荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

小田代ヶ原スノーハイク

b0244811_1157935.jpg


■山行日:2013年01月13日(日)
■山:って言うか山じゃないけど奥日光小田代ヶ原
■目的:スノーハイク
■ルート:赤沼茶屋(11:10)-小田代ヶ原周回-赤沼茶屋(15:30)

自分で書いておきながらアレだけど
単身赴任なオヤジが一人で 「スノーハイク」 ってどうよ?
何だか照れくさくない?どっちかと言うと雪山徘徊だぞ

ま、新年早々またまたやってしまったから仕方ない
遠征するために、深夜2時に目覚ましセットし、ノンアルコールで寝たのが21時
なのに
あぁ、それなのに
スズメの声に起こされたの7時20分・・・

何時間寝てるのだ>オレってやつめっ!
 



b0244811_1223646.jpg


てなことで、慌てて家を飛び出したのは8時過ぎ、さてどこ行こう?
こんなときは赤城山だ、今からでもサクッと行けて、サクッと帰れるだろう
と、そのときFM東京から流れる交通情報では関越自動車道は大渋滞
高崎から赤城まで70分・・・

b0244811_125222.jpg


FM流してて良かったよなぁ
んじゃ、日光方面だな、まずは東北道に乗れっ!

b0244811_126655.jpg


中禅寺湖周辺の山を思い浮かべたが、11時から歩くなんて在りえなくて
小田代ヶ原の周回散歩と決め込んだ

それが、オヤジ一人でスノーハイクなんてことになった経緯なのだ

b0244811_1285237.jpg


小春日和な雪原はぽかぽか陽気
アイゼンの出番も無く、持ってきた以上使わねば的な、半ば意地になって
ガリガリとスノーシューで歩いてるグループをサクサク抜いて行く
小田代ヶ原展望台ではすでに汗ばむ

b0244811_12123585.jpg


この雪原ハイクで唯一難所であるスケートリンクな林道
許可を得てる車両だろうか、ジムニーはこの氷の上をザクザク走行してゆく

b0244811_1214034.jpg


しかし雪が無い
明智平からの男体山の展望には驚くほど雪が無かった
クリスマス前後には隠れ家として暮らしてる上州の街からも、毎朝白く輝いていたのになぁ

b0244811_12161436.jpg


それでも青空と白樺と男体山
絵になる姿だ

b0244811_12183872.jpg


二時間のハイクでお腹はぺこぽこ
喉はからっからっ

b0244811_12195923.jpg


コンビニで調達したピザと缶ビア
あぁやっぱチルトピザは便利だよなあ・・・
ってか、なんだかホントのスノーハイクみたいだぞ?
足りないのはなんだ?スノピのミニテーブルにランチョンマット
トランギアのケトルに手作りチャイ?
いやいや、肝心なのはそれを作ってくれる山ガール?
ま、そりゃ一生足りないわさ

っつーか今頃本当なら
あの尾根で、あの山小屋で、あのアレを頂いてたはずだったのにな

なんて、つぶやきながら青空にまっすぐ伸びるカラマツを見上げる

b0244811_12231111.jpg


今まで歩いていた関西の大峰、台高エリアではブナばかり気になっていたけれど
関東エリアを歩き始めて、この背の高いカラマツが妙に好きになってしまった
なんだか、このスッとした姿がいいな

b0244811_12331825.jpg


大台ヶ原ドライブウェイ、ぽつんとベンチが置いてあるところ
あそこのカラマツもいい味を出してたっけ

台高は今どんな姿なんだろう

b0244811_123542100.jpg


なんて、ちょっと故郷の山を想ったり

b0244811_12352036.jpg


15時を周ると陽の色が変わってくる
この雪原周回は、いろんな光と影とが感じられるところも魅力だ

b0244811_12391066.jpg


帰り道
小腹が空いて、昨年の秋にヨメさんと訪れた龍頭ノ滝茶屋に寄って、お蕎麦を頂く
氷瀑をながめながら、ずるずる、ずるずる、なんと風情のあるスノーハイクのエンディングだこと

でも、結局はオヤジ一人っきりなんだよなぁ

b0244811_20132610.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■


遠征は行けなくとも、こうして青空と白樺に囲まれて一日過ごせるなんて
オヤジ一人っきりでも、いい休日だよ
うん。

寂しくなんてないやいっ (・∀・)キュンキュン

 
by slow-trek | 2013-01-14 22:05 | 関東甲信越[那須・日光] | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/19837936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oyaji at 2013-01-14 23:37 x
一人だけのスノーハイク、いいじゃないですか~
うらやましいっす

さて、大峰も雪景色しましたぜ!
Commented by ルネオバ at 2013-01-15 11:29 x
落葉松、いいですよね~
芽吹きの頃、黄金色に色づく頃、それぞれ・・
秋の終わりの落葉松林、
風がさ~っと過ぎると、さらさらさら・・・って衣擦れのような音と共に黄金色の落葉が降り注いでくるんですよね~・・
あ~そんなのもここ何年も経験してないな・・・( ´Д`)/

エエとこにお住まいなんですね~
Commented by ピッケル君 at 2013-01-15 21:44 x
全然 行けてますよぉ~
オヤジの一人って 何が悪いのよ!?

私も同じく1/13 大峰の天女参りしましたが、霧氷が無くて 悲しい結末(トホホ

それに比べれば カラマツと 青空と 白銀の世界・・・・ 素晴らしいじゃないですか??

ちなみに 私は めいっぱい 寂しいでつ
Commented by slow-trek at 2013-01-16 23:20
oyajiさん

いつでも来てくださいよ
大峰・・・、そろそろいいカンジですよね

はぁ。歩きたいです
Commented by slow-trek at 2013-01-16 23:22
ルネさん

そうですね、特に秋の黄金色に輝く姿は・・・
って、実はまだ、そんな素敵な姿は拝んでないのですよ
いつでも来てくださいよ、あ、ついでにバケット買ってきてね♪
東京駅までお迎えに行きますので(いつまで言うのん)
Commented by slow-trek at 2013-01-16 23:24
ピッケルさん

大峰の天女は微笑んでくれませんでしたか
いやいや、まだまだこれからでしょう
でも、あの尾根も雪深くなると、なかなかやっかいですよね

>ちなみに 私は めいっぱい 寂しいでつ

ななな、なにを?まぁお互い寂しがりやな年頃ですものねw
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite