荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

紅葉の磐梯山

b0244811_0441965.jpg


■山行日:2013年10月06日(日)
■山:会津磐梯山
■目的:東北の秋
■ルート:八方台登山口(09:00)-お花畑(11:00)-ピーク(12:00-13:00)-八方台登山口(15:30)

腰を痛めて山歩き自粛からほぼ2か月、そろそろ紅葉もピーク
ちょこっと試し歩きをしてみようか、なんてネットをこそこそとチェック
条件は、軽ハイク、そして紅葉、もちろん未踏のお山・・・そうだ、東北の秋をまだ知らないのだ
上州へ単身赴任して来てから、ぜひ東北の秋を歩いてみたかったのだ

てなことで選んだのは、紅葉に燃ゆる会津磐梯山

まだ見ぬ東北の秋に想いを馳せて東北道を北へと走った




b0244811_0451288.jpg


那須以北は初めて自分の運転でドライブ、郡山から磐越自動車道へ分岐すると
そこはもう見知らぬ地、なのに小雨と霧で何も見えなく、ちょっとブルー
磐梯山の最短ルートとなる八方台ルートは磐梯河東で降りて旧有料道路のゴールドラインに入る
ゲレンデを縫うように、標高1,194mの最高点まで上がると、そこが登山口だ

b0244811_0453872.jpg


広い道幅のトレイルは、ブナ林の中をなだらかに進む
このエリアのブナは細いものばかり、そのブナがガスに煙る森に映えて、立ち姿が美しい

b0244811_046713.jpg


煙るブナ木立の中を30分も歩くと、突然視界が広がり硫黄臭が漂う
ふと足元を見下ろすと、小さなアブクがぷくぷくと沸いている
左手に温泉跡地の廃墟を見下ろしながら、湿地の上に渡された木道を進む
色付き始めた樹林を進むと、やっと登山道らしくなる

b0244811_0462796.jpg
b0244811_0472392.jpg


温泉跡地から30分、切り立った展望地から、足元に銅沼(あかぬま)
そして爆裂火口の火口壁が見える、たしかあの火口壁に沿って歩くルートもあるはずだ
ガスさえなければ、檜原湖が見渡せれるのだけれど

b0244811_0475053.jpg


あ、ガスが消え・・・なかったか
今日は期待していた秋の東北の展望は諦めるしかなさそうだな

b0244811_21762.jpg


展望地からトレイルは少し降り、再びブナ林の中を緩やかに登り
40分ほどでお花畑との分岐、ガスで何も見えないお花畑を抜けるとガレた急登だ
そして登り詰めると、赤い屋根、赤い壁の弘法清水山小屋
ここからの眺めも最高だと聞いていたが真っ白なのでスルー

b0244811_0492676.jpg


そして最後の急登は汗だくの20分、やっと辿り着いたピークももちろん真っ白
あぁ、東北のお山の展望はガスの彼方に・・・
ランチとお茶で、まったりと1時間も休憩しても、ガスは一向に消えそうにない

b0244811_0504936.jpg
b0244811_05151.jpg


さぁ残念だけど降ろう
と、下り始めると、空はうっすらと広がり、紅葉のトレイルに木漏れ日が射す

b0244811_0515672.jpg


あぁ、やっぱり私はブナ林にいると心落ち着く気がする
山歩きを始めた近畿の台高、大峰山系の空気が染みついているからだろうか

b0244811_1443788.jpg
b0244811_0441965.jpg
b0244811_145428.jpg


雲の流れとともに動く陽射しが紅葉の樹林を明るく、そして暗く照らしては揺れる
ゆっくりと腰を労わりながら歩く私を追い越して行くグループの歓声が響き渡る

b0244811_1412720.jpg
b0244811_0542624.jpg


中の湯の温泉跡地まで戻ると、廃墟となった辺りを散策されていたご夫婦の驚く声が聞こえる
どうやら、お湯が出ているようだ、ぷくぷくと沸く白濁に手をさすと確かに暖かい
どうやら90年代までは営業していたとのこと、いいロケーションの温泉だ

b0244811_0544981.jpg
b0244811_0552546.jpg


登山口までは、傾きかけた秋の陽がブナ木立を柔らかく照らしてくれる
ガスってばかりの山は、ほんの少しの陽射しでも嬉しくなるもの
うん、来て良かったぞ東北

b0244811_056116.jpg


下山するとゴールドラインを裏磐梯へと下るけど、楽しみにしていた山塩ラーメンはお休み
他の店も開店休業ばかり、そして旅行者の一人の姿も見かけない高級リゾートタウンは
まるで映画のオープンセットのようで薄ら寒くもある
あきらめてお風呂だけ入ろうとしても、温泉は廃業、スマホで調べて行ってもどこも休廃業
ガソリン補給ついでにスタンドで尋ねると、ようやく1軒だけあった

b0244811_057119.jpg


「まぁ仕方ないよ、アレから人もさっぱりだ」

全てを諦めきったような表情でそうこぼす店員さんの一言
こうしてお気楽にやって来る我々と、現地で生きる人との違いに直面する

・・・いや、だからって、気後れすることはないさ
だからこそ、また来よう、また東北の山を歩こう


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



花は花は花は咲く
いつか恋する君のために
by slow-trek | 2013-10-12 02:06 | 東北[朝日・飯豊] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/21262925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2013-10-12 13:19
たこさんウインナ登場!(^^ゞ
こんな所もそろそろなら歩けるようになったんですね。
紅葉も素晴らしくて、よかった。

♪ かなえたいゆめもあった
 かわりたいじぶんもいた

徳本峠を下りながら私が口ずさんでいた『花は咲く』の一節。
このフレーズを口ずさむとき
あの日、命を落とした若い人たちのことを思い出して、
いつも胸がいっぱいになります。
Commented by bp-hiro at 2013-10-14 16:03 x
(^_^)
ここにも6本タコ足赤ウィンナーが登場してますね!
でも、スロさんも比較的雨男ですねぇ~
Commented by slow-trek at 2013-10-14 23:33
palletさん
ありがとうございます、軽ハイクなら、なんとか歩けるように
なりました、ゆっくりですが前進しています^^
この歌詞の意味を想うと切ないですよね・・・
また東北行きますよ!
Commented by slow-trek at 2013-10-14 23:34
hiroさん
>でも、スロさんも比較的雨男ですねぇ~
えーっ!降ってない降ってない^^;
horoさんみたいに、雨や台風狙って山行きませんから~
ほんと、毎回ブログ楽しんでますよ^^
Commented by ジオン at 2013-10-16 18:35 x
7月に同じルートで、、雨でした。(泣)

中の湯の温泉跡地あたりの紅葉が素敵です。
ほんと、、行こうと思ってた温泉も休業してました。

この連休も、、東北でした。
東北は見どころもいっぱい、すてきなところで、、
近いスロさんがうらやましいです。

来年は白神山地に行きたいです。
Commented by slow-trek at 2013-10-20 22:59
ジオンさん
連休は東北だったのですね!
私も、こちらにいる間に、可能な限り東北を歩きたいな、と・・・
北アルプスは大阪からでも行けますからね
白神山地、はい、もちろん狙ってますよ
ジオンさん、どうぞお先にね^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite