荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

7月の黒部 高天原クダル

b0244811_22524194.jpg


雲ノ平から高天原には、過去に二度、岩苔乗越から水晶池を通るルートしか歩いていない
今回は初めてコロナ観測所から降ることになる

その観測所から振り返る水晶

暗雲の下、見慣れた稜線が、いつもより鋭く見えた





b0244811_21294146.jpg


観測所を下ると、一面に雪が残り、ちょっとした雪原となっている
やはり黒部の7月、まだ夏は始まったばかり

b0244811_22542149.jpg


2010年に読売新道を登った際、稜線の温泉の頭から雲ノ平を見下ろしたとき
この辺りは残雪に埋もれていたことを思い出した
奥黒部の雪は深い

b0244811_22564858.jpg


雪原の下には、岩の間を木道が通っている、そうだ、ここは奥スイス庭園だ
水晶と、そこから赤牛への稜線を眺めながらの下り、視線が徐々に下がるにつれ
その稜線は深い森の向こうへと動いてゆく

b0244811_22575235.jpg


このルートも岩苔乗越からと同じく秘境感が深い
いかにも北アルプス最深部へ辿る道といった感じがする

b0244811_22584136.jpg


見上げる水晶の稜線がどんどん鋭くなって行く

b0244811_2304620.jpg


モノクロームの背景に、尖る稜線
観たことのない水晶の姿、ちょっとドキドキする

b0244811_22524194.jpg


トレイルが樹林へ入ると急な下りの連続となる
どこまで下るんだろう?と思わせるほど、ずんずん下り、高天原峠

そして、ふたつ渡渉をすると、そこは私の大好きな楽園、北アルプス最深部

b0244811_23273490.jpg


奥黒部の神が舞う、高天ヶ原だ

b0244811_23101978.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


咲き乱れるキスゲの足元でゆらゆらしてるワタスゲの姿

天候悪くても来て良かった
このシーンの中に立っていたかった
 
 
by slow-trek | 2013-11-18 23:37 | 北アルプス | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21488784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by katsu♨ at 2013-11-19 12:05 x
まさかのチョー時間差攻撃的レポアップにビビリますたw
同じ様なルートを歩かれていたのですね(笑

雲ノ平はアレですが、高天ヶ原はまた訪れたい場所です。
雲ノ平山荘はまだ酒が無尽蔵の頃で良かったですね(笑

話し変わりますが
先日の釈迦ヶ岳でゆなさんにお会いしたみたいです(汗
それに後で分かったのですがDOPPO師匠ご一行の
記念写真のシャッターを押したのは僕です(笑
僕達も記念写真のシャッターを押していただいたのですが(笑
不思議な縁を感じましたよ♪
Commented by ゆな at 2013-11-19 21:21 x
最後から二枚目の写真がすごく好きです♡
高天原、大好きです!ほんとに!
あの人が全然いないこじんまりとした湿原とか。去年、ここで凧揚げして遊びました♪
その先の夢ノ平も大好きです♡

雲ノ平では若者を酔い潰したのですね。笑
真っ白な雲ノ平しか経験してないので、羨ましいです!

katsuさんがシャッター押してくれた方だったのですね♪
Commented by slow-trek at 2013-11-19 22:52
katsuさん
時間差になったのはkatsuさんとダブったからですよ(マジ^^)
katsuさんが雲ノ平の印象イマイチなのは、きっと山荘の
ビア売り切れ事件が忌まわしい記憶として焼き付いてるかでしょね!
師匠から聞いています、何とまぁ、山の世界は狭いとは言うけれど
それだけじゃ無い何かをカンジますね・・・
Commented by slow-trek at 2013-11-19 22:56
ゆなさん
高天原で?凧揚げぇぇ?なんすかそれ(笑)
私の愛する場所で凧あげないでください!^^
夢ノ平、もっちろん私も大好きです、高天原よりも・・・
若者はね、自爆でしたよ?名古屋のA君、未だにメール無いけど^^;
katsuさんね、ただの酔っぱらいオヤジですよーw
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite