荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

9月の穂高 涸沢、夏残る

b0244811_23253388.jpg


■山行日:2014年09月06日(土)-8日(月)
■山:北穂高
■目的:ナツヤマ
■ルート:BT(08:00)-涸沢小屋(14:30)
      涸沢小屋(08:00)-北穂高(12:30)
      北穂高(05:45)-BT(15:30)
  
どこでも良かった
人が多くても、賑やか過ぎても良かった
いや、そんなところに行きたかった

週末の度に訪れる雨雲を、恨めし気に見上げているうちに
過ぎ去って行った夏は、あきらめの夏

このまま秋になるのも少し寂しくて
眩い陽射し、暗く蒼い空に湧き上がる雲、缶ビールを開ける音、遠くの雷

そんな夏山の喧噪、その名残だけでも感じたかった
夏をあきらめきれなくて

9月の穂高へ
 



b0244811_23152865.jpg


朝8時前、人気の無い上高地BTに降り立つ
この数年、9月の初めになると、こんなものだな
登山者の波は、混乱の8月を過ぎると、あとは狂乱の秋の連休を待つだけだ

b0244811_23213528.jpg


今日は一気に北穂まで届くだろうか・・・
いやムリだろうな今の自分では

涸沢まででいいじゃないか
何度かテン泊はしてるけれど、初めてヒュッテにも泊まるのいいじゃないか

となると、のんびり散策だ

b0244811_23162325.jpg


木漏れ日の小梨平
朝露に濡れる徳澤園

b0244811_23344428.jpg


通り過ぎる風は乾いてて、まだ夏の余韻

b0244811_2318219.jpg


明神岳を見上げながらいくつかのカーブを過ぎ
横尾で一休みすると、もうビールが飲みたくなるが、ここは我慢

針葉樹林の間を縫いながら少しづつ高度を上げる

b0244811_23204596.jpg


このルートは、何度歩いても、涸沢ヒュッテが見えてからが長い

途中の沢の流れで顔を洗い、頭から水を被り、冷たさに悲鳴を上げる
これだ、こんな夏を感じたかったのだ

そう感じると、あの長雨の日々が、また恨めしく思える

b0244811_23282754.jpg


ヒュッテで手続きを済ませると
楽しみにしていた生ビールだ

b0244811_10283627.jpg


冷凍して持ってきた焼き鳥を焼いていると、その煙と香りに誘われて
隣の学生らしきグループが騒ぎ始める
焼き鳥と、彼らのもつ鍋を交換しながら、ビールは進む

b0244811_10421379.jpg


見知らぬ者同士が、山小屋のテラスで乾杯
いつものように、わいわいと盛り上がったかと思うと
渓谷からの緩やかな風に、ふっと静まったり

b0244811_547082.jpg


でも、会話が途絶えても、そこには穂高がある
何も言わず、峰を見上げては、頷きあい
またぞろ登山話に戻る

b0244811_10402913.jpg


夏をあきらめられなくて集った者たちを
ガスに煙る穂高の峰々が笑う


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2015-05-04 08:40 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24392052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite