荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

秋澄むうつくしま 吾妻連峰(前)

b0244811_2011893.jpg


■山行日:2014年09月27日(土)-28日(日)
■山:吾妻連峰
■目的:憧れの秋のみちのくの山
■ルート:浄土平(08:45)-一切経山(10:25)-家形山(11:50)-烏帽子山(14:00)-弥兵衛平(17:00)
     弥兵衛平(06:30)-谷地平(11:00-12:00)-姥ヶ原分岐(14:40)-浄土平(15:15)

この秋は、以前から憧れていた東北の山を歩くと決めていた
東北の山、と漠然と想いを馳せるが
八幡平から岩手山、飯豊連峰に朝日連邦、秋田駒、晩秋の蔵王・・・
それはそれは、行きたい山ばかりで悩ましく、なかなか行先を絞れなかった

そんな中、例によってネットで情報収集していると
吾妻連峰の高層湿原の美しさと
その雄大な連峰を歩くには、様々なルートがあること
中でも玄人好みである、と称される半周回プランに惹きこまれた

これだ、ここにしょう

東北道を北へ北へ
まだ見ぬみちのくの山へ思いを馳せながら飛ばした




b0244811_22503658.jpg


7時半に浄土平の駐車場へ着くと
目に入るのは青空と黄金色に輝く山だけ、車はまだ少ない
仕事関係のメールを3本捌いて朝食をとり
ゆっくりと歩きはじめる

b0244811_20244668.jpg


澄んだ秋空の下、草紅葉の絨毯を縫うように九十九折れを進む
30分ほどで視界が広がると酢ヶ平だ

b0244811_20252150.jpg


この分岐を真っ直ぐ西へ進むと鎌沼、この辺りまでは観光ルート
これを北へと進むと、今日の周回ルートの取りつきとなる一切経山だ

b0244811_20274411.jpg


なんともメルヘンチックな佇まい、そしてロケーションの避難小屋
ここにはトイレもあるが、土間が広く、宿泊用途には向いて居ないだろう
しかし、ドアからこの景色、なんて贅沢なロケーションだ

b0244811_20281224.jpg


避難小屋からのトレイルは砂礫と岩ゴロで、もう観光地じゃないと分かる
振り返ると蓬莱山の裾野に美しい湿原、目にも鮮やかな湖面が輝く

b0244811_0324120.jpg


20分ほどでフラットな広い山頂だ
振り返ると南には、雲に浮かぶ双耳峰、磐梯山だ
東方向には、広がる雲海の下に街並みも見える

b0244811_2030840.jpg
b0244811_2030562.jpg


フラットな山頂の一番北端に立ち、これから進む稜線
その心地好さそうな穏やかな感じに満足する
そして足元を覗くと

b0244811_2033494.jpg


見えた「魔女の瞳」だ

中央がコバルトブルーの湖面は、湖畔になるにつれ翡翠色に変わる
そこに湖畔の紅葉が映えて、それは目が痛いほどのコントラスト

なんだこの色は

b0244811_20314788.jpg


「魔女の瞳」なんてネーミング、ちょっと陳腐過ぎやしないか?
五色沼のままでいいじゃないか?なんて思ってたけれど
なるほど、そう思えるほど、怖いほどの美しさだ

b0244811_20325640.jpg


その「魔女の瞳」を見下ろしながら北面を降る
トレイルは岩ゴロ、その岩ゴロを下った辺り、沼に気を取られ
小さな石の上に乗っかってしまい、左足首をグギっと捻ってしまう

あれ?やってしまったか?
いやいや、こんな程度、大丈夫だろう

b0244811_20342936.jpg


少し不安を覚えつつも、家形山に登り返す
あまりにも空が美しくて、空が入るように「魔女の瞳」をスマホで撮る
山仲間たちも、どこかで、この澄んだ秋空を見上げてるだろうか
スマホで共有しようとしたが圏外、これが11時50分頃だった

b0244811_20351210.jpg
b0244811_20361267.jpg


一切経山から見る家形山からの稜線は、その名の通り吾妻屋の屋根のように
フラットな台形に見るが、実際は細かなアップダウンの繰り返し
それはもう、嫌になるほど繰り返し

b0244811_20364261.jpg


その上足元は延々とぬかるんで、刈り取られた熊笹が部分的に伸び放題で
腰オーバーのヤブ漕ぎと、連続する倒木の障害物

b0244811_20374627.jpg


しばらくは景色も見えず、薄暗い樹林を、ぬかるみに足を取られながら進む
これか?これが玄人好みなのか?

b0244811_20383779.jpg


いい加減、嫌気もピークに達する頃、北面の尾根に分岐の指標を見つける
そこには「米沢市」の文字、そうなんだ、この辺りは福島じゃないんだ

b0244811_20392232.jpg


そうか・・・オレ今一人っきりで山形のヤブ漕いでるんだ

ニセ烏帽子山で、やっと南方の景色が開け、ヤブも薄くなり
そのぶん、勾配もキツくなる
遠望で確認した心地好さげな稜線とは全く違ってて、思わず一人苦笑する

b0244811_20401983.jpg


ブッシュ状の稜線がフラットになると、視界が広がった
やっと烏帽子山だ
ここでやっと落ち着いて地図を見直す・・・
なんと、弥兵衛平は、あの大っきな山を越えた?あの奥のフラットなところなのか?
で?もう14時?おいおい、ぺース上げないと、このままじゃ避難小屋辿り着かないぞ

b0244811_2185068.jpg


烏帽子からは岩稜となり、燃えるような紅葉の樹林へと100mの降り
この降りで気が付いた、左足首、結構痛んでるぞ
登りはいいが、降りで踏ん張れない
ヤバいよなぁ、これ

b0244811_22153733.jpg


不安を抱えながら鞍部まで降りきると
次なるピークは昭元山まで100m登り、再びヤブ漕ぎとなる
もう、もう勘弁してくれよ

昭元山からは、更にヤブが濃くなり、横たわる倒木も連続する
左足首をカバーしながら、倒木を越え、また100m降り
この辺りで、無意識に足首を庇うために、脹脛辺りが攣るようになる
あぁ、こりゃもうダメだ

b0244811_2216844.jpg


避難小屋にはヘッ電時間帯?いや、どこかでビバーグかも?
シュラフもあるし、オールウェザーブランケットもある
水は・・・あと1.5L?よし大丈夫だ、あとはこのヤブと倒木を抜けさえすれば
どこでもビバーグできるぞ、大丈夫だオレ

何が玄人好みだ、単に整備されていないだけじゃないか
こんな道二度と歩かないぞ

b0244811_2111234.jpg


ブツブツとこぼしながら、一瞬広がった尾根に迷いそうになり
慌てて引き返し、更に50mのヤブ漕ぎ登り返し
あまりのヤブ漕ぎ連続に泣きそうになった頃、目の前が広がる

b0244811_22213426.jpg


あぁ、谷地平分岐だ
やっとだ、やっと湿原に出会えたぞ

木道へ倒れこんで、夕陽に染まって行く空を見上げる
草紅葉に夕陽が落ち始め、なんとも美しい草原が風に凪いでいる

b0244811_21142027.jpg


振り返ると一切経山から家形山の稜線、思わず睨んでしまう

さぁ、もうひと登りしよう、ネットで見た、あの大きな湿原
弥兵衛平までは何としてでも歩こう
あとはどうとでもなるさ

b0244811_21165559.jpg


再び歩き出すと、そこはもう木道の、ゆるやかな登りが続くだけ
ヤブを漕ぐこともなければ倒木のハードルも無い

登りだけなので左足首に負担も無く、コツコツと登りきると
北方向に大きな影が

・・・蔵王だ、なんて大きいんだ

b0244811_21485646.jpg


木道の下りを慎重に進むと、樹林の合間から小屋が見えた
あぁ、どうやらビバーグしないで済みそうだぞ

b0244811_21175410.jpg


弥兵衛平の草紅葉の草原は、まるで大きな箱庭
その箱庭が、ますます夕陽に染まり赤くなり

b0244811_21504698.jpg


ここまで、独りでわしわし歩いてたくせに
なんだか小屋を前にして急に心細くなる

b0244811_22291444.jpg


うつくしま福島
そして山形県との境界線

オレは今、歩きたかった秋の東北にいるんだ
そう思うと、何故か心細さも一層深くなり
微かに人の気配のする避難小屋に向かって急いだ


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2014-10-07 22:48 | 東北[朝日・飯豊] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/23527618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by akko-kornblume at 2014-10-08 15:33
魔女の瞳、綺麗だわぁ。

紅葉も黄葉もいい感じ。
東北の山はたおやかでいいね~❤

なーんて悪戦苦闘してるスロ兄貴には申し訳ないけど。
秋澄むって素敵な言葉だなぁ。
足なが兄貴~~~~青空がたまんないねー!
Commented by ジオン at 2014-10-08 20:05 x
>何が玄人好みだ、単に整備されていないだけじゃないか
>こんな道二度と歩かないぞ
あるある、、そんな道
でも、、好きですそんな道、、歩きたいですね~

五色沼めっちゃきれいです。
私の時は魔女の瞳ではなかった、、(;一_一)

後編期待感いっぱいです。(^-^)V
Commented by slow-trek at 2014-10-09 07:48
矢車草さん
>東北の山はたおやかでいいね~❤

そう思ってましたよ、えぇ思ってましたとも^^;
実際歩いてごらんなさいな、この野趣味に溢れたトレイル♪
でもね、振り返ると面白かったですよ
福島と山形の境界のヤブの中、一人で悪戦苦闘ってのもね^^
秋澄む、この言葉がずっと頭に浮かんでて
そのまんま使いました
Commented by slow-trek at 2014-10-09 07:50
ジオンさん

>でも、、好きですそんな道、、歩きたいですね~

さすがジオンさん、フツーでは満足出来ないんですね^^
あ、五色沼、天気が今一つだったのでしょうか?
あの色は何とも言えませんね
おかげで足首やっちゃいましたよぅ(涙)
Commented by ゆな at 2014-10-12 09:29 x
魔女の瞳いいですねー♡
見に行きたいなぁ♪

ハードな道歩かれたんですね(>_<)
無事に避難小屋辿りつけてよかったです!

そうそう、玄人はヤブぽいのを好みますよね。笑
私は木道ルンルンのが好きです!玄人にはなれないな…(´Д` )
Commented by slow-trek at 2014-10-13 06:35
ゆなさん
ゆなさんちからだと?上州+1.5hくらいですかねー
全然行ける距離じゃないですか?
そですね、木道ルンルン、ランラン歩きたいものです
玄人なんてぇ…(´Д` )
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite