
その流れの主となったのはジョーズ、グリズリー
そう、それは動物に「襲われる恐怖」がテーマだった
 
今から思えば1970年代は、ベトナム戦争によって
古き良きアメリカの終焉=新たな時代への不安
それががハリウッドでは「恐怖」として表現され
オカルトやパニックのブームへと繋がったのではないだろうか
  



b0244811_23192020.jpg

 
もちろん小中学生の頃、その手の映画は夢中になって観た
特にジョーズは、小学生の同級生3人で街の映画館に出かけ
最前列で大騒ぎ!ラストのサメが爆破されるシーンでは
拍手で大喜びしたことを今も覚えている
 
b0244811_2320168.jpg


そんな動物モノの中でも、例えば犬が主役の「ドーベルマンギャング」
このシリーズは、恐怖よりも犬の能力の素晴らしさにワクワクさせられた
ネズミが主役の「ウィラード」「ベン」の連作は、悲しくもあり
特に「ベン」は今も名曲として残る主題歌のメロディもあって
単なる恐怖モノとは違った存在であった
 
b0244811_23213112.jpg

 
その動物モノの中で一番忘れられないのが「イルカの日」だ

ストーリーは
海洋動物学者の夫婦が主人公、彼らが研究しているのは
イルカに人間の言語を理解させ、会話することだった
研究の成果として、アルファとベータの二頭は
博士のことを「パー(パパ)」と呼ぶようになり、懐き
やがて夫婦とコミュニケーションをとれるようになって行く
 
青い海、楽しそうにイルカと会話する博士夫婦
CGなんて夢の世界だった時代に、どうやって撮影嬉したのだろうか
嬉しそうに会話を覚えてゆくアルファとベータの表情と仕草

そんな美しき日々は長くは続かない
イルカを悪用しようとするテロリストの登場で物語は悲劇へと変わる

テロリストに奪われた二頭は、大統領の乗るクルーザーへ
爆弾を仕掛けるよう仕込まれてしまう

このクルーザーの襲撃シーンは、そこに至るまでの仕掛けも
上手く出来ていて、手に汗握るハラハラドキドキだ

b0244811_23215857.jpg

 
そのテロリストの悪巧みは、アルファの活躍によって失敗に終わり
二頭は無事に夫婦の元に戻りハッピーエンド

しかし

人間の言葉を教えたばかりに悪用されるようになったことを
悔やむ博士は、愛するアルファとベータと別れる決心をする

そのエンディングの悲しいことったら
 
b0244811_23223855.jpg

 
  もう、ヒトの言葉を話してはいけない、海へ帰りなさい
  
その博士の言葉の意味が分からず、首を傾げながら話すアルファ

  「ファはパが好き(アルファはパパが好き)パと居る」

  だめだ、アルファが居るとパパはいじめられるんだ!帰れ!海へ帰れ!
  
b0244811_23243997.jpg

 
大声で怒鳴られながらも、「またあとでね、パー」
そう言葉を残して、悲しそうに海へと泳ぎだすアルファとベータ
返事もせず、振り返らないよう、うつむいて浜辺を歩き始める博士夫婦

しばらくすると沖の波間から顔を出し「パー、パー」と悲しそうに呼ぶ声
それでも夫婦は泣きながら歩き、二度と振り返らない・・・

このラストシーン、どれだけ号泣したことやら
(こうしてテキストにしながらも思い出して涙)

b0244811_23251186.jpg


この映画のサントラ(サントラなんて今では死語かも!)
これが名曲で、青い海と、遊ぶイルカたちの愛らしい姿を思い出させる
とても物悲しい曲だけで泣けそうなのに、さらに泣けそうな仕掛けとして
イントロではアルファの博士を呼ぶ声が潮騒と共に流れ・・・

毎年夏になると、この美しくも悲しい映画を観たくなり
そしてサントラを想い出し泣きたくなるのだ

で、泣ける映画「イルカの日」とは関係なく
毎年夏になると一度は「ウナギの日」なのだ

なんだそれって?
(・∀・)キュンキュン


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-09-21 08:04 | 映画 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26211663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タンタン at 2016-09-21 11:43 x
旨そうな鰻ですね!
確かにイルカは何故にですが(^_^;)
Commented by yamausagi-sa at 2016-09-21 12:55
頭の中で文字を追っていても、目から入ってくる映像の方がインパクトが強くて
イルカとの悲しい別れに想いが及びません(苦笑)
なんと美味しそうな鰻の日です事♡
Commented by cyu2 at 2016-09-25 22:13 x
この鰻のフルコースはたまりませんね~!
つやつやふっくら、なんて美味しそうな。
写真が良いからさらに美味しそうに見えるけど、
やっぱり実際美味しいんでしょうね~

って、なんの話でしたっけ?(´・ω・`)?

Commented by slow-trek at 2016-09-27 23:04
タンタンさん

ふふふ
言っちゃーアレですが
この鰻、ミッシェラン★ですぞよ
ふふふ
Commented by slow-trek at 2016-09-27 23:15
yamausagi さん

>イルカとの悲しい別れに想いが及びません(苦笑

あらら
これは、ちょっとアレですね
おふざけが過ぎましたかねー
いや、ほんと素晴らしい映画なのですよ^^
Commented by slow-trek at 2016-09-27 23:18
cyu2さん
てへへ
そりゃミシュラン★ですからん^^
全てがハイクオリティで美味しゅうございました
はい、ただ、それをフツーに食レポ風に残しても
アレな感じがしまして、でこんなことに^^;
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite