荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

氷瀑へ 奥日光庵滝

b0244811_2227555.jpg


■山行日:2015年02月01日(日)
■山:奥日光庵滝
■目的:氷瀑
■ルート:赤沼茶屋(09:00)-弓張峠(10:30)-庵滝(11:30-13:00)-赤沼(14:30)

奥日光には人知れず流れ落ちる滝はいくつもあるそうだ
それは四十八滝、更には七十二滝とも称されるほど
そして、そのほとんどは地図にルートが記されていない

中でも最もポピュラーな雲竜渓谷は2年前に歩き
氷瀑のスケールに圧倒されたが、同時に人だかりの多さに辟易してしまった
今回狙うのは、地図にルートが無いので、多少は人も少ないだろう

森の奥にひっそりとある、そんな滝の凍る姿を求めて奥日光へ




b0244811_22294353.jpg


天気予報に反して、薄曇りの中
凍結路面を走って赤沼茶屋へ着くと、最後の一台分スペースに滑り込む
北関東へ単身赴任して三度目の冬、一昨年よりも去年、そして
去年よりも今年と、このシーズンの奥日光入山者は確実に増えている気がする

スノーハイク装備で戦場ヶ原へ消えてゆく団体さんの喧騒が消えた頃
ひとり、そろりと歩きはじめる

b0244811_2235584.jpg


スノーシューのトレースが凍ったトレイルを小田代ヶ原へと向かう
空気の冷え込みは頬が痛いほど

展望台を過ぎ、鹿・熊避けケージを越えて林道へ出る頃には
ときおり顔を見せた青空も完全に消え去り、日本海からの雪雲に覆われる

b0244811_2237509.jpg


林道を弓張峠へ詰め、西側へ下ると、ヘアピンカーブにある小さなゲートが取りつきだ
ここから、外山沢に沿って詰めてゆくわけだが、当然沢は雪の下
指標どころか赤テープすら無い

b0244811_22402845.jpg


今日は、結構な人数が入っているようで、トレースもしっかりと刻まれてるので
どうにかそれに従うが、こんな薄暗い天気でノートレースだと引き返しただろうな

いったい何メートルあるのだろうか
背の高いカラマツの間、ときおり小雪が舞うトレースを黙々と追う

b0244811_22424121.jpg


きっと無雪期は、緩やかな広い沢が流れてるだろう
カラマツ林が消えた頃、視界が広がり西方向に稜線が見え始めた
前白根山か、白根隠山あたりの前衛だろうか

b0244811_22434251.jpg


小さなピークや白根に続く稜線、これはどこまで続いてるんだろうか
なんて、今更ながらこのエリアの深さに圧倒される

トレースのわりに人気を感じず、妙に静かだと思っていたが
地図で見ると、緑沢と庵沢、二俣になる辺り、谷間に人声が響き始める

b0244811_22464085.jpg


と、突然森の奥に怪しい光り

氷瀑だ

それは、ふいに現れた
なんてドラマティックな登場だろうか

b0244811_22474440.jpg
b0244811_2248213.jpg


雲竜のスケールに比べると、比較にならないほど小さな氷瀑
そう聞いていたけれど、なかなかどうして
立派な氷瀑じゃないか

b0244811_22485985.jpg


それに、こんなも薄暗い空の下
まるで奥日光の光を全て集めたかのようなアイスブルーが輝いている

b0244811_22495567.jpg
b0244811_22502285.jpg


神秘的とまでは言わないが
こんなにも森の奥
人知れず凍り付いた滝が、碧く輝いている姿は
まるで何か語りかけているかのように魅せてくれる

b0244811_22514190.jpg


20分ほど氷瀑に魅せられて
すっかりカラダは冷え切ってしまう
大げさだけど、低体温症にでもなったかと思えるほど指先、爪先は凍ている

b0244811_2252405.jpg


氷瀑から逃げるように、スノーシューで駈けて降る
少しカラダが暖まった頃、広い河原の木陰でランチ

お湯が沸く頃には小雪が吹雪へと変わり
下って行く人たち皆が、不思議そうに観る中うどんを茹でる

b0244811_22534055.jpg


吹雪の中、もうもうと湯気を上げて頂くうどんは美味しくて
しかし我ながら、こんな吹雪の中何やってんだか
そりゃ人も立ち止まって見て行くよ

b0244811_22541294.jpg


小田代まで戻った頃には雪も止み、少し空も明るくなる
やはり奥日光、ここを境に二つの天気があるのだ

b0244811_23204749.jpg


もう人気の無い赤沼駐車場から湯元へ移動すると
白根が見えるお気に入りの温泉に浸かりながら
あの麓の森の中、今も鈍く輝く滝が人知れず凍り付いてる姿を想う

b0244811_23215046.jpg


男体山の影すら見えなかったほど薄暗く冷たい一日だったけど
また一つ奥日光の山深さが好きになった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2015-02-27 00:19 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24181789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジオン at 2015-03-02 21:14 x
素敵な氷瀑、、いいなあ、、。

しかし、、それよりも
男体山と聞いただけで、涙が出てきそうです、、。
良いですね、、奥日光。
今年こそは登りますぞー (^0_0^)
Commented by 魚屋 at 2015-03-03 23:39 x
惹かれる写真です。
氷結具合が関西と違いますね。
氷の色がいいです。
Commented by slow-trek at 2015-03-05 22:48
ジオンさん

>男体山と聞いただけで、涙が出てきそうです、、。

よほど悔しかったようですね^^;
私も、今年こそはね、狙ってますよ
出来たら縦走とか?してみたいなぁなんて
お互い頑張りましょね
Commented by slow-trek at 2015-03-05 22:50
魚屋さん

関西も関東もないと思いますよ
関西でも、大峰の’シェークスピア’と称される氷瀑は
それはそれは見事なスケールです
(って、私は行ったことないのですが^^;)
でも、まぁ、どこにしても青空の方がいいですよね
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite