荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

たどり着いたらいつも薄曇り 観音峰

b0244811_22344692.jpg


■山行日:2015年01月02日(金)
■山:大峰山系:観音峰
■目的:大峰大展望
■ルート:登山口(09:50)-観音峰(12:50)-ランチ-登山口(15:00)

元旦にはお昼前に思い立って金剛山へ初詣だった
あまりの寒さに凍えた一日を終え、さぁて二日はどこへ
やはり大峰山系を歩きたい、もちろん大展望を求めて
よし、じゃ天和山だ、天気予報は今ひとつでも
弥山から釈迦ヶ岳まで見渡せられる、あの山へ!

なんて意気込んで、山仲間LINEグループへダメ元で誘ってみたが
例によって喰い付いて来たのはルネさんだけ
・・・・なんだか、皆さん、もう山は歩かないの?寂しい限り



b0244811_22405519.jpg


某道の駅で待ち合わせて黒滝方向へと進むが
天和山の地図を忘れたことに気付く
二人とも知っている山ではあるが、今は雪山だ、嘗めてはいけない
ってことで、急きょ行先変更
この時間で、この方向だと、観音峰しかないだろう

b0244811_22423925.jpg


全員意見は一致で、ってか二人だけど
観音峰駐車場は、結構な台数で既に埋っていて人気が窺える

橋を渡って九十九折れ
杉の植林も、その合間から挿しこむ冬の光は何だか懐かしい

b0244811_22431359.jpg


一瞬だけ南東方向に展望が広がる場所を教えてあげようとするが

 「あぁ、あの、ちょっと登山道から外れたとこね」

さすが大先輩のルネさん、よく御存じ
この場所から望む峰々の姿が好きなのだ

b0244811_2244357.jpg
b0244811_2244256.jpg


四阿で小休止して、アイゼンを着けようと言いながら
結局は二人ともノーアイゼンで歩き続ける

b0244811_23152448.jpg


一瞬だけ青空が広がると、カメラを手に空に伸ばし
すぐに暗くなる空に落胆し、また青空に歓声をあげて

b0244811_2246192.jpg


観音平に着く頃には、想像通りの曇天
そう、冬の観音峰は、たどり着いたらいつもうす曇り

b0244811_22472343.jpg
b0244811_22584775.jpg


いいさ
この、どす黒い雲の下で、鈍く輝く姿、これも大峰の魅力だ
あの雲の下に、あの森が、あの川が、あの小屋が、ひっそりと音も立てず雪に埋もれてる
そのしんしんとした静けさを、ここで感じるだけ、それだけでいい

b0244811_22481597.jpg


ザクザクと先を行くルネさんに続いてピークへと向かう
思い起こせば、この観音峰、ピークまで歩いたのは
初めて歩いた日、それも初めてアイゼンを着けたあの日以来だ

b0244811_2249380.jpg


そんなことを想いだして話してると、ルネさんいわく
ピーク直下の樹林に霧氷が着くと、それはそれは美しいとのこと

b0244811_22494490.jpg


なるほど、今日の曇天は残念だけど
背の高い樹林帯は薄らと霧氷が着いて美しい

b0244811_235927.jpg


ピークには二組、5名ほどが居てランチタイム
皆さん、寒そうだ
ここでは、ゆっくりなんて出来そうにない、一気に四阿まで下りましょう

b0244811_22503337.jpg


そう決まると早いもの
結局ノーアイゼンで、ドカドカと雪を踏み抜いて駈け下りる

b0244811_2251055.jpg


何が嬉しいのか、いいオトナが、粉雪舞う中を
ケラケラ笑いながら駈け下りる
楽しい、なんて楽しいのだろうか、雪山って

今さら?
可笑しいかい?

b0244811_22514836.jpg


四阿では、例によってルネさんお手製ランチを頂く
いつもいつも、ありがとう
お肉に、揚げさん、人参、椎茸、出汁巻きに、カマボコ、えーっと、あと何だったっけ
いっぱい具の入った、五目うどんで、ほっかほかに暖まる

b0244811_22522759.jpg


それはそれは美味しくて、心の底から暖まったけれど
食べ終わる頃から、小雪は霙まじり、そこに横風で、突然の荒れ模様

b0244811_22525947.jpg


樹林の中、全身霙に打たれながらも、正月からこんな風に、まるで逃げるような下山に
自然と笑いが込み上がり、それがいつの間にか伝染したようで
二人笑いながら駆け足で一気に下りきった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



こんな少しの雪山でも、こんなにも嬉しくて楽しくて

今年最初の雪山が大峰で良かった
いつもの山友と一緒で良かった
by slow-trek | 2015-01-16 23:47 | 近畿[大峰山系] | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/24018447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆな at 2015-01-17 18:15 x
いい山始めでしたね(≧∇≦)
観音峰、、、私も大好きです♡
展望台からの雪景色は絶品ですよね(^^)
ここでDさんと初めてお会いしたんです。

曇り空からの青空って歓声あげちゃいますよね(^^)わかります(*^^*)
天気が悪くたって気の合う山仲間となら楽しいですねー♪
しかもこんなおいしそーなランチ!!!いいなぁー

私も奈良日記書いたので、おヒマな時によかったら読んでやってください(*^_^*)(名前から飛べます)
Commented by dahan at 2015-01-17 23:28 x
雪の大峰エエですね。
そんなに急いで下りなくても
法力から稲村ヶ岳を目指すっちゅう手もありますやん^^

Commented by ルネオバ at 2015-01-19 12:37 x
↑あ、ほ~んと、dahanさんの言うそんな手があったとは!
とんと思いつかず・・
稲村もついでに登ればよかったよね~
・・・って、ええ加減にせえ!・・って?(汗)

誘ってもらわなければ、寝正月で一日終わるところでした。
どんより雪雲の日もエエよね~大峰は・・・
あれ?・・でも・・よくよく考えてみれば今まで、
スロトレさんと冬の大峰、全~部ど~んより?だったような?
一度は青空どっかーーん!
霧氷が眩く煌めいて・・
・・なんて目指しましょ!また誘ってね!
Commented by cyu2 at 2015-01-19 14:58 x
相変わらずカッコエエですね、スロさんの書くストーリー
写真も文章も引き込まれます。

で、
>何が嬉しいのか、いいオトナが、粉雪舞う中を
ケラケラ笑いながら駈け下りる
楽しい、なんて楽しいのだろうか、雪山って

全く同感です。私も何度も経験あります。
なぜか雪の中にいるだけで思い切り笑えちゃうんです 楽しいんです
白い雪の魔法ですかね(*^_^*)

Commented by slow-trek at 2015-01-21 00:22
ゆなさん
そうそう、こんな天気だからこそ
ほんの一瞬の青空が、それはそれは特別美しく想えます
D師匠、今年も新年会でお会いしました
相変わらず、超お元気^^;
ゆなさんの奈良も楽しそうでしたね!
今年はお姉さんの小屋、ぜひ行きたいと思ってます^^
Commented by slow-trek at 2015-01-21 00:23
dahanさん

>法力から稲村ヶ岳を目指すっちゅう手もありますやん^^

あ、そーだった
何で思いつかなかったのやらん
って、もうそんな力ありませんって^^;
Commented by slow-trek at 2015-01-21 00:25
ルネさん
そーなのね
でも、それ言ったらアカンと思って今まで
胸の奥にしまっていたのですが・・・
何故にルネさんとの大峰は、こんなにも曇天続き^^;
ま、そのうちにね!
またぜひご一緒させてくださいな
Commented by slow-trek at 2015-01-21 00:27
cyu2さん
ストーリーも何もアナタ^^;

>なぜか雪の中にいるだけで思い切り笑えちゃうんです 楽しいんです

ぜんぶ雪のせいだ

ね^^
Commented by 山好き山さん at 2015-01-24 16:00 x
こんにちは、自分も山が大好き者です。
同じ山好き仲間と一緒に使えるLINEスタンプが欲しく「山好き山さん」を作りました。
覗いて見て頂けたら嬉しいです。
ぜひ仲間と一緒に使って広めて下さい!
突然のコメント失礼致しました。
http://line.me/S/sticker/1056221
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite