荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

愛は突然降ってくる アスファルト

b0244811_236363.jpg

 
世間より、少し遅れてとった夏休み

台風16号マラカス(フィリピン語で”強い”との意味)のおかげで
まったり縦走の山行企画は全てゼロクリアとなり
いい歳したオヤジがスネてスネて、男泣きした金曜の夜
 
さて
明日はどうしたものか・・・普段、休みと言えば山
天気が悪ければ図書館、他に行く当てのないオレ
考え抜いた結果が映画だった
 
人ごみが嫌なので、ネットでミニシアターの情報をチェックすると
アンテナにひっかかったのが、このフランス映画 「アスファルト」
 



b0244811_23344660.jpg


この映画の初日を観るため、それだけのために有楽町まで出かけた

アンテナに引っかかった予告動画

単調なピアノの旋律のBGMに、色調の抑えられたいくつかのシーン
宇宙服の男、美しき女性と若き少年、車椅子の男
ほんの2分ほどの世界観に惹かれ、主演女優しか前知識の無かった映画

ひさしぶりに、「きゅん」 ときた
 
b0244811_11890.jpg


舞台はフランスのとある都市のマンション、年代は不明、三つの寓話的ストリーが
オムニバスとして、それぞれ絡むことなく、淡々と進行してゆく

オムニバスそのⅠ
このマンションに突然越して来る、かのイザベル・ユペール演じる、元女優
そして隣の部屋に住む、息子ほどの年齢の高校生との
時間と年代を超え「映画」を通じての交友

そのイザベルの今の年齢を考えると、なんだこの不思議なほどの可愛さ!
そして、最も重要なシーンとなる、一晩彼女の横で寝ることになる高校生の彼との
一瞬絡み合う視線、その見事なセクシーさに、もうノックアウト

往年の名女優イザベルは、このシーンのためだけに出演したのではないだろうか
そう思わせるほどの「凄み」は今も胸に残像が

b0244811_23464295.jpg


オムニバスそのⅡ
無事地球に生還したはずの米国の宇宙飛行士
彼はNASAの設定ミスでマンションの屋上に落ち
そして、アルジェリア系移民の老婦人の部屋にお世話になることに

b0244811_10431350.jpg


この老婦人と仏語が離せない宇宙飛行士のコミュニケーションの
滑稽で、可愛らしく、そして男なら誰しも胸に抱く母への想いと
女性なら、誰しも持つ息子への想い、そこには国境も時代も無く

このお母さんのチャーミングなこと
ついつい、ほろりと、そしてほっこりと

b0244811_2352420.jpg


オムニバスそのⅢ
ある、くだらない事故から車椅子生活者となる冴えない中年男性と
いかにもワケ在りな夜勤看護師とのラブロマンス

b0244811_10434569.jpg


この看護師役のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
病院裏の小汚いバックヤードで煙草をくゆらせながら
自分の肩を抱いて自虐的に笑う表情は
彼女の人生の影を引き摺っていて、それがとても魅力的で

その彼女に想いを告げようと、大きな嘘をついてしまう男
最後のカメラを向けてのシーンは、なんだか哀れを通り過ぎ愛らしくも

b0244811_1044877.jpg

 
副題となる「愛は突然降ってくる」の意図は

 過去の栄光から落ちた名女優
 宇宙から落ちた飛行士
 車椅子から落ちた男
 
この三つの「落ちた」を表しているのだと解釈する

b0244811_12106.jpg


その三つの「落ちた」ストーリー
それぞれを観ると、単調で、盛り上がりにも欠けるだろう
それが、オムニバスとして、この一つのマンションに上手く収まり
誰が観ても感銘を受ける仕上がりとなっている
 

いや、久しぶりに「きゅん」と来た

午後一の部のあとビアホールでひとり飲みながら
三つの寓話の主人公たちのことばかりに想いを馳せ
みんなが愛おしく、幸せになって欲しいと
じわじわと、そんな想いに満たされ

なんて、ついつい酔っぱらってしまい
その勢いで、なんと夕方の部まで!二回目を観てしまったほどだ

こんな感じの作品に、年に一本でいいから出会いたいものだな
そうしみじみと想える作品に出会えたことに山を諦めた悔しさも失せてしまった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-09-19 00:49 | 映画 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/26205365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akt39 at 2016-09-20 12:17 x
スロトレさんこんにちは。
雨ばかりで山行もままならずくさりますね。素敵な映画の紹介ありがとうごさいます。
前のブログ思い出してのコメですが、山賊焼き復刻番出たようです。スロトレさんのおかげですねw
http://www.gosenjaku.co.jp/restaurant/kappa/
Commented by katsu♨ at 2016-09-20 17:33 x
この手の映画、いいなぁ・・・
単館上映でやってたヌーベルバーグ系は昔よく観に行きましたよ。
北浜にあった三越劇場とかね♫

山には行けなかったけど素敵な時間を過ごせましたね。
ご同輩にも何か素敵なストーリーが落ちてくればいいね。
一本の映画で幸せな気分になれるっていいなぁ♫
Commented by slow-trek at 2016-09-20 23:09
akt39さん
ありがとうございます
素敵な映画です、ぜひ奥様と^^
で、なんですと!
山賊焼きの復刻版?そりゃ凄いです
いや、私のおかげとか(汗)それは無いでしょう^^;
きっとね、みなさん待ち望んでたんですよ
情報ありがとうございます、頂ける日を楽しみに^^
Commented by slow-trek at 2016-09-20 23:15
katsu♨ さん
三越劇場ね、いかにもヌーベルバーグですなぁ
あ、この映画のイザベル・ユペール、ゴダール作品にも
出てますよ、って釈迦に説法でしたか
ちなみに私なんて、もっぱら大毎地下でしたよ
えぇえぇ、カルト系です(^^;)
って、このコメントのやりとり、いつぞやの繰り返し!
ご同輩も、時間があればぜひ鑑賞くださいな
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite