荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

燃え尽きたよ、穂高もオレも 笠ヶ岳

b0244811_2314035.jpg


■山行日:2014年09月14日(日)-15日(月)
■山:北アルプス笠ヶ岳
■目的:未踏の笠、槍穂高大展望
■ルート:新道登山口(07:20)-杓子平(12:00-12:45)-テン場(16:00)
     テン場(08:00)-杓子平(10:00-10:30)-新道登山口(13:15)

昨年、2013年は突然の腰痛(いわゆるギックリ腰)に泣き
ナツヤマシーズンを伏せて過ごしたため、テン泊山行をしていない

山小屋に泊まることを目的とする山行があってもいいと思う
いや、自分自身もそんなヤマを歩いたことはある

でも、基本的にはテン泊だ「男の山旅」とはソロ、そしてテン泊だと
今も昔も、そう信じ込んでいる

今回は、一年のブランクを空け、2年ぶりにテントを担いで歩く山
どうせなら、この数年使ってる超ライトなU.L.ドームシェルターではなく
ちゃんとしたテントを担ごう、酒も持って行こう、星空を仰ごう

さぁ山はどこだ?
二年ぶりのテン泊に相応しいヤマ

よし、未踏の笠だ
標高差1,800M、北アルプス三大急登を攻めて
笠ヶ岳から槍穂を眺めながら酒を呑もう




b0244811_2322224.jpg


最初は良かったのだ
数年ぶりの左俣林道、涼しさと青空の予感、久しぶりの50Lザック
何だか、遠足に出かける小学生レベルの嬉しさに満ちていたのだ

b0244811_23224745.jpg


笠新道取りつきからは、うんうん、いい道じゃないか
いいペースで歩けそうだ、これだったら楽勝だぞ

b0244811_23232524.jpg


ぉぉぉぉおおお、穂高の稜線バッチじゃないか!

b0244811_23242773.jpg


てなカンジで、ワシワシと北アルプス屈指と称される急登を攻めていた

b0244811_2325466.jpg


が・・・

杓子平で完全に脚が止まってしまった

b0244811_23253863.jpg
b0244811_2326210.jpg


張り切り過ぎたのだ

2年ぶりだってのにさ、加減もせず、がんがん歩いてさ、オレのバカヤロ
完全に死んだ脚、右腰を刺すような久々の痛み、いつの間にか一面のガス

b0244811_23263328.jpg


もう・・・ダメかも、オレ

b0244811_2327355.jpg


ときおりガスの切れ間から覗く草紅葉の始まったカールを眺めながら
30分以上も仮死状態だったろうか

b0244811_23294242.jpg


えぇい、何を情けないことを、立ち上がれ、倒れるまで歩け(って、もう倒れてるけど)
冷え切ったカラダにカツを入れ、再び歩きはじめるが、未だ笠はガスの彼方

杓子平からの九十九折れは、三歩進んでは休み、超のろのろ

b0244811_23301138.jpg


何で、こんなテント担いで来たんだ?
ドームツェルトで良かったじゃないか重量は半分だぞ?
槍穂を見ながら呑むだぁ?だからってウィスキーボトル持って来なくてもいいじゃないか
あぁ、オレのバカヤロ

b0244811_23483046.jpg


自分への恨みつらみを零しながら、ようやく抜戸分岐、ほぼ2700だ

b0244811_2331718.jpg


ここからは、ゆるやかな稜線歩きとなり、少づつ笠が見え始め、再びテンションUPするが
これが、また長い長い

b0244811_2331356.jpg


ようやくテン場に着くと、そこには、岩に描かれた「ガンバレ」の一言

あぁ、頑張ったよオレ、そしてまだ頑張るよオレ

b0244811_233212100.jpg


テン場には完全な村が出来上がっていて、余所者が入れる余地もない
えぇい、ここで、いいや!槍穂の目の前、果たして眠れるんだろうかレベルの傾斜地に設営し
小屋まで10分フルの道のりを、ビアを求めて往復

b0244811_23324730.jpg


良く冷えたビアを呑ってるうちに、湧き上がるガスが槍穂を覆い
やっと見えた笠のピークまでも消してゆく

b0244811_2334819.jpg


久々のテン泊

b0244811_23362557.jpg


あっと言う間に闇に包まれたテン場は、夜露に濡れ、星空も消えたけれど
目の前にあるはずの穂高のシルエットを感じながら
せっかく、担いで上がったウィスキーを嘗めているうちに眠ってしまった

b0244811_23381135.jpg


夜明け前の静けさ、冷たい風がフライシートを叩く音で目覚めると
何かの予感にカラダが目覚める

b0244811_23373335.jpg


その予感は的中し、見事な朝焼けのショーが始まった
笠のピークで、山荘のテラスで、そしてテン場で

b0244811_23384354.jpg


全ての登山者が立ち上がり、穂高連邦に手を合わせ、紅く染まって行く空に魅せられていた

紅蓮の炎に燃えた空は、一瞬で燃え尽きて

すぐに、いつもの朝になる

この瞬間

b0244811_23394780.jpg


一番特等席で、ウィスキーを垂らした熱いコーヒーを飲みながら

あぁ、やっぱりテン泊だな

空が燃え尽きると、笠のピークを踏み、あとはゆっくり下山

b0244811_23391475.jpg


岩に描かれた言葉は、「ガンバレ」から「サヨナラ」に

b0244811_23411057.jpg


あぁ、がんばったよオレ
燃え尽きたよ、穂高もオレも

b0244811_23414592.jpg


さよなら、笠ヶ岳


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2014-09-25 00:44 | 北アルプス | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/23442342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dahan at 2014-09-25 07:34 x
スー兄貴、お疲れ様でした!
眺め最高ですねー!そんな見事な朝焼け見てみたいもんです。
サヨナラの後姿が、なんかジーンと伝わってきます(笑)
Commented by 集中登山改善委員会 at 2014-09-25 09:29 x
幕営指定地はまだしも、路肩に不法駐車するクルマの列は、何とかならないかと憂慮しています。緊急車両の妨害になりますからね。
Commented by pallet-sorairo at 2014-09-25 10:17
>紅蓮の炎に燃えた空は、一瞬で燃え尽きて
素晴らしい朝でしたね、羨ましい。
笠、初回は縦走予定の双六で悪天につかまり断念。
二度目の新道経由で登った時も山頂に向かうときに突然の雨でした、トホホ。
昨年、霞沢岳から見てまた気になっていたのでした。
見せていただけて嬉しかったけれど…スロトレさん脚お大事にね。
Commented by tukinobo at 2014-09-25 17:09
朝焼け、すごいね。
すご~い、すてき、すばら~い。まさに3Sだわ。

夕焼けかと思った(^-^)
なんか、楽しいレポでいいネ。
楽しさが伝わってきた。

ガンバレ、サヨナラ
いつか笠に行ったら、わたしも探そうと思う。うん。
Commented by ジオン at 2014-09-25 21:37 x
>笠新道取りつきからは、うんうん、いい道じゃないか
>いいペースで歩けそうだ、これだったら楽勝だぞ

、、日本三大急登のTOPに入れたい笠新道を、、さすがスロさんです。
笠のテン場は最高のロケーションです。
初めてのテント泊が笠でした、、。
知らずに付いて登ったけれど、杓子平までで充分でした。
でも、朝のテントから眺めた景色最高でした。p(*^-^*)q

ちなみに15日は水晶からこの朝日眺めてました(自慢)
テント泊、、テント買ってからは、ほとんど歩いてない
もう無理かなと思ってます(泣)
Commented by GRI at 2014-09-26 09:10 x
これは・・・ 素晴らしい稜線の眺めですね!
笠ヶ岳方面は行ったことが無いのですが、是非行ってみたくなりました。
きつそうだけど、来シーズンの候補No1かな!?
そうそう、景色の写真もきれいですが、最後の自撮写真・・・Niceですね~ (^。^)
Commented by akko-kornblume at 2014-09-26 13:33
笠やっぱりいつか行かなきゃね。

燃える穂高、燃えるスロトレさん♡
すんばらしい眺め、今度はこっちから
穂高を眺めなきゃだね。

私も燃え尽きるはず(;>_<;)
自信ないのよね。笠新道…でも、穂高が待ってるね。


鍋が美味しそ♡体が温まるね♡
Commented by katsu♨ at 2014-09-26 21:09 x
>もう・・・ダメかも、オレ

僕も何回も同じように考えました。
最後はそんな自分に腹を立て自分に罰を与えるために頂に踵を返す。
サイテーな思考回路が働くのですよ(笑

で、今週からJOY FITに通い始めましたYO
ええ・・・全身筋肉痛な日々が続いてまつw
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:01
dahanさん
後姿?ちょっと哀愁漂ってるでしょ?
実は、前日の激しい疲労からの単なる棒立ち(涙)
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:02
集中登山改善委員会さん
下山すると新穂高の路駐車両には軒並み駐車禁止貼られていました、例の一斉検挙です。
確かにバスの通行を妨げているし、救急車両には重大な問題だと
思います。やはりこの問題解決には、上高地、乗鞍同様に
パーク&ライド方式の導入しかないのでは?と思います。
・・なんて素人考えですが。
コメントありがとうございます
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:03
palletさん
あらら、二度も悪天だったのですか
それはぜひとも、三度目の正直?狙いましょう^^
新道、確かにキツイけれど、槍穂を背負って歩くの
これは、なかなか気持ちいいものです
脚は復活しました、ありがとうございます^^
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:03
yakoさん
3Sです、はい、って「すばら~い」って^^
楽しそうに見えますか~、実態はもうヘロヘロのパァでして
(なんのこっちゃ)
もう、ヨレヨレのオヤジ一人旅状態でしたよ
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:04
ジオンさん
そうなのです、槍穂展望では黒部五郎以上に
素晴らしいロケーションなテン場ではないでしょうか
水晶、ブログ拝見しましたよ
皆と行っても別れて歩く、なんと斬新なスタイル!
こんなのもいいものですね
テント泊、いいですよん^^
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:05
GRIさん
あのですね、今回私も初登頂だったのですか
翌朝にピークに立つと、南方に、何とも魅力的な
ギザギザ尾根が生えてまして、地図を確認すると
クリヤ谷ルートがあったのです、もう一目ぼれでして^^
いつか歩きたいなあと・・・もしGRIさんも来シーズン
笠を狙われるのでしたら、頭の片隅にでも(笑)
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:07
矢車草さん
あの朝焼け、穂高連峰を挟んで同じ時間に拝んでたもんね!
今度は、こっち側からもぜひ
健脚ご夫妻だもの~^^
燃え尽きるまでも無く楽しめますよきっと
下山は鏡平経由をお勧めします
激下りもカット出来るし、運が良ければ逆さ槍も♪
(この日は団体さんが一気に流れたので諦めたのです)
Commented by slow-trek at 2014-09-26 22:12
katsu♨さん
>で、今週からJOY FITに通い始めましたYO
うーんんん
katsuさん、認めたくはないのですが、
きっと我々は、もう、今まで向こう側だと思ってた
岸にたどり着いているのですよ(涙)
お互い、支え合って歩きましょか^^;
Commented by cyu2 at 2014-09-28 17:12 x
いやぁ~ホント素晴らしいですね!
赤く染まる穂高も、笠新道をテント装備で登るスロトレさんも。
そしていつもながらの心からの声を綴る文章も。
だから胸を打たれるんですよね、荒野にて に。

最後の「サヨナラ」
「サヨウナラ」じゃないところがあったかいですね。

Commented by ピッケル君 at 2014-09-28 18:11 x
あの 暁に燃えるような日の出を 別の場所から眺めていました。

槍穂が燃えると 格別でんなぁ~

まだまだ お互い 若いんだから テント背負って 酒もって 登って ナンボでしょ!
Commented by ゆな at 2014-09-29 01:25 x
久しぶりのテントで笠ヶ岳選びますかww
さすがです!笑
この日の朝焼けはほんとーに凄かったですよね(*´ω`*)
最後の写真、いい感じです♪

てか、私も昨日今日と笠行ってましたよ!
かなり紅葉しててキレイでした(*´∀`)
クリヤ谷から登って死にそうになりましたw11時間かかりましたよw

テント場から山荘遠いのがきついですねぇ…
しかもガレてるし…(´・ω・`)
Commented by slow-trek at 2014-09-30 00:11
cyu2さん
そうなのちゅちゅさん
この「ガンバレ」、と「サヨナラ」、これを書き残した人は最高の
センス持ってると思いますよ
私もこの、サヨナラ、何故かグッと来まして
思わずセルフショット^^
ちゅちゅさん、感性同じですね♪
Commented by slow-trek at 2014-09-30 00:11
ピッケルさん
はいはい、サイト拝見しましたよ
妙に楽しそうでしたよね^^
ってかさー
もう若くなんてないやい
(・∀・)キュンキュン
Commented by slow-trek at 2014-09-30 00:12
ゆなさん
なーんと!クリヤ谷!それも登り!11時間!
あぁ、もうっ、悔しいっ^^;
ヤマレコ、楽しみにしてますよ
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite