荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

さよなら七面山 神仙平から奥駈道(後)

b0244811_2184682.jpg


■山行日:2015年10月24日-25日
■山:奈良県大峰山系:七面山
■目的:晩秋の神仙平奥駈道
■ルート:湯ノ又(09:00)-登山口(11:00)-林道終点(13:00)-奥駈道(15:30)-楊子ケ宿(16:30)
     楊子ケ宿(08:00)-七面山東峰・西峰(10:00)-あけぼの平(11:40-12:00)-湯ノ又(14:40)


奥駈からの星空を撮りたい、なんて企んで深夜にアラームセットしたが
アラーム前に、強風が避難小屋の壁を叩く音で目が覚める
1時前、外へ出るが、雲に覆われた空は暗く、何も見えなかった

夜明けまで風は強く、今日から冬型の気圧配置だったと思い出す
我々は稜線を歩かないので影響はないけれど
一階のグループは、弥山までピストンとのこと、きっと風に泣かされるだろう




b0244811_21355557.jpg


朝焼けを期待して奥駈に上がるが、風は相変わらず強く雲も居座っている
やがて、その雲も風に追いやられ、徐々に空が現れ
楊子ノ森がピンクに染まり始めた

b0244811_21365171.jpg


やがて、空は澄み、神の山はいつもの貌に戻る

b0244811_21413374.jpg


食事を済ませ、弥山グループが発った後、ゆっくりと歩き始める
空は澄んでいるが、風の強さと冷たさが、もう秋の終わりを感じさせる

b0244811_23371213.jpg


まだカラダが完全に起きていない歩き始めから
道の無い楊子ノ森の急登に息が上がる

b0244811_23415619.jpg


20分くらい登り詰めただろうか
P1693
弥山、八経、大普賢、明星ヶ岳、小さく山上ヶ岳
南を振り返ると、朝陽の逆光に大きな仏生ヶ岳と、釈迦ヶ岳

ピークからは、大峰北部、その全てが見渡せている

b0244811_2184682.jpg


冴え渡る空気の中、いつもよりも力強く、そして凛とした姿に見える大峰
それはまるで峰々が、もう冬への覚悟を決めているかのようだ

b0244811_23534296.jpg


楊子ノ森ピークから七面山までの破線ルート
そこには道らしき道もなく、最近のものと思われる踏み跡も無い
二重山稜の倒木地帯を、北の谷へ進まないよう注意して進むだけ

b0244811_23483483.jpg


仏生から登ってくる朝陽
枯れたトウヒの森
駆け上るリスたち
この森に音は無い

その聖なる森の静寂に酔う

b0244811_23472514.jpg


一番最初に歩いたのは2007年
あの日以来、大峰山系で最も好きな森のひとつ
この静かな森がいつまでも姿を変えないことを願う

b0244811_2352636.jpg


鞍部まで下ると、そこから東峰への登り返し

 あ、言っておきますが何も見えませんよ

七面山のピークでは、東峰も西峰も、展望は無い
でも、そんな言葉聴く耳も持たないルネさん
憧れの七面、そのピークさえ踏むことが出来たら展望なんてどうでもいい
そう語る後姿に、声を出さずに笑った

b0244811_23542688.jpg


痩せ尾根を詰めて西峰を踏むと、樹林の間から槍ノ尾を望む
こうして改めて望むその姿、こんなにも魅力的なピークだったんだ

さぁ、あけぼの平へ行きましょう
分岐まで戻ると、そこからあけぼの平は、記憶よりも遠く
そして、記憶よりもぐんぐん下って行く

b0244811_032043.jpg


あけぼの平
そこは、槍ノ尾の麓
そこだけ笹原に覆われて、南方に釈迦ヶ岳を望む
まるで、その釈迦ヶ岳を望むためにだけに切り開かれたような草原

そのあけぼの平からは、笹の海原越しに、七面山東峰の絶壁を望む
正面には、稜線上に古田の森
釈迦ヶ岳のお釈迦さまの姿も見える

b0244811_06065.jpg
b0244811_2241132.jpg


この贅沢な展望地で、まったりとランチ

そんな贅沢な時間が終わると、分岐までの急な登り返し
そこからは下るだけ、この大峰から去る寂しさだけ

b0244811_0204681.jpg


ときおり樹林の合間から望む明星ヶ岳と神仙平
その姿に後ろ髪引かれながら思う

湯ノ又までの林道は、いつかは復旧しても
そこから先、七面山登山口までは私有地だ、あの、いくつもの崩壊箇所は
きっともう修復されることはないだろう

b0244811_0212866.jpg


そう、もうこの七面山へのルートは、歩けなくなるのだ
それは、そう遠い日ではない

住居を関東に移した今
自分が歩くことが出来るのは今回で最後だろう

b0244811_0221967.jpg


この大峰の中でも、秘境とされるピーク
もう歩けないかと思うと

秋風に舞う落ち葉を踏みしめながら、いろんな想いが重なって
少し、せつない下山となった

b0244811_0224762.jpg


北部大峰の大展望、石楠花のトンネルに垂直の壁、そして静かなる森

さよなら七面山
またいつの日か


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2015-12-11 23:54 | 近畿[大峰山系] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/25171234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dahan at 2015-12-13 12:52 x
奥駈道が世界遺産に登された頃、登山口に市の看板立ってましたよ。ガレた道は私有地やったんですか。でもまた行くやろなあ(笑)
Commented by slow-trek at 2015-12-13 22:53
dahanさん
昔ゲートがありましたよね?あそこから先は某製紙会社の
私有地なのです、今現在、五條市のサイトでは、その私有地が
崩壊しているので、このルートで入山しないよう呼びかけています
たぶん、もう、歩けるようにはならないかと・・・。
Commented by dahan at 2015-12-13 23:10 x
なるほど。
林道終点からは私道だったのですね。
あの笹っパラに直行できないとなるとちょっと寂しいです。
Commented by ルネオバ at 2015-12-13 23:45 x
> 住居を関東に移した今
> 自分が歩くことが出来るのは今回で最後だろう

あぁ・・そうなんや・・
山を歩きながら、そんな話もしていたけれど・・・
改めて、寂しいね・・

でも、いつまでも待っていますよ、大峰もワタクシも・・・

・・・なんちゃって (^^ゞ
スロトレさんの分も大峰、もち、あの笹っパラも
ガッツリ歩いてあげますよん!
がはは。
Commented by slow-trek at 2015-12-14 22:50
dahanさん
しかし、五條市の呼びかけに従うと、あの笹っパラに
行くには奥駈から下るしかなくて・・・
そんなスキモノいるのでしょうか^^;
Commented by slow-trek at 2015-12-14 22:57
ルネさん
いや、別に関東云々は関係なくて
例えば、釈迦ヶ岳とかだと、これからも歩きたいし
歩けるでしょ?でも七面はこのルートがダメとなると
もう歩けないかなと、そう言うことです
ってか、そんなこと話しながら下山しましたやん^^;
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite