荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

春の山旅、ひとり旅 三斗小屋温泉(後)

b0244811_22564824.jpg

 
■山行日:2015年04月18日(土)-19日(日)
■山:那須三山
■目的:東北の山展望
■ルート:峰の茶屋(08:00)-三本槍(09:50)-熊見曽根(12:50)-三斗小屋温泉(14:00)
     三斗小屋温泉(07:50)-峠の茶屋(09:40)-茶臼岳(10:30)-ロープウェイ

その名の由来が気になる 「煙草屋」 へ入ると、何だか慌ただしい
遠慮がちに声をかけると、たった今ひと組のキャンセルが出たところだと
一泊を快く受け入れて頂いた

どうやらこの小屋、「煙草屋」 今日がまさに小屋開きとのこと
そりゃ小屋の中が慌ただしいはずだ




b0244811_2314364.jpg


ったく、あのじーさんめ、ほんとにそこまで知ってたんだか、どうだか?
まぁ、こうしていつか来たかった三斗小屋温泉に来れたのだ、良しとしよう

小屋の中は、古い温泉旅館そのもので
夕餉の支度の香りさえ懐かしさが漂っている

b0244811_115133.jpg


露天風呂は、女性との入れ替え時間が迫ってるので慌てて用意する
渡り廊下から温泉へ入ると、目の前には、あの気になった稜線

b0244811_2325966.jpg


長靴じーさんに教わった、小さな飯豊だ

なんて素晴らしい展望だろうか

b0244811_23102645.jpg


ドドン、ドーン!

湯上りのビアを開けてしばし昼寝をすると、太鼓の音で目が覚める
それは食事の合図だった、山小屋ごはんは、おひとり様用のお膳に乗って

ぜんまいと干し椎茸の煮物
アマゴの甘露煮
豚の生姜焼き

b0244811_23335519.jpg


そして椀物は、あたたかいお蕎麦

何をとっても、そのひとつひとつが美味しくて
一口食べるたびに頷いて頂いた

b0244811_23141511.jpg


ビアの酔いもあってか、即寝したが消灯後に目が覚めて
星空を撮るためにカメラ片手に露天風呂へ

星空は素晴らしかったが、一組のカップルが入ってて
居心地悪いわ、カメラは出せないわ、泣く泣く3分で撤退(涙)

b0244811_23212430.jpg


ドドン、ドーン!

朝も太鼓の音で宿泊客が広間に集う

b0244811_23314499.jpg


朝食はシンプル、これぞ温泉旅館の朝食だ

大きな窓からは、小さな飯豊が輝いて眩しさに目を細めながら頂く

b0244811_22493239.jpg


  「旨いっ!これ何!?めっちゃ旨いっ!」

こんなにも美味しい温泉卵は今まで食べたことは無く
思わず大きな声で独り言を繰り返した

b0244811_22525971.jpg


お腹いっぱい頂いた後は、三度目の露天風呂
朝陽に輝く峰々を眺めながら、かけ流しを独り占め

あぁ、もう帰りたくない

b0244811_2255321.jpg


歴史ある街道跡にぽつんと佇む温泉旅館を満喫すると下山だ
ルートは避難小屋を越えて峠の茶屋へ向かうメジャーなルート
朝陽に輝く樹林を縫うように、残雪のトレイルを踏んで行く

b0244811_22581222.jpg


避難小屋までは、ユルく登って行くが、そこからは峠のコルまで一気に詰める
峠から振り返ると、今日もまだ黄砂は残ってて、茶臼を踏むつもりも萎えてくる

b0244811_2301611.jpg


でも、ここも火山だ
次はもう無いかもしれない、せっかくだ、ピークを踏んでおこう

でも山頂からの展望の霞み具合に項垂れて
硫黄臭の漂うピークを踏むと、すぐに撤退

b0244811_234579.jpg


下りはロープウェイを使ってサクッと下山だ

三本槍のピストンだと、温泉をあきらめていたのに
ひょんなことから、長靴じーさんに出合い、憧れの温泉に浸かることができ
まだ白いその姿を拝みたかった飯豊は望めず、その代り妙に気になった稜線が
小さな飯豊と呼ばれてるとは・・・

何だか、何かに導かれてるかのような、そんな気がして
また目標となる山が出来た喜びを感じた

b0244811_2372475.jpg


小さな飯豊・・・

流石山、大倉山、三倉山
行こう、必ず歩こう、あの稜線を


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


春の山旅、ひとり旅

そんな風に旅は終わった
by slow-trek | 2015-05-28 00:09 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24531011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジオン at 2015-05-29 22:23 x
小さな飯豊・・・

流石山、大倉山、三倉山
行こう、必ず歩こう、あの稜線を

私も行きたいですう。(^-^)V
温泉も良かったね
Commented by まつおの母 at 2015-05-30 15:14 x
流石山、大倉山、三倉山、好天だと綺麗な稜線の広がる素晴らしいルートらしいですね(*^^*)私はキスゲ目当てに三本槍から下って流石迄行きたいなと昨年行ってみたのですが、結局強風とガッスガスに心折れ断念…大峠から三斗小屋方面を通り帰ってきました。その上小さいけれど勢いのある沢が恐ろしく三斗小屋が見えた時は生還した!なんて思ってしまいました;^_^Aいつかまたリベンジしたいなと思っています♪
メッチャウマイ温泉玉子と極上露天風呂…羨ましい限り!!熊見曽根からのルートまだ歩いていないので今年は行ってみようと思いますo(^▽^)o
Commented by こいけ at 2015-05-31 17:10 x
はじめまして。
夜中の露天風呂で居合わせたカップルです。
居心地悪くさせて、悪うございましたね、プンプンっ!
名乗るほどの者ではないですが名を「こいけ」といいます。
逆から読んでみてください。ガッハッハッ!

さてと、そちらの温泉卵も美味しそうだわ。
こういうのって加減ひとつなんですよね、絶妙なんでしょうね~

大黒屋を絡めて流石山、大倉山、三倉山に行かれる際は教えてくださいね。
その1週間前に同じコースを先取りしてきますので。
Commented by slow-trek at 2015-06-01 22:02
ジオンさん
ぜひまた来てください
温泉は本当に良かったです、ご飯もね!^^
Commented by slow-trek at 2015-06-01 22:12
まつお姉さん
そうそう、長靴じーさんもね、三本槍からね
こっからも下れるが、今は雪が読めないからダメだ
雪の下は沢流れてるべ、みたいなこと言ってました。
下山後にネットで調べるとキスゲを初めとして
花の宝庫みたいですね~、ぜひリベンジしましょ
熊見曽根からは、三本槍が近く見えて、なかなかの
ルートでしたよん^^
Commented by slow-trek at 2015-06-01 22:14
こいけさん
逆から読んで?んもー、ケー子師匠ったら^^;
あのですね、露天風呂に行くには渡り廊下に出るのです
その際に、館内のスリッパからサンダルに履き替えるの
で、そのスリッパが一足だったから、こりゃ男一人だな
と思ってお湯に入ると、一つの影が二つに分かれて・・・
ん?カップル?んじゃ一つの影のときは何してたんだ?
みたいな想像したりすると何だかこちらが恥ずかしくなって
ってか私は今何を書いてるのでしょうか(・∀・)キュンキュン
お先にミニ飯豊歩きますね
マルヒで^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite