荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

7月の黒部 雲ノ平山荘にて

b0244811_22472134.jpg


黒部の谷底、静かに響く沢の音を枕に眠る

珍しくぐっすり眠ることが出来たのは、宿泊客が少なかったからだろう

今朝も独り占めの自炊室で朝食を終えると出発

小屋番に、昨日の事故ポイントについて聞くと、特に整備状況に問題があった訳ではないとのこと

昨日から胸につかえてたモノが少し楽になった




b0244811_22485641.jpg


さぁ今日も歩こう

ここから2時間、暗い森、じめっとした空気、苔に覆われた岩を登り詰める

b0244811_2275397.jpg


そして、台地に乗っかった瞬間、空が広がる
あぁ今年も来たよここまで

b0244811_2283549.jpg


まだ、しっかりとした残雪が横たわる雲ノ平
目の前に水晶岳、振り返ると薬師岳、右手には黒部五郎、三俣、鷲羽

b0244811_22285595.jpg


空は暗く、重い雲が垂れ込めるけど、私の好きな山たちに囲まれて立つ、それだけで。

b0244811_2293793.jpg


この天候と時間だ、鷲羽まで歩こうと思ったけれど止めておこう
雲ノ平山荘に入ると、缶ビールを買って、自炊エリアを借りる

b0244811_22202545.jpg


素晴らし眺めに見とれながらビールを飲ってると、急に空腹を覚える
ちょっと早いけどいいか、ストーブ、フライパンを出してこそこそやってると
いつの間にか、若い男性が窓辺に立ってぼーっとしている
足元のザックを見ると、昨日泊まってたかのように見える

「今から?鷲羽方向?」
「いや、なんだか、もう、今日もここでいいかなぁ、なんて・・・」

b0244811_22125775.jpg


20代後半くらいだろうか、その彼の気持ちが、小さく伝わって来る

「いいよねぇ、ここ。良かったら食べる?いっぱいあるから」
「あ、ホントですか?じゃ頂きます」

b0244811_2213331.jpg


窓から鷲羽を望みながら、焼いたソーセージをポキんと齧ってビールを飲む
会話はほとんどないけれど、名古屋から来た彼、憧れて憧れてやっと来れた雲ノ平
昨日は興奮しっぱなし、今日も朝から放心状態だそうだ
 
「いいですよね、ここ」
「いいよねー、ここ」

ロング缶2本とワインまで空けてほろ酔いな男二人

b0244811_22135276.jpg


「祖父岳だけでも踏んで来たらいいのに」
「そですね、そうしましょうか」

b0244811_22155970.jpg


この時間にワインは飲み過ぎだったろうか、彼はほろ酔いを過ぎてしまった様子

山荘にはダイニングから低く流れるノラ・ジョーンズのスモーキーヴォイス
時はゆるりと流れるだけ

b0244811_22183385.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



飽きもせず山荘の窓から外を眺めていたが、ここに泊まるわけじゃない
飲ませすぎたっけ?いつの間にかテーブルに伏せて居眠りの彼

じゃ、オレ行くからね

 
by slow-trek | 2013-11-17 22:51 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21482869
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2013-11-19 21:20
雲ノ平山荘、ウッディで素敵ですね。
新しくなったのは知っていたけど、内部をこんなふうに見た野は初めてです。
私は昔の体育館みたいな山荘に泊まったきり、それも、布団一枚に3人みたいな混雑の日だった。
でも、そのころは私もまだ自炊で歩いていたので懐かしいです。
高天原と黒部五郎には行っていないので、どうコース取りをしようかと
長いこと考えていて…いい加減にカビが生えそうです(^^ゞ
Commented by slow-trek at 2013-11-19 22:48
palletさん
体育館みたい、ね?上手い表現ですねー
私は、古い山荘、テン場、新築の山荘と、バリエーションこなしてます^^
>高天原と黒部五郎には行っていないので、どうコース取りをしようか
それはですね、一気に周回!それしかないでしょ
部分的にって、それはそれで難しいエリアですから~
でも、考えようによっては、美味しいところ残してますよね^^
このエリアのことなら相談に乗りますよ♪
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite