荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

春霞に浮く頂き 残雪の白根山

b0244811_20192550.jpg


■山行日:2015年04月12日(日)
■山:日光白根山
■目的:北関東最高峰360度大展望
■ルート:ゲレンデトップ(09:20)-奥白根(12:00-13:00)-ゲレンデトップ(15:00)

北関東最高峰である日光白根
一昨年5月、GW明けに開通したばかりの金精峠を越えて
菅沼から残雪踏み抜き地獄を味わいながら登った

あの時見渡した360度の展望
燧、会津駒、至仏の尾瀬エリアから日光連山はもちろん
居合わせた登山者に「あの遠くに見える真っ白なのが飯豊連峰だ」
そう教えて頂き、遥か峰々に想いを馳せた

自分のミスで画像データを消去してしまったあの日の展望をもう一度
そう願って丸沼高原へと





b0244811_0462121.jpg


天空の足湯、そんなオーバーなネーミングのゲレンデトップから
つい2週間前に登ったばかりの上州武尊を望み
もうここでもいいか、なんて一瞬考えてしまう
それほどゲレンデトップからの展望は素晴らしい

それに・・・

b0244811_044795.jpg


意気込んでやって来た上州の空は春霞、そして黄砂
しかも予報では午後から下り坂

なんだかなぁ

いやいや、こんな所で負けてどうするよ
目の前に白根が壁のようにそそり立ち、オレを呼んでいる
さ、行こう

b0244811_048441.jpg


登山口となる鳥居を越えて、神社で手を合わせて歩きはじめる
日陰は涼しくて歩きやすいが、陽のあたる場所では暑すぎて
頭の中で水分の量を計算しながらの歩き始め

b0244811_0543826.jpg


背の高い針葉樹林の中を縫うように進むと
樹の間から白根のドームが現れる

こんな息を呑むような一瞬が好きだ
どうだ、この荒々しさ
まさに溶岩ドームじゃないか

b0244811_0565475.jpg


トレイルは長い長いトラバース
樹林とルンゼを何度か繰り返しながら緩やかに登る
西方向には上州武尊がときおり姿を見せてくれる

b0244811_0592158.jpg
b0244811_0594388.jpg


まだ雪深いルンゼ越えは、やや危ないが
ドームの一辺と思われる尖がりが気になり
何度も足を止め、見上げながら進む

頭上にばかり気を取られていると
目の前にやや大きめのデブリが・・・

b0244811_125049.jpg


これが、歩いてるときに起ったら、このレベルでも
きっとカラダごと流されてるだろうな・・・

b0244811_143512.jpg


トラバースの足元には、武尊から谷川連峰が広がるが
春霞と黄砂で空の色はどんどん黄ばんで残念

きっと、憧れの飯豊連峰なんて
その影すら見えないだろうな・・・

b0244811_161057.jpg


長い長いトラバースが終わり、直登となったところで外国人とすれ違う
フランクな挨拶に思わずどこから来たのか尋ねると
正確な標準日本語で 「カナダのバンフからです」 とのこと
彼いわく、「ニッポンのヤマはグレート!」
お世辞でもそう言われると嬉しくて、固いシェイクハンドで分かれる

b0244811_1143243.jpg


さて、ここからが最後の詰めだ
残雪が風に飛ばされ、凍った岩がむき出しな面をアイゼンでガシガシ登る

b0244811_118450.jpg


シャーベット状態と、岩、踏むたびに違う反応に足首が悲鳴を上げる

b0244811_22221030.jpg


ガツガツとアイゼンを効かせながら詰め、ふと前を見上げると
突然、男体山の頭が

b0244811_22272216.jpg


期待していた360度の展望は春霞に隠されて
今、自分が立っているピークだけが浮いているようだ

ま、仕方ないさ、憧れの飯豊連峰
それは遠望ではなくて、行けばいいのだ、そこへ、行けばいいのだ

b0244811_22264646.jpg


燧ヶ岳
至仏山
会津駒ヶ岳
上州武尊と谷川連峰

目視できるピークたち
その反対方向、遥か遠くにある峰々に想いを馳せる

飯豊連峰

今年、そこへ行けるだろうか
いや、行こう、今までもそう決めた峰は踏んで来たじゃないか

ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


まるで、睨んでいるうちにその姿が現れるような気がして
下りのリフトぎりぎりの時間まで、一人
春霞に浮く白根の山頂に立っていた
by slow-trek | 2015-05-12 23:19 | 関東甲信越[苗場・浅間域] | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24466456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mame at 2015-05-13 10:10 x
こんにちは。
春霞と残雪と、すっきりとは青くない、でも晴れの山。
この季節の山もいいものですね。
日光白根山、何度も登った大好きな山です。

東北に住んでいると、「地元の山?それよりアルプスへ!」
とついつい意気込んでしまいます。
でも最近東北ならではの良さと楽しみ方がだんだんわかってきました。
だから東北の山に思いを馳せてもらえるとすごく嬉しいのです♪
飯豊、ぜひおいで下さい!朝日も、裏岩手も!ぜひぜひ(笑)
Commented by slow-trek at 2015-05-13 22:38
mameさん
ま、自分の地元の良さって気付いてなかったり
って、誰でもありがちですよね。私は西日本で生まれ
育ったので、東北ってすごく惹かれるのです
一言で表すと「遥かな地」なのです、今こうして上州に
住み付いてても、それは変わりません
(って、伝わりませんよね~)
裏岩手、ですか・・・、もう、なんですかそれ
めっちゃ惹かれまくりですよ、あぁもう^^;
Commented by bphiro at 2015-05-15 20:59
(^_^)
こっちの山系は良いですね!

僕も行きたい山域は一杯あるんだけど、なかなか時間的問題で今は行けないのが歯痒い…………囧rz
谷川連峰も、もう昔からBCでお誘いもらっても、その度に調整出来なくて何度パスした事か(´・_・`)

スロさんの写真見させてもらって行った気になってます!
Commented by slow-trek at 2015-05-15 23:43
hiroさん
hiroさんのネットワークは日本全国に
繋がってるので、関東だろうと東北だろうと
いつかそのうち、チャンスが訪れますよ
そのときは、おこぼれ頂戴っ^^
Commented by cyu2 at 2015-05-16 09:44 x
裏岩手と言う言葉を聞いたら黙っていられず出てきてしまいました(笑)
勝手に岩手宣伝係長の私から、ここなら少しだけアドバイスのお返しが出来るかもと思い貼らせて頂きます。
大深温泉オンドル小屋、お湯も雰囲気も最高です。

http://blog.goo.ne.jp/cyu2xxx/e/ec1263a5b5cd0e965f4c0060c52f30ed
時間のある時にでも見てくださいな(*^。^*)
Commented by ルネオバ at 2015-05-17 09:40 x
そうそう!ロープウェイの途中から少しずつ顔を出す山頂、
山頂駅から見上げると、恐ろしいほどにそそり立ってるのよね!
その荒々しい岩山にちょいと引いたのを覚えています。
体調を崩してた時期。
こんな時でもないとアルプス通り越してそちらの山になんて行けない・・
と、いくつか日帰りの山をチョイスしました。
下山後、金精峠を越え記憶の中の風景を求めて夕暮れの中禅寺湖畔をぶらぶら・・

あ、あ、ごめんなさい・・
つい、自分の想い出に浸ってしまいました・・ (>ω<;)

スロトレさんのレポは、その時の想いがストレートに伝わってきて、
つい、自分の記憶とリンクしてしまうのです(^^ゞ
飯豊、行けるといいですね!
裏岩手・・って言葉、初めて知りました。
いいな~・・
Commented by slow-trek at 2015-05-18 19:32
cyu2さん
うんもーcyu2さん
この記事はもう3度目なのに^^;
しっかりと拝読させて頂きました
遠征する際は、岩手ちゅーりずむに
いろいろサポートお願いしますね^^
Commented by slow-trek at 2015-05-18 19:32
ルネさん
あぁ、山を自由に歩けなかった、あの頃のことですね
だからこそ、いろいろ感慨深いのでしょうね
こんな記事でも、そうしていろいろ記憶の旅の
お手伝いとなれば嬉しいです^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite