荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

花穂揺れる楽園 田代山

b0244811_22424896.jpg


■山行日:2015年06月07日(日)
■山:田代山
■目的:ワタスゲと会津駒展望
■ルート:猿倉(08:40)-山頂(10:20-13:40)-猿倉(15:00)

ほんの1か月前、山友たちに誘われて歩いた残雪の会津駒ヶ岳
そのアプローチで会津西街道の案内板に吸い寄せられた

 田代山の山開き 6月14日

6月14日だって?そんなに遅い山開きって聞いたことが無いぞ
それほどまでに雪深いのか・・・
2年間に訪れた、プリンの形をした山が、今やっと春を迎えている
そんな姿を想像している内に、またあの湿原を歩きたくなった

今シーズンは未踏の東北の山を歩く、そう決めてたけれど

行こう、ワタスゲ舞う湿原に行こう
今度こそ会津駒の展望を期待して
 



b0244811_2245778.jpg


上州へ単身赴任して以来、5回目となる会津西街道
いつも、行きは日光道路から鬼怒川を遡り
帰りは塩原から東北道路と決めている

毎回立ち寄る「道の駅たじま」で休憩すると
なんと気温は9度!
北関東でも下界は26度の予報なのにだ

b0244811_0544863.jpg


青空に湧き上がる夏雲を見上げながら、舘岩村へ左折する
のどかな風景は、桧枝岐村と同じようだ

田代山登山の最も危険個所は、湯の花温泉を抜けてからの酷道
ガッタガタなダート道を15キロほど登ったところが猿倉登山口だ

b0244811_22493565.jpg


もう10台ほどの車が止まる中、小さな流れを越えて歩き始める

国内でも最も豪雪地帯にあたる山域、やっと訪れた春に
新緑が目に痛いほど輝いている

水場へ降るところで、登山道整備のスタッフの方と出会う
次週の山開きへ向けて、最後の整備といったところだろうか

b0244811_0571292.jpg


2年前に歩いた時も、その整備具合に感心したものだが
今日はさらに整備された感があり、この山が会津の方々に
どれだけ愛されているか、小刻みな階段、それを留める杭
そのひとつひとつの丁寧な仕事ぶりに伺える気がする

b0244811_0592339.jpg


新緑の中をぐいぐいと詰めると、谷からの風が冷たい
ふと見上げるとヤシオツツジの色が、青空に映えている

70分で小田代だ
前回はここから小雨が降り始めたっけ
あの日、雨に濡れて輝いていたキスゲには未だ早いけど
そろそろ、ワタスゲの姿も見え始め嬉しくなる

b0244811_0584513.jpg


ここから、最後の詰めは、残雪の斜面
だが、前回と違って残雪はトレイルから外れたところに少しだけ
やはり、今年の雪解けは、この田代山でも早かったようだ

b0244811_1253.jpg


プリンの頭に立つと、もう足元はワタスゲが咲きじゃくってる

はやる気持ちを抑え、一方通行の木道を西へ

すると、どうだ

あの白い山塊

あれは何だ、この景色は・・・

b0244811_13561.jpg


標高2000m足らずの山頂、その楽園は忽然と現れた

b0244811_4511441.jpg


声をかけてくるソロ女性に挨拶を返すのも忘れ
楽園の美しさに見とれた

参ったな・・・
参ったぞ・・・

こんなにも素晴らしい風景が待っていたのか

b0244811_5362122.jpg


どんどん近づく白い山塊こそ、ほんのひと月前に訪れた
あれこそが、会津駒ヶ岳だ

b0244811_5392885.jpg


あの日、まだ山頂は吹雪き、樹林には霧氷が着き
残雪の中、皆ではしゃぎながら歩いたのに
それがどうだ、今日は、青空の下輝いている

b0244811_650634.jpg


弘法池と呼ばれる大きな池塘と
その周りに散らばる、いくつもの小さな池塘たち
そのひとつひとつが鏡となって
空を、雲を、会津駒を吸い込んで、そして映し出している

b0244811_6464492.jpg


何故か木道に沿って咲きじゃれるワタスゲも
その花穂を、ゆるやかな風にさわさわと揺れている

楽園だ

帝釈山へのルートを左折して、そのまま木道を回り込む
もう一周しよう、もう帝釈山なんていいさ

b0244811_548626.jpg


きらきら、きらきら
ゆらゆら、ゆらゆら

流れる雲と、冷たい北風によって
楽園は、数分単位でその姿を変え、様々な色彩を楽しませてくれる

b0244811_549319.jpg


 誰もいないから、一方通行を引き返して来ましたよ

そう笑う、先ほどのソロ女性の笑顔も眩しくて

見知らぬ同士のハイカーが二人、他に誰もいない木道で
空を仰ぎ、花を愛で、何度も笑顔を交す

 何だか下山するのもったいないですよね

そんな言葉を残しながらも、ソロ女性はワタスゲの花穂の群れに消えて行った

b0244811_5444250.jpg


2年前の、そぼ降る雨に煙るキスゲの姿も可憐だった
何よりも、小雨の山歩きが好きなので、それだけで楽しめたけれど

やはり楽園には青空が似合う

雪融けを迎えたはずの湿原に、まるで小雪が舞うように揺れるワタスゲ

雄大なる会津駒ヶ岳

いくつもの池塘が鏡となって映し出す空の色

b0244811_2051169.jpg


今シーズン、東北エリアは、未踏な山を歩こうと決めたけれど
もう一度来て良かった

この季節に
それも山開き前の静かな日に来て良かった

b0244811_8255186.jpg


下山後、ふらっと立ち寄った湯の花温泉の古い旅館
木漏れ日射す湯けむりに癒された湯上り
旅館のご主人にお茶を頂きながら田代山の話し

 そうですか、そんなに美しかったですか、そうですか、うんうん

ご主人の、ちょっと誇らしげな笑顔は
花の田代山に、もうひとつ眩しい花を咲かせていた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2015-06-17 21:31 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24598040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2015-06-17 22:22
わおっ! 素敵な田代山だ。
目の前に広がる白い山塊、夢みたいですね。

会津にはいいお山がたくさんあるけれど
博士山(はかせやま)なんかもおススメです♪
いつか訪ねてみてくださいね。
Commented by dahan at 2015-06-18 01:35 x
スー兄貴こんばんは!
トップの写真、絵みたいですね!素敵すぎるー!
木道の先に見える山並み、こんなエエとこ歩いてみたいです。
Commented by MOMOパパ at 2015-06-18 06:26 x
スロさんベタボメの田代山、行ってみたいなー、と思うも、
ダートを走りきり登山口に辿り着けるかどうかが問題だ。(-_-

地元の方も、これは自慢したくなるお山ですね。
Commented by akko-kornblume at 2015-06-18 17:35
わ〜素晴らしい日に歩きましたね!
瑞々しい美しいプリン山ですね(o^^o)

こんな日に歩けたなんて羨ましい。
私が田代山に行ったのは、去年の秋でした。
会津駒の雄大な姿は圧巻でした。

スロさん、いつか会津駒から繋がる中門岳へも
是非とも歩いてくださいね。

ぽわぽわの季節になったのね。
めぐり行く季節の早いことと言ったら!
Commented by GRI at 2015-06-18 21:21 x
ここは私も大好きで、過去3回行ってます!
樹林帯を抜けて、あの湿原にポ~ンと出た時、めちゃくちゃテンション上がりますよね。で、思わず笑顔・・・ (^^♪
今年も行こうと思ってたんですが、同じ南会津地区の気になってたお山が4年ぶりに行けるようになったらしいんで、今週末はそちらに行こうと思ってましたが、この記事見ると揺れちゃうな~ (^^;
それはそうと、「もう一周」って、湿原2周したんですか? (^。^)
Commented by katsu♨ at 2015-06-19 11:34 x
田代山・・・なんとも素敵な楽園ですな〜♫
単身赴任の恩恵ですね。
関西に住んでたら重い腰上げて東北界隈まで車走らせる山行は想像できません。
メイビー、僕が生涯入山しないであろう山域の写真、今後も楽しみにしております。
あぁ・・・それにしても美しすぎるわ〜

追伸 : 夫婦漫才的山行が久しくお目にかからないのですが寂しいなぁ(笑
Commented by slow-trek at 2015-06-19 14:55 x
palletさん
はい、ほんと夢のようなシーンでした
博士山ですか?なんともネーミングからして
気になりますねー、ちょっと調べてみましょかね^^
Commented by slow-trek at 2015-06-19 14:56 x
dahanさん
そうなんですよ
リアルに見てても、絵画の中に迷い込んだかのような・・・
これがねー、カメラの技術があれば、もっと、こう
ねー(涙)
Commented by slow-trek at 2015-06-19 14:58 x
MOMOパパさん
いやー、あのMOMOさんのキュートな愛車だと
少なくとも2箇所はお腹をこすって、鼻先を摺り
きっと下山するころにはボロボロになるかと^^;
木賊温泉側からも入山出来るのですが、そちらも
同じような苦労が必要みたいですね
Commented by slow-trek at 2015-06-19 14:59 x
矢車草さん
ほんと、ここから見る会津駒は雄大ですね
去年はガスガスで何にも見えなかったので感動しましたよ
中門岳ね、あそこ行かないと駒歩いたことにならない!
って親方が言ってましたからね^^;
ぽわぽわシーズン到来です
どんどん、ぽわぽわしましょ^^
Commented by slow-trek at 2015-06-19 15:01 x
GRIさん
そうそう、あの最後の軽い斜面をあがったときの
あの視界の広がりようったら、もうっ!ですね
4年ぶりに開山したお山ですか?それまた興味津々
ぜひともそちらへ!ブログ楽しみにしてますので
あ、もちろんお帰りの際は例の中華ですよね
あそこも気になって気になって♪
あ、湿原2週しましたよ、物好きでしょ^^;
Commented by slow-trek at 2015-06-19 15:02 x
katsu♨ さん
確かにねー、東北なんて我ら関西人にとっては
最果ての地に等しいもんね、だからこそ憧れるのですが

>夫婦漫才的山行が久しくお目にかからないのですが

うっ
これね、別の方からもメールで督促というか催促というか
ありましてですね、でもね、山行ってないのでUPしようが
ないのですよ、ま元気でやってるのでご安心を^^
Commented by ruonick at 2015-07-01 18:03
こんにちは(*^^*)お久しぶりです!
リンク先は気にしないでくださいw
(ブログ始めようとしたけど挫折しました)

ヤマレコの「今話題の記録」で田代山載ってて、見て悶絶しましたっ!
ワタスゲ天国行きたい!!!って(*^^*)
そしたら、スロトレさんも行かれてたんですねー(≧∇≦)
めっちゃいいですね、田代山♡
全くノーマークでした。行きたいなぁ。

今週末は晴れたら会津駒に行こうと思ってます(^^)
Commented by slow-trek at 2015-07-01 23:09
ゆなさん
ほんと、この田代山って、そのカタチと言い
ロケーションと言い、アプローチと言い
そのすべてが、魅力的なお山ですよ
いつかぜひ、ワタスゲの頃にね!
え?会津駒行くの?いいなぁ~^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite