荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

白馬のたてがみ揺れる 春嵐の八方尾根

b0244811_19442933.jpg

■山行日:2013年03月23日(土)
■山:白馬(八方尾根)
■目的:白馬三山大展望
■メンバー:2名
■ルート:八方池山荘(09:45)-ケルン(10:20-10:40)-八方池山荘(11:00)-グラートクワッド(12:05)


「八方尾根のリフト券が余ってるのでご一緒しませんか?」

一か月前に、スノーシューの練習に連れてって欲しいとのリクエストに応えて
上高地スノーハイクに同行してあげたF女史から嬉しいお誘いを受けた
まだまだ雪に埋もれてるはずの白馬三山を拝めるのだ、誘いに乗らないワケがない
ってことで、二つ返事で白馬に出かけた
 



b0244811_19474633.jpg

無料駐車場で待ち合わせたF女史の車に着いて行くと、ゲレンデに近くなるにつれ
500円から1000円へと駐車場の料金がUPして行く、しかし何故か最終のゴンドラ乗り場前の
超便利な場所は500円だった、さすがスキーヤーのF女史、情報ツウだ

b0244811_19492162.jpg

準備をしてゴンドラで出発、今日の予報は昼前から晴れるはず
アダムの窓から望む白馬は、暑い雪雲に隠れているけど、高度を上げるにつれ光が射し込む
そして、アルペンクワッドから、グラートクワッドへ乗り換える頃には
リフトが雲の中を抜け、青空へ飛び出すような感覚に、完全な雪山ハイだ

b0244811_19493453.jpg

ところが、八方池山荘からハイクアップすると、とんでもない風に圧倒されてしまう
白馬三山も陰しか見えず、その強風に怯えて下山してくるハイカーばかりだ
これはちょっとヤバいかも?この私でも体が振られてるのだ、小柄なF女史では持たないだろう
と、そんな心配をよそに、わしわしとスノーシューで登り始めるF女子の後を追う

b0244811_2022781.jpg
b0244811_19512947.jpg

夏道だと階段のところが、やや細尾根状態になっていて、そこだけは危険な箇所を抜ける際
大声で注意をするけれど、声は風に飛ばされて届かない
そして、一番細いところを通過するときにやって来た風に、思わずしゃがみこむF女史
ハラハラしながら見守ると、どうにか四つん這いでそろりと立ち上がると、歩き始めた
風を受けては座り込み、また歩き始めるを繰り返し、やっと八方山ケルンまで来ると、F女史を止める

b0244811_1957325.jpg

「Fさん?このコンディションだと無理です、今日は引き返しましょう!」

b0244811_1958315.jpg

きっと抵抗するであろうF女史に、意志の固いことを分かってもらえるよう、きっぱりと宣言した

「・・・確かに無理ね。でも、もう少しだけ、大好きな白馬からの風を受けてからね」

b0244811_19585323.jpg

八方山ケルンにしがみ付くようにして風を受けるF女史は、下山するハイカーたちの注目の的だ
しばらくすると、白馬の雲が切れ、その姿が現れ始める
すごい風だ、登山を始めて7年、山でこんな風を受けたのは初めてのことだ
私も、ケルンにしがみ付きながら、あきれるほど強い風を全身で受ける
まるで、白馬のたてがみが春嵐に揺れて、それが風を起こしているようだ

b0244811_2012439.jpg
b0244811_2025891.jpg

丸山ケルンくらいまで行けたなら、なんて野望は風に吹き飛ばされ
第2ケルンどころか、八方山ケルン(石神井ケルン)までの、ちょっとした散歩で終わったハイク

「このままじゃ、もったいないよね?下のリフトまでゲレンデ歩きましょ?」

b0244811_203595.jpg
b0244811_2062573.jpg

F女史の提案に乗って、サイドカントリーを雲の切れ間に白馬を眺めながら下る
東からの風が緩くなると、ゲレンデの下からの風が強くなる
そして高度を下げるにつれ気温の変化で、ゲレンデは白く濃いガスに埋もれてしまった

b0244811_2073448.jpg

その夜はスキー仲間と合流するF女史と分かれ、一人温泉に向かう頃
雲が切れた青空の中、あの春嵐に揺れていた、たてがみはすっかりと収まり、静かな白い馬がいた
その姿は、まるで昼間の春嵐は知らなかったかのような気品のある姿だ

b0244811_2011356.jpg

あの、じゃじゃ馬はどこ行ったのやら・・・
全身で受け止めた白馬からの風の強さ、それは冬の白馬が持つ凄味のようなものを感じさせた





ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



そんな静かな白い馬を眺めながら、今シーズン最後の雪山は終わった
そして、あの日からGWも終わった今日まで山を離れている
by slow-trek | 2013-05-11 21:33 | 北アルプス | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/20426127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyaji at 2013-05-12 01:02 x
雪山のレポ、季節はずれですが、いいもんですね
そういう私も、2月のレポをナイショでアップしてますが(笑)

Commented by かもしか at 2013-05-12 11:46 x
雪山!ホントにかっこいいですよね!!
惚れ惚れしちゃいます(^ё^)/白銀の世界を見たり歩けるなんて、私も嬉しくって嬉しくってウキウキ間急上昇です。
v(^О^)v
楽しかったことを肥やしに、ちとがんばろうっと。
Commented by dahan at 2013-05-12 15:20 x
スー兄貴お元気ですか?
白馬いいですねえ。
スライドショーに引き込まれましたやんか!
Commented by ゆな at 2013-05-13 19:25 x
この日の一週間後、私も唐松行きました!
私が行った日はほぼ無風でラッキーでしたが、強風だと怖いですよね(>_<)

この日から山を離れてるって何かあったんですか?!
Commented by パンダ at 2013-05-14 23:17 x
おりょ、晴れてますね〜
強風はともかく、なんか爽快そうでうらやましです。
この日は、上州まで出かけてトホホでした。

一週間後のゆなちゃんと同じ日に私も唐松へ行きました。ここが、めちゃめちゃ気に入ってしまいました。

でもスーさん、山に行ってないて大丈夫ですか?
Commented by slow-trek at 2013-05-15 23:47
oyajiさん
久しぶりに訪問したけど、そんな記事ありましたか?
季節外れでもね、残しておきたいことは、ちゃんとね。
Commented by slow-trek at 2013-05-15 23:50
かもしかさん
そうですよね、雪山って、それだけでいいですよね
また次の季節まで合えないところがいいですよね

>楽しかったことを肥やしに、ちとがんばろうっと

はい、そうしましょ
ありがとう
Commented by slow-trek at 2013-05-15 23:53
dahanさん
うーんんん、元気だけど元気じゃない?みたいな
ま、ちょっとね、いろいろ忙しいだけですよ

>スライドショーに引き込まれましたやんか!

嬉しいなぁ、観てくれた人もいるんだ
これ、自分でもめっちゃ気に入ってるのです
ありがと
Commented by slow-trek at 2013-05-15 23:57
ゆなさん
いいなぁ、唐松まで行けたのですか
なんて羨ましい
関西に戻ってもやはり北アルプス恋しいですか?
って、恋しいに決まってますよね^^;
風は怖いよー、白馬からの風!想像を絶する風でしたよ
Commented by slow-trek at 2013-05-16 00:01
パンダさん
パンダさんって、単身赴任されてからの方がアグレッシブですよね
サイト拝見するたびに、なんでこうも自分と違うかなぁ
なんて、ちょっと自己嫌悪に陥ったりしてますよ^^;
唐松ね!そりゃいいでしょう、私的には積雪の遠見尾根を
歩きたいなぁなんて思うのですが
私の歩けないぶん、ガンガン攻めて、アップしてくださいね
楽しみにしてます
ありがとう
Commented by kawakita at 2013-05-21 13:56 x
凄い雪山ですね。南国に住んでる自分には異世界に見えました。
Commented by slow-trek at 2013-05-27 00:30
kawakitaさん

まだまだ雪の残ってる山はたくさんありますよ^^
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite