荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

冬を追いかけて 吹雪の奥日光

b0244811_063631.jpg

 
■山行日:2014年03月07日(土)
■山:奥日光:刈込湖
■目的:雪
■ルート:湯元(11:50)-刈込湖(14:00-14:20)-湯元(15:50)

つい2、3週間前は大雪に埋もれていたのに、気付けばもう季節は春
空気は冴えていても陽射しは暖かな毎日
これでもう冬が終わるかと思うと、何故か妙に寂しくて
どこでもいいから雪のあるところ、それもとびっきり寒くて山深いところ

そんなところへ行きたくなった
 




b0244811_22193025.jpg


上州へ単身赴任でやって来て、一番最初に行った冬の山歩き
それを想いだして、奥日光にやってきた
日本海からの雪雲が北関東北部へと迫っているので、きっと雪だろう

  
b0244811_22225498.jpg


日光道路から見上げる霧降の尖ったピークが雪雲で見えない
やはり予想通りだ
下界は冬晴れの暖かな陽射しなのに、いろは坂を明智平まで上がるとそこはまだ冬

湖畔を立木観音の方に回り込むと、冬の海だ

b0244811_2226015.jpg


中禅寺湖が白波を立てて荒れている、それはまるで冬の海だ 
目の前の男体山以外は、どの峰も見えない、全て雪雲の中に隠れている
指先がかじかんでカメラさえ、思うように握れない
その身が切れるような風を全身に受けて、凍える寒さを楽しんだ

b0244811_22271497.jpg


ノーマルタイヤで奥日光に来てしまった観光客の車たちが
あちこちで、スリップしたり、道の真ん中で止まってたりで、なかなか進まない
戦場ヶ原の横では、突風とともに舞い上がる雪、地ふぶきで20キロも出せなくて

b0244811_22305454.jpg


結局、湯元を出たのは12時前
凍結の温泉街も、地吹雪で前が見えない
この時間で、このコンディションだ、刈込湖までは届かなくていいさ

 
b0244811_22354352.jpg
 
  

金精峠まで、ひと登りすると、冬季閉鎖の金精道路を跨いで、トレイルは下りとなる
風はときおり強まり、雪は横殴り
こんな日に何を好きこのんで歩いてるんだろう
もうちょっと歩いて、温泉入って帰ろうか

b0244811_22491464.jpg


そう思っていたけれど
蓼ノ湖の凍る湖面に降り積もる雪、その向こうに広がる凍る森を見ていたら
もっと全身で雪を感じたくなった

b0244811_22513350.jpg


トレイルは、蓼ノ湖の湖畔を回り込むように森の中へ誘い込む

b0244811_22522694.jpg


森の中では、少し先に人影が見える
どうやら、ここで引き返すようだ

 「この雪でしょ、帰りはトレースも消えるかもしれないから」

確かに、これだけ降るとそのリスクはある・・・
もういいか、これだけ雪と戯れたら

b0244811_22562064.jpg


なんて、頭のどこかでは思いながらも
脚はずんずんと、森の奥へと吸い込まれて行く

b0244811_22583183.jpg


森の静けさが少し恐くなる
冬の、雪の森って、こんなに静かだったっけ、こんなに怖かったっけ

引き返そう

b0244811_23271095.jpg


のろのろと小峠まで登りきると、その先は更に雪深い森の奥へと下る

もう、引き返そう

何度も何度も思いながらも、一歩一歩、のろのろと下る
まるで雪の森に吸いこまれるかのように

b0244811_2314523.jpg


何故だか、この森から帰れそうにないような、そんな息苦しさを感じたとき
人の気配がしたと思うと、視界がぼんやりと広がった

b0244811_23151486.jpg


刈込湖だ

夏道の倍かかってやって来た刈込湖
どこまでが湖で、どこからが森なのか分からない、幻想的な光景だ

b0244811_23185022.jpg

 
その不思議な光景に、たった2時間のスノーハイクに何故か達成感を覚えた
そうだ、こんな光景に、こんな雪に出合いたかったのだ 
先客のカップルはすぐに引き返し、この景色を独り占め
降り積もる雪は、いつの間にかスノーシューも膝まで隠している

b0244811_20272297.jpg


顔を叩くように吹き付ける雪の冷たさに耐えきれなくなって逃げ込んだ森
恐ろしささえ覚えた深い森が風を防いでくれると

吹雪は消えて雪も優しく
しんしん、しんしんと落ちて来る

凍て付いた静かな森が、ほんのりと暖かく包んでくれて
いつまでもここに居たくなる

b0244811_23205977.jpg


吹雪に隠されそうになったトレースを急いで追って登り返すと
15時を過ぎた森は暗くなり、急ぎ足で金精峠へとスノーシューを蹴った

b0244811_23352176.jpg


湯元から中禅寺湖へ戻ると、戦場ヶ原の向こう、男体山の上は青空
中禅寺湖はすっきりと晴れた空に薄らと赤く染まり始めていて
朝の厳しい表情とは全く変わっていた

b0244811_23374581.jpg


その姿はまるで、冬の終わりを告げているかのようにも見えた

b0244811_23344887.jpg


過ぎ去ろうとしている季節
その後ろ姿を追いかけて、深くて暗い吹雪の森をさまよった日

今日、冬は終わった


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

 
 
by slow-trek | 2014-03-10 00:13 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/22230978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2014-03-10 19:15 x
相変わらず、カッコいい文章ですね。
一歩一歩、吸い込まれる感覚って、子供の頃の小さな冒険を思い出しました。
良くご無事で。
そんな言葉が不思議でないくらいの雪深さが少し怖いです(^_^;)
Commented by pallet-sorairo at 2014-03-11 11:11
>こんな日に何を好きこのんで歩いてるんだろう
ホントホント!
でもね、このぞくぞくしてくるけど吸い込まれて行く感じ
私もちょっと味わってみたいなぁなんて思います。
Commented by slow-trek at 2014-03-12 10:30
恭さん
この日のどんより暗い空と冷え切った空気が、ちょっと怖く
感じたのですが、夏道知ってる人だったら、何をこんなところで
オーバーなぁ、と笑われることかと
でも雪深さ、吹雪は堪能できました
Commented by slow-trek at 2014-03-12 10:31
palletさん
>私もちょっと味わってみたいなぁなんて思います
ふふっ
palletさんも、お好きですね♪
いつもこんなコンディションだとアレですが
たまにだと、もうね!魂吸い取られますよ(って、これはビョーキ?)
Commented by ゆな at 2014-03-16 12:49 x
いちいちじーんと来る文章ですねぇ♪

ほんと、もう暖かくなってきて冬も終わり…
もっともっと厳冬期の雪山に行きたかった…
これからは残雪で遊びましょう♪

雪の森って大好きです。
夏の樹林帯は大嫌いだけどw
Commented by slow-trek at 2014-03-17 22:44
ゆなさん
コメントよりも!なになに、このヤマレコのリンク!??
めーっちゃ画像が素晴らしいですねー
こーんな素敵な・・・ですかぁ
なんとまぁ^^
ゆっくり全記録拝見させて頂きますね~
Commented by ゆな at 2014-03-18 00:27 x
あはは(^^;;
最近ヤマレコ登録したんですぅー。
彼氏との記録は自動でUPされてるんですが、他の山行は、今頑張って登録してる途中です!(地図だけ)
地図に赤線増えるの楽しくて♪

写真綺麗でしょ♪
私が撮ったものではないですがw
Commented by slow-trek at 2014-03-19 23:30
ゆなさん
>彼氏との記録は自動でUPされてるんですが
いいねぇ、ほのぼのとしてて^^
でも、ほんと彼氏の画像美しいですよ
ヤマレコ、お気に入りにして、チェキしますよー♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite