荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ごめんよ富士山 三つ峠山

b0244811_1293035.jpg

 
■山行日:2014年02月14日(土)
■山:三つ峠山
■目的:富士山どっかーん的大展望
■ルート:登山口(10:00)-三つ峠山(11:40-12:50)-登山口(13:50)

なんだか突然、富士山を拝みたくなった
週末の天気予報は関東南部はいつものように晴天だ
じゃ、軽くサクサクッと富士山を拝めるところにしよう

何も考えずヤマレコを斜め読みしてると
目的にぴったりなお山があった

よし、ここだ、それもお気楽な北面からのルートとしよう
ほんの5分ほどで決めると圏央道から中央道は河口湖方面

三つ峠へ向かった




b0244811_2104329.jpg


途中高速の分岐に戸惑ったりでロス
早く歩いて早く帰ろうと決めていたけれど、まぁ仕方ない
なにぶん、イナカ者なのだ、関東エリアは全然慣れていないもの

つるっつるに滑る林道を峠まで行くと、狭いスペースに駐車
15分ほど歩いたところが、清潔なトイレがある登山口だ

b0244811_2114565.jpg


ヤマレコには、何の面白味も無い林道歩き、とあったが
まさにその通り、狭い折り返しにジープが乗り捨てたように
雪に埋もれているのを二度ほど見かける他は、観るものも無い

それでも徐々に高度を上げてゆくと、視界が広がり
周囲の稜線が見えるようになると、ちょっとした分岐
地図で見ると、四季楽園か三つ峠山荘、どちらから行くかだけの違い

b0244811_2121692.jpg


右ルート、三つ峠山荘から回り込んで行く
と、すぐに富士山どっかーんだ

それは、あまりにも、どっかーん過ぎて、その大きさに改めて感動はするが
何と表現すればいいだろう
あ、やっぱり富士山だ、こんなにも大きいんだ
それ以外、何か湧き上がってくるようなものは無かった

b0244811_2182746.jpg


山荘前で、しばし富士山に対峙すると
ちょっとした雪原をザクザク歩いて、四季楽園に向かう

いきなり風の塊がごうと唸りながら襲ってくる

なんだこの風!

もうすぐそこに三つ峠山と、木無山が見えている
たったこれだけの距離だけど、この強風の中歩く?
それに、三つ峠山ってアンテナだらけだし
正直、ちょっと萎えてたけれど、ここまで来てピーク踏まない手は無い

b0244811_2152084.jpg


何と言っても素晴らしい展望が待ってるじゃないか

富士山?

いや、南アルプス連邦だ

あまりの強風と、その冷たさにオーバーグローブを着けてピークへ
そこからの富士山は、やはり富士山でしかない

b0244811_2165460.jpg


それよりもどうだ、南アルプス連峰の山深さと言ったら!

このロケーションで富士山と違う方向に向いている登山者は他に居ない

b0244811_2174234.jpg


  はい?カメラ撮ってくれるんですか?

大声でないと会話もままならない程の強風の中、おじさんにカメラを渡す

  いやいや、そっちじゃなくて、こっちをバックで、あ、いやだから・・・

何故に富士山を背景にしないんだ?こっちだろ?と手ぶりで示すおじさん

b0244811_21977.jpg


結局コミュニケーションは成立せず、ワケの分からない一枚に(苦笑)

b0244811_2194077.jpg


四季楽園前のテーブルで、利用料300円払ってランチ
じじばば軍団に囲まれてカレーうどんを作ることになる

三つ峠山荘への雪原からも、後ろ髪惹かれる想いは南アルプス

b0244811_220740.jpg


あぁ、今年こそ、必ずあのどこかのピークを

そう誓って下りはじめた

お土産屋さんのような山荘、アンテナばかりのピーク
裾野には一大観光地・・・分かってはいたけれど
ここは自分が来るところじゃないな

こんなにも立派な展望が無くても
例えば奥日光の名も無き森の中を一人彷徨う
そんな山行が自分には合っている

b0244811_2204626.jpg


そんなことを思いながら峠を下る車窓から最後に見た富士山は
今日一番美しい姿、でもなんだか少し不機嫌な表情で雪煙を上げていた

ごめんよ富士山


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


 
by slow-trek | 2015-03-15 02:38 | 関東甲信越の山 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24244084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bphiro at 2015-03-15 08:34
(^_−)−☆
最初のjeep、スロさんのかと思った…………

でも、スロさんのUPするレポはいつも良い天気で良いですね(^_^)v
天候悪い時のレポはUPしてない?
予報見て悪そうな時は行ってない?

大峯や台高では、よくえれぇこったウェザーのレポもあったような…………(~_~;)
Commented by cyu2 at 2015-03-15 16:45 x
うひゃひゃ。
良いですね、良い一枚ですね、中途半端な立ち位置の一枚。
ちぐはぐな会話、想像するだけで大笑い。
山あるあるですね。

ここでしたか、拍手喝采のカレーうどんSHOW

三つ峠は良いお山ですよ、夏は高山植物の宝庫です
またきてねん♪

Commented by slow-trek at 2015-03-18 00:36
hiroさん

>天候悪い時のレポはUPしてない?
>予報見て悪そうな時は行ってない?

まさか~、例えば2月1日の氷瀑の記事見て下さいな
暗雲たちこめ、ほぼ一日中、小雪が舞ってましたよ^^;
ま、一つ言えるのは、広範囲なエリアをカバーできる
ってことでしょうか。日本海側がダメなら、東北
それでもダメなら南関東、ってなカンジで気楽に
晴れ間を追って脚を伸ばせる所にいるからでしょね
幸せ者ですよ、ええ^^

Commented by slow-trek at 2015-03-18 00:38
cyu2さん

>山あるあるですね。

そうなの。もうね、風が凄くて会話出来なくて
身振りだけでしょ?何度も、え?こっち?
いやいや、こっちで!とか^^;
で、これでしょ、何やってんだかもぉ^^
そですか、高山植物もあるのですか
でもやっぱり、もっと静かなところがいいかなぁ^^
Commented by ゆな at 2015-03-18 01:28 x
なんと!!!
この翌日に三つ峠に行ってました!
1日違い!惜しいーっ!!!
私ならちゃーーんと、南アバックにスロトレさん撮るのに(^^)
ちなみに、朝焼け目当てでナイトハイクしましたが、ほとんど焼けず残念すぎました(^_^;)

スロトレさんの言ってること、わかる気がしますー!
富士山より惹かれるのは南アルプス。。。私が行った日は見えませんでしたがw
とりあえずソロで行く山じゃないですっ。
ここはワイワイと行きましょー
Commented by pallet-sorairo at 2015-03-18 22:24
こんばんは
スロトレさん、三つ峠で一番つまらないルートを行くんだもの。
それでこの評価は三つ峠君にかわいそう。
確かに山頂のアンテナ群はいただけないし、
スロトレさんのように哲学的?に山を歩くひとには向かないけど。
私のお勧めは北口登山道。
ここは三つ峠の登山道中、たぶん一番ひとが入らない。
次に行くことがあったら…って、たぶんもう行か(け)ないですよねぇ。
転勤なのかしら?
Commented by slow-trek at 2015-03-19 00:31
ゆなさん
あららら、そうでしたか
それは、それは、今回こそニアミスでしたね!

>とりあえずソロで行く山じゃないですっ。

なるほどね、それ分かるような気がしますよ
ヤマレコのお二人ラブラブ画像が、なんとも癒されます^^
Commented by slow-trek at 2015-03-19 01:02
palletさん
いえいえ、この三つ峠君の評価が低いってわけじゃないですよ
富士山よりも南ア展望の方がインパクトがあったと
それを記しただけですよ^^
それよりも!お奨めの北口からのルート!都留市のサイト
チェックしました。これは素敵ですねー、正反対に私の
大好きな感じです!七福滝?山賊の隠れてた熊の穴?
何ですか、この秘境感、しかも「単独での登山・初心者の方
の登山はご遠慮ください」だって、めーっちゃ気になって
来ました(我ながらゲンキンだなー^^;)
お察しの通り、どうやら転勤するはめになりそです
またぼちぼちと報告しますね^^
Commented by pallet-sorairo at 2015-03-19 22:00
こんばんは たびたびごめんなさい。
あのですね、都留市のあれはずいぶんオーバーです。
初心者にほかのコースと同様のつもりで入られると確かにナンなので
注意を喚起しているのだと思います。
ですが、スロトレさんが期待してゆくと??かもです。
まっ、スルーしてくださった方がよいかと(^^ゞ
※Reコメントお気になさらずに。
Commented by slow-trek at 2015-03-19 23:30
palletさん
なるほど、都留市は少し盛って表現してるのですね^^;
ゆなさんや、cyu2さんの情報と併せて
ちょいと気にしておきますよ^^
どうも、ありがとうです♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite