荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

春の山旅ひとり旅 奥那須の森を行く

b0244811_22295856.jpg


■山行日:2016年04月30日(土)-5月01日(日)
■山:那須連山
■目的:奥那須の森
■ルート:沼ッ原湿原(10:20)-麦飯坂-三斗小屋宿跡(12:45)-三斗小屋温泉(14:10)
     三斗小屋温泉(08:05)-姥ヶ平分岐-沼ッ原湿原(11:00)

昨年の春、那須連山と三斗小屋温泉を楽しんだ春の山旅
残雪と露天風呂を堪能した山旅をもう一度歩きたくなった

今年はもう残雪は無い、とすれば違うルートはどうだろう
あの煙草屋(三斗小屋温泉)の露天風呂から眺め
その稜線の美しさに惚れた、流石山に近付くルートはどうだろうか

と、地図を手に検討した結果、沼ッ原湿原から麦飯坂を下り
三斗小屋宿跡から三斗小屋温泉へと周回するプランとした

このエリアは紅葉ハイクのメッカとして有名だが
新緑も美しいとのこと

さぁ奥那須の森を行こう




b0244811_22303886.jpg


沼ッ原湿原の駐車場に車を止め、湿原へと下る
湧き上がるガスに煙る湿原に、南月山が浮かぶ姿は幻想的だ

b0244811_22313990.jpg
b0244811_22315634.jpg


雪融けの後の湿原に見るものは無く、木道をこつこつ歩く
ガスが消えると、前方に大きな山塊が浮かぶ
あぁ、もうこんなに近く見えるのか

昨年の山旅で惹かれた流石山だ

今日は、この山の裾野に向かって激下るのだ

b0244811_22323679.jpg


大きな猛禽が湿原を旋回する姿に見とれている間に
小さな湿原の終端から、三斗小屋温泉へ分岐する
トレイルは、すぐに森の中、そして下り始める

b0244811_22332029.jpg


麦飯坂と称するトレイル
カラ松林を過ぎると、ダケカンバ、ブナと植生が変わりながら
ずんずんと下るだけ、期待していた芽吹きもなく
荒涼とした風景に、ときおりガスが消え、流石山の稜線が浮かぶ

b0244811_22335444.jpg


枯沢を二本ほど過ぎ、下りきると丸太を渡しただけの沢
雪融けの水が勢いよく流れる

那須連山の裾野、その谷底は、静けさに包まれ、山深さに酔ってしまう

b0244811_22342641.jpg


森を抜けると、次の大きな沢は崩落していた
三本橋と書かれた橋は、本当に三本の木で出来た橋が、これまた三本渡されている
不気味にしなる橋を渡りきると、石積みの古道となり、森の深みが濃くなって行く

b0244811_22344577.jpg


やがてトレイルが広がると林道へとぶつかる
ここを東へ詰めると、三斗小屋温泉だ
立派な石柱に従い、林道をゆるく登って行く

ゆるく、長い坂を登り詰める頃、墓石が並んでいた
中には、新しい花が添えられている墓もあり
廃村となった今も、こうして秘境の地に参る人が居ることを知る

b0244811_22351758.jpg


林道沿いに「戦死者若干の墓」、と刻まれた墓石がある
ここは戊辰戦争の山岳戦の舞台となった悲劇の村なのだ

 「全戸焼失という悲惨な末路を迎えた慟哭の地です。」

慟哭の地、、、こんなのどかな山間の温泉宿が
戦争に巻き込まれたあげく消えてしまったのだ
そんな歴史も、ここを歩かないと知ることも無かったな、と思う

b0244811_22362446.jpg


トレイルは、宿跡から那珂川源流部へと下りきる
もう、このあたりは那須の谷底、辺境の地と言っていいだろう

凛と冷えた空気、沢の瀬音以外は、何の音も無い世界

思ったよりも大きな沢に、立派な橋が架かる
渡りきると、そこから温泉まで、これまたゆるく長い登りだ

b0244811_22370100.jpg


登りながら、隠れては消える流石山、その稜線を見上げ
このエリアの山深さに、改めてため息をつく

b0244811_22374070.jpg


ずんずんと上り詰めること70分、やっと今日の目的地
ちょうど一年ぶりの三斗小屋温泉、煙草屋だ

b0244811_22375928.jpg


今年は、大黒屋にしようかとも思ったが、あの露天風呂の快適さが忘れられず
二年目の煙草屋、あいかわらずレトロな、古き温泉旅館の風情が漂う部屋

b0244811_22384742.jpg
b0244811_2239518.jpg


残念ながら露天風呂からは、昨年のように流石山は望めない
でも、こんな湯に浸かりながら、展望までは贅沢だろう

どうやら大黒屋は満員、この煙草屋も、昨年よりも込んでいて
この山間の秘湯の人気の高さが伺える

b0244811_2240749.jpg


夕食も朝食も、昨年とまったく同じメニュー
それでも、質素ながらも、その味わい深い食卓はほっとさせてくれる

b0244811_22405786.jpg


夜、期待していた星空は曇天に隠され、暗闇の中露天風呂につかる
深夜は、雨風がキツかったけれど、朝にはすっきりと晴れ
下山は、峰の茶屋へのルートから姥ヶ平分岐を沼ッ原湿原へと周回する

b0244811_22424755.jpg


姥ヶ平分岐までは、ゆるやかに登り、沼ッ原湿原へと下って行く
昨日は無かったが、小さな沢を残雪が覆っている

分岐まで詰めて振り返る

b0244811_22432885.jpg


この角度から見上げるのは初めてだが
裾野から噴煙を上げる茶臼岳、その姿はきりっとしてて
なんだか、男前じゃないか

b0244811_22435724.jpg


その茶臼と流石山を振り返り、森の中を沼まで戻りながら思う
このエリアは細かなルートが多くあり、大峠からの三本槍など
魅力的なルートも存在する、奥の深い山域だ

b0244811_2244494.jpg


湿原から改めて流石山を望む
やはり、次はあそこだ
あの稜線を歩きたい
いや、あの稜線を歩こう

b0244811_22452110.jpg


何の出会いもドラマも無かったけれど
今回は、奥那須の山深さ、森の深さに酔った山旅となった

b0244811_22464714.jpg


下山後、桜と菜の花が満開な那須高原から連山を見上げると
数時間前まで歩いていた、下界からは見えない山たちを想い
再び会うことを約束した


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-05-11 23:05 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/25785834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by non-T at 2016-05-12 09:28 x
おひさしぶりです
最近は近場の山に時々行く程度
なかなか事情があって遠征できないのですが
秋には徳本峠か那須(スロトレさんの影響^^;)
狙ってます

菜の花の写真、私の憧れの風景だなあ!!


Commented by katsu♨ at 2016-05-12 22:58 x
うむむ・・・なんだか贅沢な入山ですな!
風情のある旅館と趣のある露天風呂が素敵だな〜
僕は昔のようなストイックさが最近は薄れてきまして・・・(笑
ゆったりまったりな旅情あふれる入山に嗅覚が向きはじめて・・・(汗
いやいや!まだまだ!なんて思いながら遊んでいます・・・(爆
Commented by slow-trek at 2016-05-14 23:13
nonさん
久しぶりですね、お元気ですか?
遠征できなくても、山歩き続けられてるようで
ちょっと安心しました^^
徳本峠か那須ですか、うんうん、どっちもシブい
大人の山歩きですね!ぜひとも秋に歩いてくださいね^^
Commented by slow-trek at 2016-05-14 23:15
katsu♨ さん

>僕は昔のようなストイックさが最近は薄れてきまして・・・(笑

うーむむむ、貴兄にストイクなんて頃があったのでせうか^^;
私なんて、もう、昔っからゆっくり、まったり
旅情求めて安全ハイクばかり、最近はご覧の通り
その傾向はどんどんエスカレートしてますです(涙
ま、お互い歩けるだけ幸せですね
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite