荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

冠雪の穂高を望む 紅葉の焼岳

b0244811_20334061.jpg


■山行日:2013年10月13日(日)
■山:焼岳
■目的:穂高エリア紅葉の穴場
■ルート:中の湯登山口(06:30)-北峰(09:30-09:50)-焼岳小屋(11:30-12:00)-帝国ホテル(14:20)

1週間前の会津磐梯山軽ハイクで、腰の調子は7割ほど回復したことを確かめた
じゃ、3連休はどこか歩こうか・・・なんて言えないのが哀しきサラリーマン
上期の〆だの下期計画の微調整だの、三日休めるような余裕は無く、休めるのは中一日だけ
さぁてと、今シーズン最後の北アルプス、どこへ行こうか?
と、ビールをチビチビ飲みながら、2年前のヤマケイをパラパラしていて手が止まったのは
穂高エリアで唯一未踏だった山、焼岳だ

そうか、焼岳だと距離も短く、涸沢へ向かう行列の喧噪にも紛れない
そして何よりも、この山の紅葉は、涸沢、岳沢に続く美しさなのだ

決めた、焼岳行こう




b0244811_20344090.jpg


土曜は軽く仕事をこなして、早めの夕食の後仮眠、そして深夜12時に出発
沢渡へ着いたのは3時半、上高地よりの池尻駐車場でやっと一台分のスペースを見つける
シートを倒して目を閉じるけど、フロントガラス越しの星たちが瞬いて眠らせてはくれなかった

b0244811_20361526.jpg


上高地から沢渡をピストンしているタクシーを捕まえて中の湯登山口まで移動する
今日の連休中日は、上高地が1年で一番人が多い日だから、早く下山しないと
安房峠から松本市内までの大渋滞に巻き込まれるとのこと

・・・そんなの聞かされると、やはりピストンだな、そもそも腰も不安だし

b0244811_20353281.jpg


路肩駐車で溢れてて、すさまじい状況の登山口から出発
背中に朝陽を浴びながらの歩き初めは、思ったよりも急登が続く
足元はしっかりしたステップで歩く易く、涼しさも手伝ってサクサクと進む

b0244811_20381160.jpg


よく整備された気持ちの良いトレイルをずんずん歩き、60分過ぎた頃にフラットな場所となる
りんどう平だ、見上げると秋空が広がり、重い腰なのに足早になる自分がいる
そして、針葉樹に囲まれた小さな空に、山影が見えて来ると、我慢できず、駈け出していた

b0244811_20385429.jpg


雲一つない空、白樺の黄葉、笹の緑、足元に広がる焦げ茶色のシラタマノキ
明神岳、前穂、奥穂が近づき、振り返ると乗鞍がすぐそこに見える
焼岳って、こんな山だったのか、樹林から一気にこの展望、なんとドラマティック!

b0244811_20393440.jpg


一人感動してるところへ、カメラ片手に話しかけてきた方によると、今年の紅葉は今ひとつだそうだ
ナナカマドは先週で終わってはいるけれど、今年は綺麗な赤が出ていなかったと
確かに、白樺の黄葉ばかり目立っているけれど、私には充分美しく感じられる
なんてったって諦めていた紅葉の北アルプスを歩けているのだから

b0244811_2040656.jpg
b0244811_2042117.jpg


白い噴煙が見え始めた頃、いつの間にかトレイルは渋滞と化していた
見上げると、南峰と北峰のコルの辺りまで、最後の急登に皆さんスローになってるようだ
登山口から3時間、凍えるような西風に吹かれてコルに立つ

b0244811_20425369.jpg


足元の火口には池、鋭角にそそり立つ南峰は、風の冷たさと相まってより厳しい峰に見える
秋空の澄んだ青、吹き上げる噴煙の白、白樺の葉の濃い黄色
トリコロールのコントラストが目に痛いほど染みる

b0244811_20432899.jpg


風に煽られる噴煙を避けながら、コルから北峰に向かってトラバースすると
北峰に向かっても渋滞中、いやそれでも涸沢に比べたら全然大丈夫
7~8分も待ってるとピークへの岩場を抜けて、輻輳状態のハイカーを縫ってピークへ立つ

b0244811_2046816.jpg
b0244811_20463627.jpg


登山口から3時間、こんな素晴らしい展望が待ってる焼岳、何故今まで登らなかったんだ

目の前には、今シーズンはもう見ることは出来ないだろう
そう諦めていた穂高が、その頭を白く輝かせて魅せてくれた

b0244811_20473652.jpg


笠岳からの稜線を目で追いながら、山名をひとつひとつ口にする
水晶岳、鷲羽岳、双六岳、野口五郎岳、西鎌尾根から槍ヶ岳まで望める
あぁ、オレ来れたんだ、ここまで来れたんだ
もう今年は歩けないと思ってたのに、穂高が、それも薄らと冠雪した姿で目の前にいるのだ

そう想うと、ちょっとグッと来た

b0244811_20483060.jpg


いつまでも眺めていたかったけれど、思いのほか広いピークも雑踏と化して来たので下る
ピークに立つまでは、腰の調子を考慮してピストンと決めていた
でも、あの穂高連邦を正面に焼岳小屋までの60分ほどを歩けるのだ・・・上高地に下ろう

b0244811_20492381.jpg
b0244811_20502576.jpg


上高地への下りは、中の湯ルートと違って、砂礫続きとなる
このスリッピーな下りは、腰を労わりながらでないと歩けない身には辛い
それでも、穂高連邦を正面に歩く誘惑には勝てない、こんな晴天の中、このシュチュエーションなのだ

b0244811_21521624.jpg
b0244811_21325850.jpg


小屋からの下りは東方に折れ、霞沢を正面に見ながら歩き始める
昨年の秋は、あの稜線を歩いてたんだ、今年は梓川を挟んでそのピークを眺めながら
同じ秋に歩いてる、一年後、こうして霞沢を見上げながら歩いてるとは、思いもしなかった

b0244811_2138208.jpg


九十九折れを過ぎ、トレイルが北へ回り込むところ、梯子渋滞だ
15分も待たされただろうか、先が見えなくて様子が分からないけど
穂高連邦の足元に梓川の流れ、空はずっと青く、待ってる間も全然苦にならない

b0244811_21353516.jpg
b0244811_21364349.jpg


想像外の激下りで、一気に高度を下げると、美しい上高地の森を縫って歩く
まだ紅葉していない森を、汗をかきながら歩いてると、今の季節が分からなくなるほどだ

b0244811_21393627.jpg


林道へと飛び出たところで座り込んだ、いや、倒れ込んだ
このまま河童橋まで歩いて、穂高と人混みを眺めながらビールを飲んで
夕暮れに染まる穂高を拝んでから最終のバスに乗ろう・・・なんて想ってたのに

b0244811_21402619.jpg


河童橋まで2キロ弱、きっと今の自分には、たったそれだけが歩けないよ
ぐずぐずとした想いを引き摺りながら、林道を右折して帝国ホテルへと歩き始めた


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



運よく捕まえられたタクシーに揺られながら、大正池から焼岳を見上げる
小学生連れのファミリーでも登ってるこの山に
今日こうして自分が登れたことが嬉しくて嬉しくて

何度も何度も振り返っては今シーズン最後の北アルプスに別れを告げた
by slow-trek | 2013-10-22 22:55 | 北アルプス | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21329891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tukinobo at 2013-10-23 00:31
うおおっ、焼岳かぁ、カッコイイですね(^-^)
素晴らしい眺望が見れたんですね、いいなぁ、そのコース。
わたしは新中の湯から登って、中尾温泉に下りました、
雲がかかって、眺望が無くって、下山途中から小雨が降りだしました。
それでも、焼岳の火山のかっこよさ、はこころに残り、特に
硫黄の噴気孔がかっこよかったです、このレポを見ていたら、
ムズムズと焼岳また歩いてみたくなりました、
上高地に下りるコースいいですね、帝国ホテルまででもいいですね。
あ、腰、お大事にしてくださいね~、若いんですから。
Commented by ゆな at 2013-10-23 07:48 x
よかったですー。・゜・(ノД`)・゜・。
ほんとに!
腰、良くなってきてるみたいですね!
焼岳登れたんですから!

焼岳いいですよね♪
私も去年の同じ時期に同じルートで登りましたが、りんどう平からの絶景に叫んだの覚えてます!
紅葉も素敵でした♪
上高地側から登るより、中の湯側から上高地下山のが良いですよね( ´ ▽ ` )ノ

焼岳…私が5番目くらいに好きな山です♪
Commented by GRI at 2013-10-23 14:13 x
焼岳、紅葉もきれいですが、山容も素晴らしいんですね!
実は、連休前に有給を取って焼岳~上高地~涸沢ルートで紅葉を楽しもうと計画してたんですが、急に仕事が入ってドタキャン・・・
スロトレさんの記事を見てたら、来年は絶対にリベンジしたくなりました。
腰、調子良いみたいですが、これから寒くなりますので、ご自愛ください (^^)/
Commented by Chika at 2013-10-24 09:41 x
軽ハイクからいきなり焼岳!
驚くと同時に、順調な回復ぶりに安心しました♪
と同時に、調子こいてまた腰にこないかと心配も…^^;
焼岳はスロ先輩とは逆に、ワタシの初北ア。
穂高や槍を間近に見て心ふるえた思い出のお山です♪

あれ?そういえば今回の山メシは??(・∀・)キュンキュン
Commented by pallet-sorairo at 2013-10-24 13:47
今シーズン内に穂高が見られてよかったですね~。
順調に回復しておられる?ようで、一安心です。
私は以前、秋分の日の連休に焼岳から西穂への縦走途中で小雪に降られたことがあります。
お仕事の隙間のような日にこれだけのお天気と素敵な展望を得られたのは
スロトレさんへの神様からの快気祝いですね、きっと。


Commented by slow-trek at 2013-10-24 18:26
yakoさん
あぁ中尾温泉に下りましたか、焼岳、ずいぶんお気に入りのようですね
確かに噴煙も青空に映えてカッコ良かったですよ
上高地への下り、ハシゴ渋滞はあるけど、あの展望ですから
いっくらでも待ってやるぜ的余裕かましてました^^
帝国ホテルはね、あんなバカ高いホテルなのに若いカップルが・・・
あぁ、これ以上こぼすとアレなので^^;

>あ、腰、お大事にしてくださいね~、若いんですから。

もう若くなんてないよぅ(・∀・)キュンキュン
Commented by slow-trek at 2013-10-24 18:26
ゆなさん
どうもありがとう!調子は、まずまずです
そうそう、りんどう平から一気に開ける展望はドラマティックですよね
私も、思わず声を上げて、走っちゃいました(おっさんなのに^^;)
上高地から・・・たぶん、今の私では登れません(涙
そうそう、スタッフブログ見ましたよ、もしかして黒部はゆなさん?
トップページもすっきりしたカンジ、でも春夏モノのバナーを早く
冬モードに変えないとね、なんちゃって
これからも定点監視しますね^^
Commented by slow-trek at 2013-10-24 18:27
GRIさん
>連休前に有給を取って焼岳~上高地~涸沢ルートで紅葉を楽しもうと計画してたんですが
それはまた、なんと贅沢なプランでしょうか、そこに岳沢入ると、もう、もうっ^^;
でも仕事には勝てませんよね、ぜひ来シーズン歩いて下さいね
>腰、調子良いみたいですが、これから寒くなりますので、ご自愛ください (^^)/
暖かいお言葉ありがとうございます
Commented by slow-trek at 2013-10-24 18:28
Chikaねーさん
>と同時に、調子こいてまた腰にこないかと心配も…^^;
いや、それが、この後すぐ二か月半ぶりの遠距離出張があって
今ちょこっとキてます(涙
あ、そうか、ねーさん家は焼岳が北アデビューでしたか
それはそれは、思い入れがあることでしょうね・・・・と、遠い目
山ごはんはね、河童橋食堂で、と思って行動食だけだったのでつ
期待させてごめんなさいね、って、なんで?^^;
Commented by slow-trek at 2013-10-24 18:28
palletさん
>今シーズン内に穂高が見られてよかったですね~。
ありがとうございます、おかげさまで感涙モノでした
焼岳から西穂への縦走ですか~、今回思ったのですが、その縦走って
結構キツかったのではないでしょうか?このエリア舐めてたなぁって
しみじみ感じましたです。
>スロトレさんへの神様からの快気祝いですね、きっと。

(・∀・)キュンキュン
Commented by たかっさん at 2013-10-24 20:45 x
腰痛の辛さはよう分かります!
でもしっかり一歩一歩確かめながら楽しみながら歩いてるスーさんの姿が何となく分かるような気がしますわ~
しかし無理は禁物ですよ!って山の魅力にゃ勝てないか?
Commented by ルネオバ at 2013-10-25 00:19 x
このトップの画像ね、めっちゃ絵心をくすぐられるんですけど・・
構図もバッチリやし、ささっと、力強いタッチで、ぐいぐいと・・・
・・って、既に頭の中では絵が出来上がってますねんけど・・あは!《;~Д~》

ところで、アホな質問。
輻輳・・って、ごく普通に使われる言葉なのでしょうか?
ワタシ、辞書で調べたんですけど・・・・私がアホなだけ?

山、復活できそうで、よかったね!
でも、無理は禁物ですよ! (⌒ー⌒)

Commented by ゆな at 2013-10-25 01:03 x
大声出して走るの、わかりますー!笑

あ、見ていただいてありがとうございます♪
そうです、黒部五郎の記事は私です。笑
時間なくてものすごく適当に書いてます(^^;;
なかなか更新できなくて…
そのうち更新しますのでまた読んでやってください♪笑

トップページ春夏のままでしょ(´Д` )
早く変えてくれと言ってるのに、まだなんです…あれじゃダメですよねぇ(´Д` )
Commented by slow-trek at 2013-10-26 22:57
たかっさん
あー、たかっさんも腰痛に悩んでましたよね
お互い苦労しますね、、、でも、山の魅力には勝てない
これも、お互いさまでしょ^^;
Commented by slow-trek at 2013-10-26 23:01
ルネさん
絵心くすぐられますか~、構図とかはよく分かりませんが
この位置から見上げた姿、それに青空に白い噴煙がいいカンジでした
>輻輳・・って、ごく普通に使われる言葉なのでしょうか
私の業界では頻繁に使われる用語です、確かにフツー使わないかも
またひとつ賢くなって良かったですね^^;
こんなカンジでんぼちぼち歩いて行きますね
Commented by slow-trek at 2013-10-26 23:04
ゆなさん
やっぱり!そうかと思ってました
でも、自分の山行記録を、あんなカタチで公開できるって
なかなか楽しいでしょ?あ、好きなこと書けないかもね^^;
これからも楽しみにしてますね!
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite