荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

稜線燃ゆる 黒部五郎岳(前)

b0244811_2251393.jpg


■山行日:2014年10月18(土)-20(月)
■山:黒部五郎岳
■目的:晩秋の黒部
■ルート:飛越トンネル(09:00)-避難小屋(13:00)
     避難小屋(06:30)-北ノ俣岳(08:30-09:00)-黒部五郎岳(13:30-14:00)-北ノ俣岳(16:50)
     北ノ俣岳(09:30)-飛越トンネル(13:00)

毎シーズン、必ず一度は脚を踏み入れる黒部源流エリア
今年は、夏の天候不順もあり、手付かずだった
でも、決めていたのだ
それは2年前、閉山祭の日に訪れた薬師岳の山行で味わった
晩秋の黒部の美しさ、冷え込んだ空気の透明さ
小屋閉め直後の人気の無い稜線に立つ、深い深い寂寥感

そんな想いをもう一度味わいたくて、秋に決めていた
一日だけ、残しておいた夏季休暇を使って三日間
ゆっくりと、一人、黒部に染まろう




b0244811_226502.jpg


漆黒の闇のような飛騨山中の林道を走らせて
飛越トンネルに着いたのは、もう朝の4時を回っていた

初日は避難小屋までと決めている、ゆっくり仮眠しよう
薄い下弦の月を眺めながら缶ビールを飲み、眠りに落ちた

b0244811_228636.jpg


朝陽の眩しさに耐えきれず、シュラフから顔を出すと
何やら前方が白く輝いている
慌ててメガネを着け、車の外へ飛び出すと、冠雪に輝く白山の遠望

一気に目が覚めるけれど、一週間の疲労が溜まったカラダは重い
結局、歩き出しは09時、いいさ今日は、いや今回はまったり歩くのだ

b0244811_2283384.jpg


紅葉真っ盛りな登山口から、トレイルはトンネル上部へと回り込んで行く
足元には眩いばかりの朝陽が紅葉を照らしている

10分ほど登り詰めると、トンネルを跨いで南下、この辺りは
きちんと笹が刈り取られていて、歩きやすい
きっと、神岡の地元の方たちが大事にされているのだろう

b0244811_2291178.jpg


神岡新道との合流辺りまでは、噂に聞いたぬかるみもなく
軽快にアップダウンを繰り返しながら進むが
鏡池平の辺りから、徐々にぬかるみが酷くなって行く

b0244811_2210612.jpg


P1918辺りから、南方の視界が広がると思わず立ち止まる
笠岳の大きな姿、そして、その向こうには、未だ噴煙を上げる御嶽
その噴煙は、秋空に真っ直ぐと上がり、やがて雲とつながり
なんとも不思議な光景、その姿に思わず手を合わた

b0244811_22103347.jpg


樹林の間から北ノ俣の稜線が見え始める
もうすぐ、寺地山だろう、そう思い始めてからも、ずいぶん登り詰め
やっと1996、寺地山、そのピークは樹林に囲まれ、うっそうとしているが
すぐに視界が広がり、南に北ノ俣から黒五郎、北には立山から薬師までもが望める

b0244811_22135475.jpg
b0244811_22165126.jpg


そして歩き始めて4時間、標高2050と表記された指標に従い
少し南に降ったところに、避難小屋が立っていた

b0244811_22172096.jpg


北ノ俣避難小屋
ここに来たかったのだ、ここをベースに、残雪の黒部を望むハイクをしたいのだ
今回は、その下見の意味も含めて、この未踏ルートを選んだ

b0244811_22183840.jpg


小屋の中は整理されていて、大事に使われていることが良く分かる
水は営業小屋のように、太いホースで引かれ、小屋前に溢れんばかり
なんだか住みつきたいくらいだ

b0244811_2219475.jpg


早速、ザックから荷物を広げて、先ずは缶ビール
ほろ酔いに任せて散歩しても、昼寝をしても、まだまだ時間はたっぷり

b0244811_22221212.jpg


なんて贅沢

b0244811_22225363.jpg


缶ビールを片手に夕陽の落ちるシーンを待つ

b0244811_22234820.jpg
b0244811_22243963.jpg


夕陽が落ちると、あっと言う間に暗闇
静かな小屋で、一人酒を呑み小鍋をつつき時はゆるりと過ぎる

b0244811_22252097.jpg


しんと静まった森の中
ときおり、溢れる水の流れの音が響くだけ
ひとりきりの小屋で、明日の稜線を想いながら眠りについた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2014-11-04 23:02 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/23687293
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyu2 at 2014-11-05 07:43 x
シーズンラストアルプスは黒部五郎ですか!さすがスロさんはかっけ〜なぁ^ ^
黒部五郎小屋が9月一杯で終わりなので毎年計画しつつ行けずにいます。
避難小屋という選択肢もあるのですよね(自分にはきつそうだけど)
続きも楽しみです♪
あ、ラストじゃないかもか(^^)

Commented by ゆな at 2014-11-06 00:29 x
なるほど!!!
浅間のときの北アルプスって黒部ゴロンちゃんでしたか(*´∀`)
さすがです!

飛越トンネルからのこの道、去年のGWに歩きました。懐かしいです(*´ω`*)
でもやはり雪のときと違いますね!
残雪ハイク……来年ですか?(^^)
うちらも来年のGW候補が黒部ゴロンちゃんです(*´∀`)♪

続きが楽しみです!
秋の黒部!!!!!早く続きを!!!!!!!
Commented by slow-trek at 2014-11-06 22:46
cyu2さん
かっけ~って、かっけーのは黒部五郎であって
私じゃありませんから^^;
そう、五郎、水晶は、他の小屋よりも1、2週早く閉まるから
なかなか、晩秋の頃は難しいですね
このルート、なかなか良いですよ!でも避難小屋って
行ってみないと分からないから、ちょっと厳しいかもね
テント担いでってくださいな^^
Commented by slow-trek at 2014-11-06 22:49
ゆなさん
黒部ゴロンちゃんって^^;
そうそう、どこだったっけ?寺地山の手前辺りかなぁ
ザックでスマホが揺れて、そこだけ圏内だったみたいで
メール見るとPさんから、浅間で待つ!って^^
私も来年のGW狙ってますよ
一緒に歩けたらいいね^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite