荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

青空と粉雪と、陽だまりと北風と 北横岳

b0244811_22561778.jpg


■山行日:2016年03月12日(土)
■山:北横岳
■目的:雪の大展望
■ルート:坪庭(09:30)-北横岳(11:30-11:30)-縞枯山荘(12:30-13:00)-坪庭(13:30)

会社のA君から、庵滝へ氷瀑ハイクへ行ったと聞かされた
もう一人の会社の山仲間であるF女史から、「私も連れてって欲しかった!」
と、出張で会うたびにグチを言われ、じゃ今度八ヶ岳にでも行きましょうか?

そんな成り行きで、ゴンドラ+スノーハイクでお手軽に北アルプス
中央アルプス、そして八ヶ岳の大展望を楽しめるプランとした

これは昨年の1月、奇跡的な晴天の下、スノーハイクを満喫できた
あの輝いた一日をもう一度、と欲張ったのだが ・・・・




b0244811_23321335.jpg


ゴンドラは、あっと言う間に坪庭へ
予報は9時頃から晴れ、午後から下り坂
でも、まだ坪庭は雪雲に覆われている

b0244811_23351056.jpg


 「予報は外れたのかしら・・・」

F女史のつぶやきは、なんとなく悪い予言のようで
いやいや、大丈夫ですよ、晴れますよ
雪雲を睨みつけながら、アイゼンを着けるとさっそく歩き始める

b0244811_23353840.jpg


ほら、晴れた

 「Sさん、晴れ男ってウワサは本当なんだねー」

F女史に振り返りサムUP、いや、でもねFさん
オレがついてるんじゃなくて、予報をちゃんとチェックしてるだけですよ

b0244811_2357928.jpg


雪雲の去ったあと、下から沸いてきたガスが千切れては流れて行く

b0244811_23375791.jpg


縞枯れの凍て付く姿に見とれながら、わしわし進むと
あっと言う間に北横岳ヒュッテだ

b0244811_23385737.jpg
b0244811_23391769.jpg


冬のこのルートは三度目だけど、今まで一番賑やかで
ヒュッテ前は休憩もままならないほど

b0244811_2340108.jpg


さぁ、このまま行きますよ

ヒュッテから先、少し勾配がキツくなる辺りでは
下山者と、登山者が膠着状態
そんなことになるほどのルートじゃないのになー
それほど人が多いのだ

b0244811_23403294.jpg


やっとラッシュを抜けると・・・

ガスガスで、何も見えない北峰
なんだこれ・・・

いや、Fさん、きっとですね
南峰へ行くと、ね、そりゃもう北アがどっかーんと

b0244811_23412759.jpg



これまたガスガスで、何も見えない南峰
なんだこれ・・・

いつの間にか、雪雲に覆われて
小雪が突風に舞いながら全身を叩きはじめる

b0244811_23422265.jpg


もう降りますか

また冬の貌に戻ったトレイルを、俯いて足早に下る

 「北アルプス見えなかったくらいで、そんなに落ち込まなくてもー」

F女史に慰められながら坪庭まで下ると、少し青空が戻ってくる
空が回復しなければ、縞枯山は中止
でも、先ずは縞枯山荘までは歩きましょう

b0244811_2343178.jpg
b0244811_23434234.jpg


山荘まで下るけれど、雪雲は居座ったまま

それでも、縞枯のとりつきまで、ゆっくりと雪の上を歩く

b0244811_17024148.jpg

もう、きっとこれで最後だろうから
今シーズン最後の雪山だろうから

下るにつれ、どんどん冷え込み、風が冷たくなる

b0244811_23442517.jpg
b0244811_2345757.jpg


モノクロームの世界が、今はまだ冬山だと思い出させる
ときおり射す光が、世界を一瞬だけ輝かせ、また消える

さぁ
もう帰りましょうか ・・・

後ろ髪惹かれる想い

b0244811_23465197.jpg


再びモノクロームの世界に戻った雪原
音も無く小雪が舞う中を、ゆっくりと下界への入り口へと戻る

b0244811_2347216.jpg


きっと自分ひとりなら

もっとここに居ただろう
カラダが凍えるまでいただろう

b0244811_23534449.jpg


シーズン最後の雪山は

青空と
粉雪と
陽だまりと
北風と

冬の山の貌をすべてみせてくれた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2016-03-30 22:57 | 関東甲信越[八ヶ岳連峰] | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/25598853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ルネオバ at 2016-04-01 11:29 x
あれ?・・ってことは、私の5日前だったの?
その数日の間に季節はどんどん進んで、
こ~んな白い森の面影さえ残っていませんでした (ToT)/~

私もね、昨年のスロトレさんレポのモンスターやら恐竜の親子やらがゆさゆさの
厳冬期の北八ツを狙っていたんだけど、
いつの間にか、こ~んな季節になってしまっていたのよ・・・
こんな時期に行ってもね~・・・なんて、じくじく思いながらウロウロしてきました~

あ、白い北アルプスは、ば~っちりだったんだけどね~・・・
なんせ、青空が眩し過ぎて、おまけに暑いのなんのって・・・・・って、もうよろし?(^▽^;)>゛
Commented by slow-trek at 2016-04-03 23:17
ルネさん
そうですかー、たった五日間で雪が無かったですか
この日も、前日に久々に降ったようで
ゴンドラの係員が、この雪でスキー場は一週間
持ちこたえることが出来たと言ってたので
最後のしっかりとした降雪だったかもしれません
(あれ?やっぱり私は持ってる?^^)
でも、いいじゃないですか、アルプス展望バッチで!
ほんと、この日は展望についてはまったくでしたよ
ま、今シーズンはルネさんに、お譲りした
ってことで^^;
Commented by タンタン at 2016-05-17 22:32 x
先日は、まさかの出会いでびっくりでした。
一瞬、声掛けするの躊躇しましたが…(^▽^;)

天気はまずまずでしたが、積雪の八ヶ岳を楽しみました。

Commented by slow-trek at 2016-05-17 23:16
タンタンさん

>一瞬、声掛けするの躊躇しましたが…(^▽^;)

可愛い山ガールと同行だったら、ちゃんと躊躇すること^^
F女史って、もう定年直前の超大先輩ですからね!
(F女史は私がブログしてること知らないから言えるのですが^^;)
ほんと奇遇でしたが、あの後会えなかったのは残念ですね
また、大峰で!
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite