荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

残雪期限定極上トレイル 日向倉山

b0244811_22274079.jpg


■2016年04月09日(土)
■山:日向倉山(ひなたくら山)
■目的:残雪の稜線歩き
■ルート:駐車場(08:50)-山頂(12:00)-休憩-駐車場(16:00)


それは偶然 Instagram で目に付いた一葉の画像だった
まだ雪深く、白い尾根が広がる向こう、大きな大きな山塊が
存在感たっぷりに座っている、そんな魅力的なシーンに釘付けになった

タグには #越後#日向倉山 と記されている

さっそくネットで調査すると、新潟は魚沼郡の日向倉山(ひなたくら山)
ふぅむ、ネーミングもなかなか魅力的だ
それよりも惹かれたのは、なんとこの山、道が付いていない
そこへ行くには、藪だらけの尾根伝いに詰めるしかなくて
必然的に、藪が雪に埋まる冬季に限られる訳だが、そこに更なるハードルがある

その尾根にとりつくには、トンネルで有名な奥只見シルバーラインを通るのだが
その道路は例年3月中旬まで冬季閉鎖なのだ
とすると、シルバーライン開通直後から、藪が雪で覆われている間
この条件でなければ歩けない、そう、残雪期限定なのだ

どうだ?こんな条件付きの山、じゃ諦めるか、なんて山ヤは居ないだろう
さぁ、どんな尾根なんだろう、どんな風景が待っているのだろう
はじめての越後エリア、わくわくしながら深夜の関越自動車道を北へ飛ばした




b0244811_22284252.jpg


奥只見シルバーラインの長い長いトンネルを抜けると銀山平だ
朝陽に輝く残雪の山に囲まれた、まるで上高地のような場所
先週末の情報では、駐車スペースは満車だったが、今日は3台のみ
きっともう、最適なスノーハイクの時期は過ぎたのだろう

b0244811_22291780.jpg


先ずはトンネル横から雪の上を歩き、取り付く尾根を探す
コンクリート造りの何かの施設脇に、いくつかの踏跡
ネットの地図にあった尾根だ、ここから腐った雪が続く急登の始まりだ

b0244811_22294723.jpg


踏み抜いて、踏み抜いて、藪に腕を、顔を弾かれて登る
ほんの5分ほどで、もう滝のような汗
尾根の状態はずっと変わらない

b0244811_2230588.jpg


振り返ると残雪の山が深く深く続く姿に見とれてしまう

b0244811_22313470.jpg


いつまでたっても終わらない踏み抜きに、疲労と、飽きてきたのと
こんな山奥でひとり、何やってんだかなぁ、とココロが折れ始める

90分近くかけて、やっと稜線に乗る
正面には、きっと未丈ヶ岳であろうピーク、振り返ると荒沢岳

b0244811_22322997.jpg


なんと気持ちの良い稜線だろうか
滴る汗をぬぐうと、北方向の雲が切れ、延々と続く稜線が見え
そのシーンに一瞬で心を奪われてしまう

b0244811_2235409.jpg


一息つくと、日向倉山に向かって、大きなナラの樹とブナ林を縫うように、残雪の稜線を行く

残念ながら空は高曇り、この季節だと、こんなものだろうか

b0244811_234436.jpg


薄曇りに隠れた中岳、越後駒ヶ岳がときおり、白く煙りながら姿を見せる

そして、その存在感は、威圧的ですらある荒沢岳
ずっとこの山塊を見ながらのハイクとなる

b0244811_22524393.jpg


もうひとつ、この稜線上の存在感は、このブナたちだ
稜線上に伸びた、この樹の合間から除く稜線の、なんと美しいこと

b0244811_2324322.jpg


ときおり覗く、未丈ヶ岳から毛猛山への稜線
その向こうに並ぶのは、浅草岳、守門岳辺りだろうか
あぁなんと言う山深さだろうか

b0244811_223845.jpg


二つ目のフラットな尾根を越えると
西側の谷へと延びる雪庇と、ヤブの間を慎重に進む

b0244811_2255433.jpg


最後の登りを詰めるとき、一瞬ガスが消え
見覚えのある双耳峰のシルエットが浮かんだ

b0244811_2240090.jpg


燧ケ岳だ

さぁ、尾瀬の山たちも見えてくるのだろうか
疲れも忘れ、少し足早にピークに詰める
振り返ると中岳、越後駒ヶ岳もガスが消えかけて、ゆっくりと姿を現す

b0244811_23102091.jpg


素晴らしい稜線だ・・・

尾瀬方向はうす曇のまま
他を見渡しても、ここまで歩いた展望とさほど変わりない

汗だくで辿りついた、まだ春浅きピーク

b0244811_23191621.jpg


汗が冷えるに任せて佇んでいると
ゆっくりと空気がクリアになり、只見湖と、その向こうに尾瀬方向が浮かぶ

その姿に見とれてると、またゆっくりと曇り始める
展望は残念だけど、久しぶりに充実した山行に満ち足りて
少しの間、うす曇な周囲を見渡すと下山だ

b0244811_23342677.jpg


今しか歩けない山、数人しか出会わなかった静かな山
白く広がる尾根に、すっくと伸びたブナ
中岳よりも、越後駒ヶ岳よりも存在感の大きな荒沢岳

b0244811_22474221.jpg


そして
東北の空の下へ、果てしなく続く峰々
見えるものは、すべて空と稜線だけ

b0244811_2247988.jpg


そんな奥只見の山影に
何故だか、どうしようもなく東北へ行きたくなる

この、胸かきたてる想いは何だろう
あの向こうにどんな山が待っているのだろう


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-04-27 23:41 | 関東甲信越[越後・妙高域] | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/25722151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruonick at 2016-05-04 20:53
きゃー((≧艸≦*))
日向倉山じゃないですかっ
私、最近新潟の山が気になって気になってしょうがないんす!
日向倉山の近くに花降岳ってありますよね?!
そこも気になってます!(名前がw)

素敵な山ですねぇ
遠そうだけど行きたいですっ!
Commented by slow-trek at 2016-05-05 22:27
ゆなさん
お!、さすがゆなさん
日向倉山をご存知でしたかー!
花降岳?は知りませんが、私も新潟方面
今めっちゃ気になっています^^
魚沼、意外と近かったですよ、ぜひ
来シーズン、この稜線歩いてくださいね!
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite