荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ガスに煙る孤高の頂 鳥海山

b0244811_20485807.jpg

■山行日:2014年08月30日(土)
■山:鳥海山
■目的:夕焼けに染まる海へ下る
■ルート:鉾立(08:45)-御浜小屋(10:30)-新山(13:00)-御浜小屋(15:30)-鉾立(16:45)

深夜の高速道路は、初めて通るエリア
ワインディング、そして叩きつけるような大粒の雨
どこまでも暗い漆黒の闇の中

あぁオレは今、どこへ行こうとしてるのか
ふと分からなくなってしまう山岳道路

雨上がりの明け方に辿り着いたのは、海を見下ろす山の中腹
鳥海山象潟(きさかた)登山口だ




b0244811_20522683.jpg

6時半には歩き始めるつもりで、90分仮眠をとったけれど
アラームが鳴る前に、ボンネットを叩く雨音で目覚める
また降り始めたのだ・・・せっかく雨雲の無いエリアを追いかけて
秋田県までやって来たと言うのに

7時まで様子を見、再びうとうと、次に起きたのは8時
ようやくガスが逃げて日本海に陽射しが現れ始める
CTは4.5時間だ、12時半を下山リミットに設定して歩こう

b0244811_20524015.jpg

まだガスの残る空の下に広がる、男鹿半島の曲線が美しくて
振り向き振り向き歩きはじめる

駐車場から見上げてて、その存在感が気になっていた稲倉岳
裾野には奈曽渓谷が深く切れ込み、白糸の滝が流れ落ちている
稲倉岳、何故か妙に惹かれる山容だ

b0244811_20533352.jpg

展望台や石畳があり、ちょっとした観光スポットを抜けると
60分くらいで、心地好い穏やかな稜線に乗る
そこは、ちょっとしたお花畑、シーズンにはさぞかし美しいだろう

b0244811_20533811.jpg


賽の河原を過ぎ、九十九折れを進むと視界も晴れ
御浜小屋が近づいて来る、この小屋は、日本海を望み
後ろには鳥海湖、そんな素晴らしいロケーションにある

b0244811_23113442.jpg
b0244811_23115038.jpg

が・・・
またぞろ現れた雨雲、あっと言う間に鳥海湖方向から大粒の雨が横殴り
カメラをザックに収め、強風と闘いながらレインスーツを着込む

こんな雨風に負けるものか
はるばる秋田まで来たのだ、憧れの東北の山なんだ

b0244811_23122505.jpg

御田ヶ原を早足で抜け、石畳状の八丁坂を駈け下りる頃、雨は小康状態
湿原に咲く花たちも、雨と風に震えているよう

b0244811_22335661.jpg
b0244811_22384112.jpg


七五三掛(しめかけ)は、祠のあるフラットな場所
濃いガスに包まれていて先が見えない
休憩がてらガスが消えるのを待っていると、雪渓を巻く梯子が見えた

b0244811_22355274.jpg

やれやれ
待ってて良かった、ここはガスると危険なエリアだ
雪渓を巻くと、トレイルは谷に下り、やがてゆるやかな雪渓に降りる
この千蛇谷の雪渓を渡った尾根を詰めるとピークのようだ

b0244811_22385791.jpg
b0244811_22431914.jpg

アザミの群生が果てなく続く尾根、ときおりガスは消えるけど
何の展望も無く、こんな山行、意味があるのか?
なんて自問しながら、ひたすら俯いて歩く姿は我ながら苦行僧だ

b0244811_22472631.jpg

御室小屋までの合数が表示され始めると、さらにモチベはダウン
だって・・・こんなところで、まだ8合?

b0244811_22480733.jpg
b0244811_22490622.jpg

雨風に心身共に疲労な上、指先が震える寒さ
自分でこさえたおにぎりと、暖かな味噌汁が嬉しい

b0244811_22515387.jpg

トレイルは岩々、そして徐々に急登となる
ガスに煙る中、合数の表示がカウントダウン

b0244811_22523220.jpg


やっと御室小屋に着いたときには、既にリミットの12時半
えぇい、ここまで来てピーク踏まずに帰れるか
最後の気力を振り絞って、鳥居を潜り、岩稜に取りつく


b0244811_22524371.jpg

ガスと岩と闘いながら30分、ようやく新山ピーク
いつの日か歩きたかった東北の山
海に浮かぶ孤高の頂
その頂きを踏んだ達成感・・・

そんなもの、あるものか

b0244811_22525592.jpg

なーんにも見えないじゃないか
おまけに御室小屋に戻るには、下りの矢印をガスで見失い
あやうく、岩の群れで遭難するところだ

なんだかなぁ
何なのだ今回の遠征は
何が、海から登り海に降るだ、何が夕陽に染まる日本海だ

b0244811_22580519.jpg

ぶつぶつ零しながら、肩を落とし、トボトボ下山してると
少しずつ空が広がって行く

b0244811_22550425.jpg
b0244811_23001026.jpg

ずっと気になっていた稲倉岳が輝いている
千蛇谷には、ナナカマドが色付き始め
赤い実が揺れている

b0244811_23063654.jpg
b0244811_23064424.jpg


七五三掛を過ぎ、八丁坂を登り返す頃には青空となり
もしかして?いやいや、そんな奇跡は無いだろう

期待してはいけない
そう言い聞かせていたけれど
やっと見下ろすことが出来た鳥海湖に、もしかして?

b0244811_23083273.jpg

逸る心を押さえながら、ゆっくりと賽の河原を下り
石畳の展望台に近付いた頃、それは見えた

海だ

b0244811_23083874.jpg

夕陽に染まる海だ

厚い雲を、日本海に浮かぶ飛島を、真紅に染めて行く

b0244811_23084588.jpg

やがて水平線に落ちるまで、ずっと立ち尽くしてると

夕陽の真紅に自分も染まってしまいそう

来て良かった

・・・かもしれないな



独り言をこぼして振り返るけれど
孤高の頂は今も深いガスに包まれていた




by slow-trek | 2014-09-11 23:59 | 東北[朝日・飯豊] | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/23365499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyu2 at 2014-09-12 09:20 x
おはようございます。
遠征とはこちらだったのですね。
なのになのに・・・苦行のような天気・・・心が折れそうになるお気持ちよーーく解ります

でもスロトレさん。鳥海湖が見えたり、憧れの日本海が見れて良かったじゃないですか。
私なんて雨とガスで真っ白で何も見えないうえに雪渓で進路を・むにゃむにゃ
全行程で30分くらいしか視界はなかったですもの。湖も日本海も見てない。
絶対に忘れられないお山の記憶です( ̄▽ ̄)

今週末に期待しましょう♪

Commented by GRI at 2014-09-12 12:04 x
鳥海山、雄大で良いお山ですが、なかなかスカッと晴れないみたいですね~。
私は予報の良い日を選んで行きましたが、3度目でやっと頂上からの景色を見ることができました(でも、やっぱりガスの切れ間からですが・・・)。
その他は雪渓で彷徨ったり、雪に降られたり・・・ (^_^;)

日本海の夕焼け、きれいですね! 次に鳥海に行く時はこれもメニューに入れようと思います。

そうそう、残雪の時期は花・雪渓・絶景と、色々楽しめるんでお勧めです。天気も比較的安定してるようですし、ガスっても花があるんで飽きないし・・・、ということでリベンジは是非残雪の時期に・・・!
Commented by slow-trek at 2014-09-13 06:30
cyu2さん
はい、苦行でした
が、私の場合、むにゃむにゃしていないので、まだマシかと(笑)
ちゅちゅさん、30分しか視界がなかった、なんて聞くと
私のは、素晴らしい山行かも?ですね^^
今週末?
このコメントは、その(今週末)それもお仕事前に書いてます(涙)
Commented by slow-trek at 2014-09-13 06:33
GRIさん
やーっ、拝見しましたよGRIさんの記事
残雪の頃、素晴らしいですね!拝見してわかりました
鳥海山の美しさを知るには残雪期ですね
お花畑の何と美しいこと
いや、これで日本海の夕日なんて言ってたら怒られそうです
(って、誰に?^^;)
Commented by ジオン at 2014-09-17 19:18 x
稲倉岳、、気になりましたか?
私も、妙に気になりました。

私は数年前の夏に、山頂の小屋泊まりで素晴らしい快晴でした、、
てへへ、、影鳥海も、、 v(`∀´v)

この連休は8月の悪天のうっぷん晴らしにわんさか登山者が、、
小屋は激混みでした。
しかし、、この後は当分仕事や孫の行事で、、遠征できず(;_;)
Commented by slow-trek at 2014-09-22 12:12
ジオンさん
ほぉーっ、ジオン姉さんも気になりましたか稲村岳
存在感大きいですもんね!
上から見ると海に突き出してるようで♪
秋山、遠征出来るといいですね^^
Commented by ゆな at 2014-09-24 02:03 x
鳥海山って遠!!!って思ったけど、スロトレさんちからは近いほうなんですかね?

雄大な感じが素敵です♡
そして、お花が綺麗ですねーっ
写真うまいなぁ♪

夕日に染まる日本海もいいですね♪
見れてよかった( ´ ▽ ` )ノ
Commented by slow-trek at 2014-09-25 00:46
ゆなさん

いえいえ、上州からも近くはないですよ
ただ、東北道が近いので、アクセスは楽かなぁ
確か、5.5時間くらいだったかと
雄大でいいお山でした
近くでは、月山もいいなぁ、なんて狙ってます^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite