荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

雪雫 早春の尾瀬ヶ原(前)

b0244811_19535519.jpg


■山行日:2015年05月16日(土)-17日(日)
■山:尾瀬ヶ原
■目的:今しか観ることの出来ない尾瀬ヶ原湖
■ルート:鳩待峠(11:30)-山ノ鼻(12:40)-見晴(15:00)
     見晴(08:00)-ヨッピ吊橋-山ノ鼻(11:45-13:00)-鳩待峠(14:15)

山開き前、雪解けの尾瀬は一年で最も静かなる時が流れる
そこには湿原が雪解け水で埋まる「尾瀬ヶ原湖」が数日間だけ現れ
至仏山が幻の湖に浮かぶ姿は、尾瀬の自然が創り上げる・・・

そんな感じの文章と、湖に浮く至仏の画像を観たのは
薄暗い図書館の写真集コーナーだった、それ以来その姿が頭から離れず
いつか尾瀬ヶ原を包み込む朝靄に立ってみたい
その想いと重なり、雨予報の尾瀬へと発った



 
小雨が風に吹かれ、車の屋根を叩く中
山開きまでは通行制限が解除されている鳩待峠で待機していたが
11時半、待ちきれずレインスーツを着込んで歩きはじめた

b0244811_207349.jpg


思ったよりも深い残雪は、沢から流れる水でスノーブリッジとなり
夏の観光スタイルじゃ、とても入山は出来ないだろう

止みかけた雨が強くなり、カメラはザックに収める
70分ほどで山ノ鼻、一息入れて歩きはじめる

b0244811_20121546.jpg


さて
ガスに小雨の尾瀬ヶ原、展望は何も楽しめないだろうけど
楽しみには明日にとっておき、今日は黙々と歩こう

歩きはじめこそ木道があったが、徐々に残雪に埋まりはじめる

b0244811_20145192.jpg


上田代では、また残雪が消え始め、木道が現れたかと思うと
雪原は、一気に湖へと姿を変えた

b0244811_20164662.jpg


これが尾瀬ヶ原湖なのか・・・
相変わらず降ったり止んだり、ガスに煙る尾瀬ヶ原

想像したほどの美しさでもなく、少しモチベもダウン
下の大堀川には、可憐な水芭蕉の姿が覗く
なるほど、尾瀬と言えば水芭蕉、その最もメジャーな下ノ大堀だ

  「今の季節の尾瀬は一日で姿が変わるな。それがいいな。うぅむ。」

三脚と大きなレンズを備えた老カメラマンが独り言のようにつぶやく

b0244811_20172810.jpg


老カメラマンに、明日の朝靄を楽しみにして、山小屋で一泊すると話すと
一瞬空を見上げ、そして笑みを浮かべながら、首を横に振り

  「朝靄は無いな。でも明日になると、水も増え花ももっと咲く。うぅむ」

それだけ言って老カメラマンは、すたすたと三脚を担いで去って行った

b0244811_2018022.jpg


朝靄、無いのか・・・
その後ろ姿を恨めし気に見送ると竜宮十字路だ

尾瀬ハイクはこれまで一度っきり、初秋の頃に
ヨメさんと訪れた懐かしき小屋は、今も雪に囲まれている

b0244811_20253188.jpg


竜宮十字路を過ぎ雪原を真っ直ぐに進むと、今日の目的地である見晴だ
なんの予備知識もなく選んだ弥四郎小屋は、見晴エリア6軒の中で最も西より
それは至仏を正面に見据える素晴らしいロケーション

b0244811_20293726.jpg


別館の個室に通され、尾瀬の小屋の特徴である風呂を浴び
雪原の向こうに至仏を眺めながらレストハウスで生ビール

b0244811_2027529.jpg


ソロなオヤジばかり8名がそれぞれ黙々とビールを傾け
春の夕陽に照らされる雪原を目を細めて眺める

思いの外豪華な食事を終え、サンダル履きのまま小屋の前に立つ

b0244811_20302463.jpg


ゆっくりと、ゆっくりと暮れなずむ尾瀬
遥かなる尾瀬が今、柔らかな春の夕陽色に染まってゆく
それは心の芯まで沁みて行くような情景

b0244811_20305193.jpg


陽が暮れた後は、談話室にごろんと寝ころびウィスキー
そして、もう何度も読み返している漫画「岳」を読みふけて夜もふけて

b0244811_20313460.jpg


二日酔いな頭で早朝起きると、夜明けは朝靄なんて全然なくて
あの老カメラマンの表情通り、今日はそんな天候じゃなかったんだろう
雪原の朝靄は、またいつの日かにとっておこう

b0244811_20321256.jpg


十字路に立つと、燧ケ岳から吹き降りる冷たい風に吹かれ
慌ててアウターを着込んで地図を睨む

b0244811_20325564.jpg


老カメラマンの言葉に従って引き返そうか
そして、昨日と姿の変わった湖と水芭蕉の姿を楽しもうか

b0244811_0451981.jpg


それとも、違うルートを歩こうか?
十字路に立って悩みながら、透き通った青空を見上げた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2015-05-21 00:51 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24499227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GRI at 2015-05-21 22:42 x
初春の尾瀬、名物の水芭蕉も見てみたかったんですが、なんせ混雑が・・・
で、22日はまだ鳩待まで行けるし、行こうかどうか考えてたんですが、この記事見て即決、 有給取っちゃいました!
湖は間に合わないかもしれませんが、静かな尾瀬だったら行くってかみさんも・・・
さて、自然は一期一会・・・ 明日の尾瀬はどんな顔なんでしょうね~ (^。^)
Commented by slow-trek at 2015-05-21 23:14
GRIさん
あら、私の記事を観て?有給取得されたのですか?
そりゃ責任重大だ^^;
鳩待峠までは行けますが駐車場代、きっちりと
そしてがっぽりと取られますよ(¥2,500^^;)
でも、静かなる尾瀬は楽しめるかと!水芭蕉は東電小屋
エリアがたくさん咲いてました、ぜひお立ち寄り
くださいませ。鳩待峠から山ノ鼻は残雪がスノーブリッジで
危険個所もあります、先日もおひとり亡くなられてます
どうぞお気をつけて。
Commented by もも at 2015-05-21 23:14 x
こんにちは。スロトレさんには空いてる山がしっくりきますね。なんと唐松岳は八方池山荘8:46山頂11:44とほど同時刻。山頂の混雑に私も早々に下山しました(笑)。GWは至仏山でした。この半月あまりでこんなに雪解けしちゃうんですね。“尾瀬ヶ原湖”初めて知りました。来春また訪れたいくなりました。
Commented by slow-trek at 2015-05-22 22:30
ももさん
あら!同じ日に?しかもほぼ同じ時間帯にですか?
それはそれは~^^あの日は最高の山日和でしたよね
山頂で360度動画を撮ったのですが、ももさん
映ってるかもしれませんね^^
GWだったら至仏も真っ白だったのでしょうね
ほんと一日、一日で姿が変わりますから
尾瀬ヶ原湖、後篇をご覧ください、きっと訪れたくなりますよ!
Commented by mt_kawamin at 2015-06-28 11:45
初めまして
IGやお友達のBlogでお名前拝見したことあったんですが
こちらへは今日初めてこさせて頂きました。
暮れなずむ尾瀬ヶ原
なんともいえない優しい夕暮れの空にウットリです。
素晴らしいですね。
この時期の尾瀬には来たことないので
知らない尾瀬を教えて頂けてラッキーでした。
尾瀬ヶ原湖もまた。
また寄らせて頂きます♪

Commented by slow-trek at 2015-07-01 22:31
mt_kawamin さん
こちらこそ初めまして
センスの光るブログはたまに拝見させて頂いてますよ^^
この時期の尾瀬、私ももっと早く訪れたかったなと
今回しみじみと思いました、来年は、もう1週間?
くらい早めに来れたらな、なんて贅沢なこと企んでます
mt_kawamin さんもぜひ、尾瀬ヶ原湖を♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite