荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

そうだ京都、行こう 晩秋の嵐山

b0244811_21193682.jpg


仕事を終えて、ふと気づくとヨメさんからLINEメッセージが4件

 お父ちゃん、連休やで~
 なぁなぁ、今週な?連休やろ?休みやろ仕事?
 えー、まだ仕事ちゅーなん?
 お父ちゃん、連休やねんで?帰って来ぇへんの?

ちなみにヨメさんのように「帰って来ぇへんの?」と入力するには
標準語の「帰って来ないの?」よりも二度手間、三度手間になる
なぜなら、けぇへん→来ぇへん、なんて関西弁変換機能は世に存在しないのである
しかし三度手間であったとしてもだ、、自分の口語体を崩してまで
標準語を使う気なんて、さらっさら無いのが、ネィティブ浪花オンナであるヨメだ

もっと言えばこのメッセージに「帰れないよ」なんて返信しようものなら

「お父ちゃん、きっしょいわぁ、魂売ったなー!」 となる

この「きっしょい」は「気色悪い=気持ち悪い」であり
大阪で「魂売った」とは、それは関西人が標準語を用いた際、または
関東文化に沿った言動をした際に「東京に魂(ソウル)を売った行為」と見なされ
最上級の非難として声高らかに投げつけられる言葉である

 分かった分かった、頑張るけど、最悪は帰られへんかもしれんぞ

魂売ったと非難されたくないので「帰られへん」と二度手間変換で応じ
ってか、何の記事を書こうとしてるんだオレ?

そんな、こんなで、三連休の話だった




b0244811_21205088.jpg


この連休もヨメさんからのリクエストは、毎年春と秋好例の京都散歩

そこで二つの提案

 1.伏見で稲荷神社の紅葉と酒蔵巡り
 2.嵐山から嵯峨野を神社仏閣散策紅葉狩り

するとヨメさんの答えは、酒蔵を蹴ってまで2だった、信じられない

  「えぇやんか嵐山、もう何十年も行ってへんで?」

b0244811_21214020.jpg


何十年も?あれ?ヨメさんと行ったことあったっけ・・・・
いや、ここはハナシを合せておかなければ

  「あのとき乗ったやんボート?あれまだあるやろか?乗れへん?お父ちゃん?」

ボ、ボー・・・ト?嵐山で?ヨメさんと?オレがぁ?
うぅーむ。乗ったのだろうか、漕いだんだろうか、まったく記憶なし
って言うか、ヨメよ、勘弁しておくれ、もうこの歳でカップルボートは

b0244811_21222827.jpg


  「あの頃は若かったなぁ、お父ちゃん、まだ手繋いでくれててんでぇ~」

ん?んん??
ううーむ。手を繋いで歩いたのだろうか、ヨメさんと?まったく記憶なし
って言うか、ヨメよ、勘弁しておくれ、もうこの歳でお手々繋いでは

  「ひゃー、ほれ、そこ、あの二人、あんなんして写真撮ってもらお?な?
   私、おニューのブーツ姿の撮影して欲しいねん、あそこ行こ!」

b0244811_21335135.jpg


いやいや
ヨメよ、勘弁しておくれ
何かの撮影隊に向かって行くヨメさんの手を取って紅葉の神社へと引っ張る

b0244811_2124271.jpg


  「なんやぁ、手ぇ繋ぎたかったんやぁお父ちゃん、んもー♪」

んもー、って
ヨメよ、勘弁しておくれ、って言うかもう、もう、何でもいいや
人ごみにも疲れはじめたし喉もカラカラ

b0244811_21245913.jpg


  「ほな、ここの湯豆腐のお店入ろ?ここでええやん、もうお腹なってるし」

湯豆腐だぁ?どうせ、高いとか何とか文句言うクセに

  「たっかーっ!豆腐やで豆腐!よんせんえーんんん!たっかー!」

ヨメよ・・・
毎年同じこと言ってるし

  「これやったら、お父ちゃんが、あのビンボ臭いアルミの小鍋で作る
   なーんも入ってへん、安い立ち飲み風な小鍋湯豆腐でええわー」

b0244811_21271859.jpg


悪かったな、ビンボ臭いアルミ鍋で、なーんも入ってなくて?安い立ち飲み風?
それを、人に作らせておいて、美味しい美味しいって食べてるの誰やねん

b0244811_21274975.jpg


  「はぁ~、お父ちゃん鼻効くなぁ、なんで、こんな美味しお店分かるん?」

京料理を謳う店に、旨い店なんてないけれど
なかなかどうして、偶然入ったお店は、穴子の某寿司が美味しくて、熱燗にほろ酔い

b0244811_21283625.jpg


  「ほな、そろそろ私のおニューのブーツ姿の撮影会やなぁ、頼んだでお父ちゃん
   可愛ぃらしぃに撮ってやぁ、ほろ酔いやねんけど」

b0244811_21294298.jpg


さてこれからってときに
ヨメよ、悪いがカメラの電池切れてしまったよ

b0244811_2130518.jpg


ぷりぷり怒り肩のヨメを後ろから追いかけて行くと
何故か無理やり手を繋がされるのであった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


もう、こんなに混雑してる嵐山なんて
二度と来ぇへんし

と、関西弁ならではの三度手間変換

(・∀・)キュンキュン
by slow-trek | 2014-12-03 22:03 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/23828069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyaji at 2014-12-03 23:12 x
そうですよねぇ、この歳になって手をつなぐのはねぇ(笑)
でも、女性は幾つになっても乙女の心を持ち続けているものらしいでっせ・・・・・・くわばら、くわばら

で、奥様と一緒にボートに乗ったのは誰なんでしょね??
Commented by tukinobo at 2014-12-04 00:10
帰って毛ぇへんの?
帰って来ぇへんの?

二度とけぇ偏し。
二度と来ぇへんし。

たしかに関西弁変換、面倒くんだと学ぶ。
秋の京都、らららのら。
キュンキュン嵐山もイイっすネ。
Commented by GRI at 2014-12-04 10:16 x
いつもながら、大笑いさせてもらいました!
ところで・・・だっこちゃん写真を期待してたんですが~ (^。^)
Commented by ゆな at 2014-12-04 23:41 x
キュンキューン!!!
ヒューヒューですね(≧∇≦)♡あは!
手を繋いで嵐山を紅葉デートなんて、羨ましい!

変換のくだり、とってもわかりますww
変換大変ですよねw
私は魂売ってる系です。笑

お寿司美味しそう!
なんか、京都だからか、上品な感じがします!
写真の腕でしょーか(^^)
Commented by pallet-sorairo at 2014-12-05 12:06
ヒューヒュー(^^
で、某所では反省?してる写真見ましたよ(^^v
Commented by slow-trek at 2014-12-05 23:40
おやじさん

>で、奥様と一緒にボートに乗ったのは誰なんでしょね??

そうそう
それを考えると夜も眠れません^^
なんてことより、おやじさん、私と知り合った頃
最初に二人きりでヒキウス平歩いたときだったっけ?
ルミナリエで奥さんの手を繋いで「ドキドキした」
って、あの告白が今も忘れられません、って
こんなところで披露するなって?てへっ^^
Commented by slow-trek at 2014-12-05 23:40
yakoさん

>帰って毛ぇへんの?

そうなの、抜け落ちた毛は二度と
帰って毛ぇへんの
なんちゃって^^

いやいや、秋の嵐山は止めた方がいいですよ
先ず、阪急の駅から出られない、出ても渡月橋、まで行列
渡月橋渡るのに30分、さて渡ったはいいが、どこも人だらけ
ってなことで、我が家は早々に撤収したのでつよ(涙
Commented by slow-trek at 2014-12-05 23:41
RIさん
あの・・・ですね、あの・・・ですよ?
どさくさに紛れて手を繋いでも
仲の良い夫婦だこと、的なやんわり視線ですが
だっこちゃん?それ、ヘンな夫婦、でしかないですから
周りからひと気はしゅーって消えて行きますよ^^;
Commented by slow-trek at 2014-12-05 23:42
ゆなさん

はいはい、いやいや、いいでしょ
この際魂売っても、ね?
二度手間、三度手間するよか、魂売りましょ
でもね、哀しいかな大阪ソウルって
根っからなのよね^^;
京都は、何もかも上品=お高い、ですえ
まぁ、そこも魅力の一部ですね
Commented by slow-trek at 2014-12-05 23:44
palletさん
ヒューヒューって、もうっ(赤面)

>で、某所では反省?してる写真見ましたよ(^^v

ヴぇjしゃんli@‘うぇー!dっだっぼん!!!
そんな画像のこと、わすれてくださいな^^;
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite