荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

晩秋の尾根を辿る 竜口尾根・又剱山

b0244811_23154944.jpg

 
■山行日:2013年11月24日(日)
■山:台高山系:又剱山からP1320
■目的:晩秋の尾根道を辿る
■ルート:登山口(08:55)-又剱山(09:30)-P1320(11:40-13:20)-登山口(15:55)

1か月ぶりに帰阪していた週末、頭の中でプランは出来上がっていた
この時期ならではの、凛とした冷たい風に吹かれるために、弥山から八経ヶ岳を歩くのだ
もちろん、東口から取り付いて、弥山が一番大きく正面に見えるスポットで
もうダメだ、これ以上立っていられない!って泣きそうになるくらい冷たい風に吹かれるのだ
そんなプランで頭は埋まっていた

さぁ、あとは久しぶりに山友たちに声をかけるだけだ
 



b0244811_2317427.jpg


なのに、山友たちに声をかけて、一人だけ手を挙げてくれたルネさん
「今日の弥山最高でした、雪が朝焼けでピンクに染まって・・・で、明日は何処へ?」
なんて メール返信
あぁそうですか、最高でしたかピンクに染まりましたか、ふん

b0244811_2317327.jpg


じゃ別のところへ行きましょう
雪は無いだろうけど
雪の大峰山系と大台を見上げる尾根を歩きに

川上道の駅で待ち合わせ、上北山村河合へ
そしてザンギリ林道で峠を越えるトンネルを過ぎると、いつもの小落石を避けてドライブ

展望四阿で休憩がてら大峰山系を望む

大普賢岳から弥山、八経、明星、中央に大きく仏生、大きく曲線を描いた勾配は釈迦
そして、その向こう、遥か南方に峰々が続くのが見える

b0244811_2320024.jpg


しばし展望を楽しむと登山口へ移動、ほんの30分で最初のピーク又剱山だ

ここからの展望は大峰よりも、大台の姿が好きだ
そして、その二つの山脈に挟まれた細尾根に立つ大きな樹、この立ち姿に逢いたかった

b0244811_23333440.jpg
b0244811_23323727.jpg


このピークだけは踏んだことのあるルネさんに、これから目指すP1320を指さして見せる
そこまでのルートに、いくつもの小ピークがあるのが分かり、少しゲンナリぎみ

b0244811_2325198.jpg


さぁ行きましょう

b0244811_2326268.jpg


確かに、小刻みに連続するアップダウンほど、後々脚にダメージが残る
でも、この細尾根、西に大峰、東に大台、そして足元に東ノ川
こんな素晴らしいロケーションを歩けるのだ、アップダウンも楽しまなければ

b0244811_23272486.jpg


いくつかのアップダウンで気付いた
この尾根、いつの間にかルートが明確になっている、それに真新しいテープまで?
初めて歩いた2009年ころは、踏み跡が散ってる程度だったなぁ

b0244811_2335183.jpg


小さなグラを巻き、五兵衛平へ登り返し、と進んでいるうちに東ノ川の音が聞こえるようになる

ね?聞こえるでしょ?これ、もっと進むと、西ノ滝、中ノ滝の音も聞こえますよ

b0244811_2335581.jpg


それを聞いたルネさん、足取りも軽やかに落ち葉を蹴って歩く
昨日、弥山・八経を歩いたとは思えない脚力、最近体力が~なんて口癖は何なの?

b0244811_23365220.jpg


P1320手前、最後のアップダウンはヒメシャラ林を縫うように歩く
かさこそ音を立て、秋の名残の落ち葉を踏んで、いつか誰かと歩いたような気のする林

b0244811_2339222.jpg


これって?どっちへ歩くの?ルートは無いの?

不思議そうなルネさん、もうテープも見なくていいですよ
このヒメシャラ林をずんずん登り返したところがP1320ですよ

b0244811_2340840.jpg


ほぼピークに乗っかる辺り、巨大な倒木が横たわっている
前回歩いた時にもあったっけ・・・
巨木を見ると馬乗りになる習性を持つルネさん、ちょっとだけお付き合い

さぁ大台に一番近づけるポイントに行きましょう

b0244811_23425793.jpg


なんて得意げに展望ポイントへと少し降って行くと、そこにも踏み跡がくっきり
そして先客のソロ男性がコーヒーを楽しんでいる・・・ここもメジャーなポイントになったようだ

b0244811_23474262.jpg
b0244811_23475813.jpg


ね?
正面には大蛇嵓、足元には東ノ川が流れ、その上には西ノ滝、中ノ滝の流れ・・・見えるでしょ?

もうルネさんは私の言葉なんて聞く耳も持たず魂を抜かれてる

どうやらソロ男性も滝が見えていることには気付いてなかったようで
慌てて地図を広げている、聞くと彼は奈良に仕事で赴任したばかりのとのこと
いいなあ、これから大峰、台高山系をいくらでも歩けるんだ

b0244811_23483418.jpg


ランチは、ガスも持っていない私のためにルネさんが(特別に)と
何度も念を押しながら作ってくれたラーメンと、私のコンビニ厚切りカツサンドをシェア

b0244811_2349663.jpg


帰路も当然、同じ距離、同じ数の小ピークを登っては降りを繰り返し

b0244811_2350405.jpg


ちょっと足腰にキてる気もするけれど、アップダウンしながらも頬は緩みっぱなしだ
晩秋の空気、大峰と、台高と、そして久しぶりの山友の笑顔

b0244811_2353246.jpg


最近はソロで歩くのが身に付いて、誰かと歩くのも慣れてていない気がするけれど
やはり旧知の山友と一緒の山行は楽しいな

 今度はいつ帰れるの?
 2月に狼平行きたいですね!
 明神平のソリ大会もしなアカンしー
 ソチ五輪に間に合いませんよねー


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



早くも秋の夕焼けの気配漂う尾根、冬山への期待と
山友たちが集まる楽しみを語らいながら、林道に下るまでずっと笑っていた
 
 
by slow-trek | 2013-12-19 00:09 | 近畿[台高山系] | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21673071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2013-12-19 16:00
関東人からすると馴染みのない山域ですが、
「通」な感じがプンプンするルートですね、素敵。
ルネさんの素敵な笑顔も拝見できたし、
スロトレさんは私が今まで使っていたのと同じミレーのザックだし
なんか嬉しい♪
ところで、「又剱山」はなんて読むんですか?
Commented by ルネオバ at 2013-12-20 11:02 x
泣く泣く?弥山を断念、お付き合いしてくださってありがとう!ヽ(^Д^*)/
でもね、あの日弥山に行っても、イメージしたような山は味わえなかったかと・・
やっぱ、あの日は又剱日和だったと思いますよ! ъ(^ー^)
頂いたカツサンド、めちゃ旨でした!次回もリクエストしますね~
え?自分で買え?・って?
無理無理!
ん、なものに何百円も出す勇気はありましぇん・・《;~Д~》
またお付き合い下さいね~
Commented by katsu♨ at 2013-12-20 14:23 x
大峰や台高のマニアックルート歩かしたら
天下一品の域になってきましたね〜(なんのこっちゃ)

でもマニアックでスキルの高い師匠や山仲間のお陰ですね♪
いやほんま 羨ましいっす
Commented by slow-trek at 2013-12-23 21:54
palletさん
レス遅くてごめんなさい
そうなんです!、まさに「通好み」なルートなのです
最初のピークは「またつるぎ」と読みますよ
おっとミレーお揃でしたか^^ちょいと小さいのですが
細かなところまで機能的で気に入ってます
いつかどこかでザックを見て「あ!」なんてね~♪
Commented by slow-trek at 2013-12-23 21:57
ルネさん
確かにね、あのカンジじゃ妙に暖かな弥山だったかな?
ま、ね、大峰でも台高でもいいのです、ただ歩けたら。
こちらこそお付き合い頂いて嬉しかったですよ
次回はいつものメンバーも参加出来るといいですね^^
Commented by slow-trek at 2013-12-23 21:58
katsu♨
いえいえ、この尾根なんて全然マニアックじゃないす
でも師匠や山仲間に恵まれてるのは確かです
ってか、katsu♨ さんもじゃないですかぁ^^
Commented by blueeyedsoul at 2013-12-24 23:15 x
まいどです!
私も11月のアタマにショウタンさんに連れていってもらって感動しました。
おまけにショウタンさんの御好意で小処温泉まで縦走させて頂いて
あの絶景をこれでもかと堪能させてもらい間下このみ。
何とゼータクな山なんでしょうね。
Commented by slow-trek at 2013-12-25 22:39
blueeyedsoul さん
ソウルさん、もちろん記事は拝見しましたよ
ショウタンさんの心遣いが嬉しいですね
贅沢な山でし
ってか、間下このみって^^;
Commented by ゆな at 2013-12-27 07:21 x
おおー!
スロトレさんが行かれた1週間後にピッケル君さんと姉と行きましたよ、ここ♡
でも、怖くて(^^;;
遅くて1320に辿りつけず…
五兵衛平の少し先まででした。

又剣だけなら雪の時期行けないかなぁと思ってます!
最近?破線が引かれたみたいですね、地図に…
Commented by slow-trek at 2013-12-28 20:23
ゆなさん
はいはい、もちろんピーさんのサイト見ましたよ
怖い所ありましたっけ???
読売新道縦走するゆなさんらしくないねー^^
又剣だけならぜーんぜん大丈夫!なのですが
いかんせんアプローチがね、林道にね小さな落石がいっぱい
凍り付いてて、滑るのとパンクが怖いのとで、キケンなのです。
一度残雪の頃にチャレンジしてみてくださいね
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite