荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

花の絨毯 駒止湿原

b0244811_234142.jpg


■山行日:2014年07月05日(土)
■山:南会津駒止(こまど)湿原
■目的:お花見散歩
■ルート:湿原口(10:20)-大谷地-白樺谷地-水無谷地-湿原口(13:00)

膝の故障にクサっている毎日、でも週末は雨ばかりで
どのみち山には行けないのか、と自分を納得させていると、久々にF女史からメール

 「週末、東北地方は降らないと思うよ!田代山に行く約束覚えてる?」

そうだった、梅雨の合間に田代山に行きましょう、って約束してたんだ
すっかり忘れてた・・・でも、まだ山は歩けない
膝の故障のため7月中は自粛せざるを得ない旨返信すると、すぐ電話が鳴った

 「そうだったの?そしたらさリハビリ散歩は?Sさん好きな湿原があるよー、どう?」




b0244811_23485535.jpg


どうやら、その湿原はほぼフラット、登りも降りも無いそうだ
ふむ・・・せっかくのお誘いだし、散歩なら行ってもいいか

小雨の高速を北へとドライブ、南会津へと向かった

b0244811_23342048.jpg


指定されたコンビニ駐車場で待ち合わせた後は、F女史の車に付いて行く
南会津エリアは、昨年の残雪期の燧ヶ岳、梅雨時期の田代山へ来たきり、三度目だ
国道209は、小さなローカルゲレンデがいくつかあるだけの、静かな山間を縫う

b0244811_23512167.jpg


30分ほどで駐車場へ着くと、既に8割ほど埋った状態で
そのほとんどは地元ナンバーだ
F女史の言った通り、駐車場から少し階段を進むと、そこはもう湿原の始まりだ

b0244811_2354435.jpg


一方通行の木道、ゆるくカーブを回ると視界が広がり、辺り一面ワタスゲが揺れている

こんなに簡単にアクセス出来る湿原があるんだ
それも一面の花、そして人の気配も少なくて・・・

b0244811_2364577.jpg
b0244811_2371371.jpg


ワタスゲの白い絨毯に、キスゲの黄色、そしてアヤメの紫
まるで宝石箱のような湿原だ

b0244811_2373731.jpg


一つ目の大谷地を過ぎると駐車場へと迂回する林道へ出る
左へ進むと、次の湿原である白樺谷地だ、ここは大谷地よりワタスゲは少ないが
そのぶん、キスゲの群生が色濃くて目を楽しませてくれる
木道の足元には水路のような流れがあり、ミズバショウの葉が流れに沿って立つ

b0244811_2381795.jpg


しかし人がいない
尾瀬ヶ原のような広がりもなく、至仏や燧のように近くの山影も見えない
そんな小さな湿原
ウグイス、カッコウの鳴き声も、谷地に響き渡る
その小さく囲まれた感じが不思議と心地好い

b0244811_2385198.jpg


いいところだなぁ、この小さな湿原、好きかも

b0244811_23956100.jpg


白樺谷地から三つ目の湿原、水無谷地の間
そこには小さな森があり、私の大好きなブナ林となる

梅雨の合間の小さな晴れ間、期せずしてブナ林に射す木漏れ日が眩しくて
ますます、この湿原が好きになる

b0244811_23101993.jpg


水無谷地はキスゲ群生エリアとワタスゲのエリアが交互に続き
昭和村側のエントランスまで花が続く

梅雨の合間のお花見
この愛らしい名前の駒止湿原は、駐車場から数分、森を分け入ったところから
いろんな色彩がキラキラ、キラキラと輝く宝石箱

b0244811_23142212.jpg


谷地とは、主に東日本で、谷間の窪地、湿地帯を指すそうだ
この三つの谷地からなる湿原、こんなにも短時間で魅せられてしまった
きっと、ここも南会津の人たちが愛する、我が里山なんだろうな

b0244811_23145836.jpg


どこまでもどこまでも静かな
そして、小さな小さな湿原

右膝の痛みはまだまだだけど、こんな素敵な湿原でリハビリ散歩
誘って頂いたF女史に心から、ありがとう

また一つ東北の地に好きな場所が出来たよ


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


 
by slow-trek | 2014-07-11 00:19 | 東北[南会津・尾瀬] | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/22930198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GRI at 2014-07-12 07:15 x
スロトレさん、おはようございます。
駒止湿原行かれたんですね・・・ 私もここ大好きで、6/21に田代山とかけもちで行って来ました。
私が行った時は、キスゲやアヤメはまだほとんど咲いてませんでしたが、だいぶ増えてきたみたいですね。
それにしても、「宝石箱」とは上手い事言いますね・・・まさにそのとおりだと思います。
南会津、私も大好き! スロトレさんもどんどん好きになっちゃって下さい。
右膝、早く回復すると良いですね・・・ で、また山記事書いて下さい。楽しみにしてま~す (^^)/
Commented by akko-kornblume at 2014-07-13 08:32
おはようございます♪
真面目にリハビリされてるようでひと安心(笑)

1週間で駒止湿原は黄色い絨毯に早変わりしたのですね。
キスゲの花芽が沢山あったので、きっと綺麗だろうな~って思ってたの。

我が家は時間切れで水無谷地には行けなかったのでした。
小さな湿原はホント宝石のように美しいですね(*´∀`)♡
リハビリ無理せずに頑張ってくださいね♪
Commented by slow-trek at 2014-07-13 23:47
GRIさん
さっそくブログ拝見しました
そうですよね、ワタスゲは、あの、ふわっふわ感がないとダメですよね
あのプードルみたいな毛ね(笑)
いやいや、タイミング的には羨ましい限りです
それに、あの菜華楼!鶏の唐揚げ・・・もう覚えました
国道沿いにあった、あの店ですよね
次回はぜひ寄らせて頂きますね♪
膝、頑張って治します、ありがとうございます
Commented by slow-trek at 2014-07-13 23:50
矢車草さん
いやーっお恥ずかしい、矢車草さんの素敵な画像拝見すると
こんな記事UPするのも躊躇いますよ
ほんと、自然て面白いですね、一週間で景色が変わるのですから
今さらながら、そんなことに感動しますです
リハビリ、ぼちぼち真面目にやってます
昨日はちょっとムリして、帰りはWストックに全体重預けて(涙)
ちょっと厳しいかなぁってところだけど・・・頑張りますね!
Commented by ルネオバ at 2014-07-14 12:16 x
へ~こまど湿原って読むんですね
夢のような所ですね~
こんな素敵な湿原に、日帰りでちょこちょこっと行けるなんて・・ほんとにもう~ (;´_`)

南会津か・・・
もう みちのく なんですね・・

単身赴任生活、何かと大変だろうし
そりゃ寂しいでしょうけど、
関西からではとても歩けないようなエリア
そんなエリアにどんどこ馴染みの場所が広がって行って
二つ目のホームができるなんて、
何て贅沢・・・《;~Д~》
Commented by slow-trek at 2014-07-14 19:33
ルネさん
こまど、って可愛いでしょ
馬も脚を止めるほど急勾配、ってことで駒止峠と言うのが
近くにあります、その由来みたいですね
日光辺りまでは高速、そこから下道でも3時間かかりません
いいでしょ^^
でもね、近いと言うより道路がガラガラなのですよ
福島に行く人は減ってるんだろうなぁと、複雑な思いです
Commented by ゆな at 2014-07-17 18:29 x
素敵な山仲間がいて、スロトレさんは幸せですね(*´∀`)

それにしても、ほんとにきれいですねー♪
湿原大好きなので、ここはチェックしなければ!
Commented by slow-trek at 2014-07-21 19:16
ゆなさん
そうなんです、F女史は甲信越から東北南部の、ほぼ全ての
ローカルゲレンデを知り尽くしたスキーヤーなので
いろんな情報通でして、頼りにしています^^
この湿原、燧ヶ岳とか尾瀬の帰りにちょいと立ち寄る
そんなカンジですかね、機会があれば~


line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite