荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

穂高展望の里山 福地山

b0244811_2045668.jpg

 
■山行日:2016年03月21日(土)
■山:福地山(ふくじやま)
■目的:残雪の穂高を望む
■ルート:登山口(08:20)-谷川コース-山頂(11:00-13:40)-尾根コース-(15:20)
 
雪のシーズンに行こうと狙っていた山がある
その山は、里山と言っていいほどの低山
でも、トレイルから、そして山頂から、素晴らしい展望がある山だ

その山は福地山(ふくじやま)

そして、展望は穂高連峰と焼岳、乗鞍に笠ヶ岳と言うラインナップ

狙っていた真冬からは少し遅くなったけれど
やっと、穂高エリアの天候が荒れていない週末となった

さて、どんな展望が待ち受けているのだろうか




b0244811_204619.jpg

 
安房トンネルを抜けるまでは
凍結どころか道路脇に雪も無い状態だった
クマ牧場を過ぎるとR471を左に折れ、福地山温泉へ向かう

登山口にある温泉の駐車場で小雨が止むまでしばし待機し
08時20分になってやっと歩き始める

やはり、北アルプスを越えると、天気はより日本海側に近付くのだ
やっと、このエリアが晴れの週末が訪れたと言うのに

b0244811_2047417.jpg


杉の植林を縫うように進むトレイルは、いかにも里山
それが、何故だか懐かしい気もする
そう言えば、里山なんて何年も歩いてないかもしれないな

九十九折れする度に、高度は上がって行くが
雨雲はなかなか消えてくれない
こんなところまで遠征した甲斐が無いじゃないか

b0244811_20483520.jpg


手造り感たっぷりな案内板
しっかりと整備されたトレイル
きっと、この里山は地元の方に愛されているのだろう

b0244811_2049571.jpg


谷川コース、尾根コースの分岐
ここは、まっすぐ谷川コースを選択する
この辺りからやっとトレイルに残雪が現れはじめる

b0244811_21194829.jpg


こんな低いところから、もう笠まで見える(はずの)第一展望台は視界ナシ
肩を落としながら進むも、第二展望台も、まだ視線はガス
だめだな、これじゃ
しかし、第四展望台、乗鞍展望台を過ぎる頃突然視界が明るくなる

b0244811_21204441.jpg


見上げると、いつの間にか青空
そして、梢には霧氷が

天気予報は、午前中は雨が残るが、昼前から晴れ
よし、予報どおりだ!
と、頭の中はもう穂高のシルエット、足取りも軽くピークへ駆け上がる

b0244811_21212121.jpg


なんだこれ
空は晴れたけれど、目の前、穂高には大きく厚い雲が居座ってる

よーし、こうなったら晴れるまで待ってやるぞ

西方向は樹林に覆われているおかげで、そう広くは無いピークを
カメラ片手にうろうろしながら、晴れ間を待つ

b0244811_2122206.jpg


と、15分もすると、またぞろ視界が明るくなり青空が現れ
北風に、霧氷が飛んで行く

来たーっっっ!青空ぁー、来たーっっっ

誰も居ないのをいいことに、大声を張り上げてると、後ろから

b0244811_2124389.jpg


「でも穂高は見えないわね・・・」

ひゃうっ!人が居たんだ人が居たんだ、死ぬほど驚いたぞ、ったく
恥ずかしいぞ、ったく

b0244811_2325248.jpg


そのソロの女性は、どこからともなく現れ、穂高の正面に立ち尽くすと
いつの間にか消えて行った・・・さぁ、もうあとは独り占めだ

b0244811_21272552.jpg


と、振り返ると
雪が着いた山桜の梢、その向こうに一瞬だけ穂高のシルエット
その一瞬に、ため息を漏らす

b0244811_23311328.jpg


なんて罪づくりなのだろうか・・・
もう少しでいいから、ちゃんと見せておくれよ

b0244811_21324250.jpg


結局、いつまで待ってても、雲は居座り続け
錫杖岳、大木場の辻の上に望めるはずの、槍も笠もシルエットすら見えず
ときおり、風のいたずらで西穂高の稜線が少し顔を出すだけ

それでも、その一瞬の姿にため息をつき
こんなにも心ときめかせているのだ

b0244811_21334793.jpg


まるで、恋焦がれた相手に、ひと目でいいから会いたいと願う哀れな男だな
なんて、ひとり苦笑い
さぁ、もう帰ろうカラダも冷え切ったよ

と、ザックを担いで歩き出したとき
最後に穂高が少しだけ顔を見せてくれた

b0244811_2135442.jpg


ふふっ、ま、いいや
これで充分さ

b0244811_21381795.jpg
b0244811_2137184.jpg


下りのトレイル、空は澄み渡り、焼岳、乗鞍がその姿を見せてくれる
足元は残雪、針葉樹林、青空、乗鞍の稜線
たった1700mにも満たない山に、こんなにも素晴らしい展望

b0244811_21415096.jpg


懐かしき里山の風情、その樹林の空気、土の香り
そんな一つ一つが、なぜだか嬉しくて

この山ええなぁ、この山好きやなぁ

b0244811_2140863.jpg


何度もつぶやきながら、満ち足りた下山となった

この福地山を歩いた日から、もう一ヶ月
あのピークの山桜の花が人知れず咲いた姿
その後ろにならぶ山たち
今ごろ、どんな風景になっているだろうか

下山後もこうして想いを募らせる、そんな素敵な山を知った


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-04-19 23:34 | 北アルプス | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/25690351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ルネオバ at 2016-04-21 10:35 x
インスタの画像見て、きっとココだと思ってました~
大正解ーー!ヽ(^Д^*)/

でも、「ふくじやま」じゃなくて「ふくちやま」でしょ?
と、改めて確かめてみると「ふくじやま」だったのね・・
今まで会話の中でも「ふくちおんせん」とか当たり前のように言ってたのに、
指摘してくれればよかったのに・・ぶつぶつ・・(∋_∈)

これ、3月19日ですよね、きっと。
18日北横下山後、翌日の山決めかねてウロウロ。
数年ぶりの福地山にでも行ってみようか・・・なんて思ったのだけど・・・
一言声をかけてくれればよかったのに~
一日帰るの延ばして、樹の陰から飛び出したのに~ v(`∀´v)




Commented by ルネオバ at 2016-04-21 10:38 x
↑コメント、17日北横でした。私も間違えてるし・・
Commented by slow-trek at 2016-04-22 23:16
ルネさん
インスタ画像って????
あんな只の霧氷と鍋の絵だけで???
さすがルネさん!って言うかちょっとブキミかも^^;
なんで、あんな情報だけで分かるのかしらん
でも、その18日とか19日とかはちょっと( -_-)
記載の通りの日時ですよん
んなことよか、このお山はほんと好きになりました^^
Commented by ルネオバ at 2016-04-23 18:28 x
1月に山をご一緒した時、
福地山♪福地山♪って叫んでましたやん(⌒ー⌒)
温故知新だとか灯台下暗しとかワイワイ言ってたの、忘れました? (^^ゞ
Commented by slow-trek at 2016-04-24 23:19
ルネさん
あーっ、言ってましたね、はいはい
温故知新って、言ってました
最近、ほれ、ボケのスピードも速くって(涙
にしても、ですよー、あの画像で判明するのは
そこは、やはりさすがのルネさんです^^
Commented by 梨丸 at 2016-04-26 01:15 x
ようこそ私の第二の故郷へ遠路はるばる足をお運びいただきありがとうございました。
第二の故郷と豪語しながらも、福地山のことをず~っと「フクチヤマ」と読んでおりました(汗)
それはそうと、奥方様はご一緒ではなかったのですか?
次回こそは、スカ~ッと晴れ渡った天気の時を選んでおこしくださいね(笑)
お待ちしておりま~す😉
Commented by slow-trek at 2016-04-26 22:08
梨丸さん
あー、そうでしたか、梨丸さん
この辺りは、近いのですねー、なんと言う羨ましさ!
このお山はほんと好きになりました
やはり北アルプスから一歩離れるだけで
人が少なくなるのも、いいですよねー
ヨメさんは、ちょっと登山は出来ない状況なものでして^^
今は、ひとり歩きを続けてます♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite