荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

帰れない二人

b0244811_22343593.jpg


思ったよりも夜露は冷たく
二人の声もふるえていました

「僕は君を」と言いかけた時
街の灯が消えました
もう星は 帰ろうとしてる
帰れない二人を残して





b0244811_0425426.jpg


街は静かに眠りを続けて
口ぐせのような夢を見ている





結んだ手と手のぬくもりだけが
とてもたしかに見えたのに
もう夢は急がされている
帰れない二人を残して

もう星は帰ろうとしてる
帰れない二人を残して



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■

by slow-trek | 2014-01-29 00:47 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21946859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hana* at 2014-01-29 14:24 x
お久しぶりです。
この曲、大好きです!
って言っても最近知って、しかも別の人が歌ってるのを聴いていて。
かなり古い曲で揚水さんだったんだ、ってこと、ここで今ごろ知りました。

♫あ~あ~あ~♩
「僕は君を」と言いかけた時
街の灯が消えました
もう星は 帰ろうとしてる
帰れない二人を残して~♩♩
てところで、胸がキューーッとなるんだ。
なんか昔を思い出す。

あ、でも、これは昔じゃなくて今なのよね。
切ない思いに灯が素敵です、いいですねえ、もう一回見ちゃお!
Commented by at 2014-01-30 00:01 x
高校時代、私は陽水は嫌いでした。
アルバム「氷の世界」がヒットしてましたが、やはり好きではなかったです。
多分、陽水氏の父親が亡くなられた直後のライプアルバムを友人が持っていて、何か暗いドヨドヨしたものを感じたんだと思います。

「心もよう」も好きなんですけど「ロンドン急行」が好きでしたね。

郷ひろみも昔、カバーしてました。
Commented by yako at 2014-01-31 20:51 x
下弦の半月のころですねぇ、
祇園から二年坂、いいなぁ、寒そうな京都
北野天満宮も早咲きの梅が咲き始めたらしいです。

帰れない、車中泊でも前夜泊でもないのですよね、この設定は。
京都ですもんねぇ(^-^)、いわゆるデートですよね。
Commented by ジオン at 2014-02-02 23:29 x
こんばんは
昨日は楽しい一日でした。
ありがとうp(*^-^*)q

陽水大好きです。
「なぜか上海」大好き(*^_^*)
Commented by slow-trek at 2014-02-03 23:02
hana*さん
こちらこそご無沙汰です
なんか昔を想いだす・・・って、これまた胸キュンな(笑)
でも、詩もメロディも、胸に響きますよね、私も大好きです
ところで、その後ご主人の山歩き計画はどんな進捗具合でしょうか^^;
今年のシロヤシオツアーにはぜひともご夫婦で参加してくださいね
Commented by slow-trek at 2014-02-03 23:04
鳥さん
暗いイメージ、確かにありますよね
80年代中くらいから?急にムードが変わった気がします
私は何でも聴いてた兄の影響で、結構耳に残ってて
たまにこうして蘇ってたりするのです
Commented by slow-trek at 2014-02-03 23:06
yakoさん
そうそう、寒い頃の京都はいいですよね
山は別として、冬、寒い街を歩いた記憶って何故かしら
いつまでも残ってたりするものです、それが京都ならなおさら、です
デートって・・・まぁ、そんなものですかねぇ(汗っ
Commented by slow-trek at 2014-02-03 23:08
ジオンさん
こちらこそ、本当に楽しくて、今日も想いだし笑い^^;
またぜひとも!
何故か上海?これまたシブイ選曲、ある意味ジオンさんらしいですね
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite