荒野にて

slowtrek.exblog.jp ブログトップ | ログイン

一人っきりの閉山祭 薬師岳(後)

b0244811_2293988.jpg


薬師を紅く染める夕陽と、晩秋の黒部の空気が
まるで指先から、胸の奥まで染み入るかのような瞬間

薬師が燃える

一人佇み、そのひと時に染まる




b0244811_2211491.jpg


ついさっきまで茜色に染まった空は
一瞬で漆黒の闇に消えた、と思ったらすぐに空には星たちが煌めき始める

タープの先に熊鈴を吊り、思い出しては鳴らしながら
星たちを眺めながら、ポケットウィスキーを舐めているうちに寝入った
それでも寝返りをうつ度に熊鈴を蹴って鳴らす
きっと2キロ四方は、私以外に誰もいないだろうから

b0244811_2215339.jpg


なんだか遠くのヒトの気配で目が覚めたのは4時
こんな静けさの中で気配を間違うはずは無いだろう、もう薬師に向かってる人がいるのだ

ほんの往復2時間ちょっと、急ぐこともないさ
コーヒーを飲んでもそもそと歩き始める

b0244811_2218713.jpg


風は凪いで寒さは思ったよりも感じない

ところが、登山道まで登り返し、尾根に乗っかった瞬間、黒部川方向から
とてつもなく冷たい風が全身を凍りつかせる
慌ててダウンベストの上からアウターを着込みフードを被る

b0244811_221911.jpg
b0244811_22201162.jpg


槍のシルエット、その穂先が鋭くなって行く

先週末、一足早く小屋を閉めた新装なった薬師岳山荘
今シーズンは、どれだけのハイカーたちの脚を休ませたのだろうか
その小屋も、ひっそりと厳しい冬を待っている

b0244811_22193369.jpg
b0244811_22212074.jpg


有峰湖を見下ろすと、大きな影に隠れている?この影は?
なんと雄大な・・・あの湖を覆ってる影は、この、私が今歩いている薬師岳の影だ
あらためて、北アルプスで最も美しいこの山の大きさを知る

b0244811_2222349.jpg
b0244811_22221958.jpg


はやくも下山してくるペアとすれ違うけれど
強風に挨拶の声もちぎれ飛んで行く

b0244811_22231789.jpg


稜線に乗っかる
立山だ

b0244811_2224206.jpg


黒部川からの風はカールに当たって砕け散っているかのよう
そこだけ風が当たらないトレイルを祠に向かう

b0244811_2225755.jpg


そしてピーク
祠にご挨拶、そこには、あの薬師如来さまの姿はないけれど手を合わせた
今シーズンもこうして黒部を見渡せる山に立てたお礼をする

b0244811_22253821.jpg


カールの向こう、立山は少し雲で隠れてる

b0244811_22262289.jpg


黒部川が光る

風が凪いで、空気が凍る

光線で赤牛の稜線がはっきり見えないけれど
10分以上も、飽きもせず黒部川を見下ろし、その向こうの稜線を睨んでいた

b0244811_22264964.jpg


下山はケルンを過ぎた頃から、急に風が冷たくなり
北ノ俣から、ぐんぐんと暗雲が近づいて来た
やがてその雲は薬師全体を覆い
遅い朝食を最後の缶ビアで、なんて企みは諦めて
ガタガタ震えながらの撤収となる

b0244811_22273618.jpg


薬師峠のテン場は、今まさに誰かが去った後のような
人の気配を残した静けさ

暗い雲に覆われた薬師を振り向き振り向き
木道をこつこつ歩く

小屋の前には誰もいない
ここにも誰かが残した気配だけ
風の音さえ聞こえない

b0244811_222891.jpg


こんにちわー!
急に不安になり小屋の玄関で大きな声を出すけれど
なんの返事もない

一人っきりを楽しむ、そんなことも忘れ
突然、この黒部に一人置いてけぼりにされたような・・・
そんな寂寥感に押しつぶされそうになる

b0244811_22285343.jpg


もう一度、誰かに、何かに大声を出そうとして止める
そして一人、薬師岳を見上げる

黒い雪雲に覆われた薬師
きっと雪が舞ってるだろうな
今年も終わったんだな

・・・そう想うと、全身に染みこんだ晩秋の黒部の空気が、ぐっと濃くなった気がした

b0244811_22293673.jpg


誰にも合わずトボトボ下山
五光岩辺りから、全身を包んでいた寂寥感が薄れて行く

b0244811_22303573.jpg


でも、それは山と離れる別の寂しさと入れ替わっただけ
なんだかぽっかりと穴が開いたよう
それは、薬師の雪雲なんて知らぬ顔、眩いばかりの紅葉の折立に戻っても塞がれることはなかった

b0244811_22312354.jpg


この道や 行く人なしに 秋の暮

b0244811_23355372.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
■RANKING■



一人っきりの閉山祭
その祭り後の侘しさと余韻は、未だに胸の奥に残っている
by slow-trek | 2012-12-03 23:02 | 北アルプス | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://slowtrek.exblog.jp/tb/19607867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dahan at 2012-12-04 00:49 x
いや~さすが素敵な文章です。読ませるなぁ~^^
Commented by katsu♨ at 2012-12-04 23:40 x
ううむ・・・うむむ・・・
dahanに同じ(笑

スロトレワールドに、入っちゃいましたわ♪
で、今さらながら感じた事
句読点の「。」を省く心地良さがあるのね(笑
Commented by slow-trek at 2012-12-06 00:40
dahanさん

何をおっしゃる
dahanさんの、一枚の画像の方が深い一行を現せてますよ
ありがとう
Commented by slow-trek at 2012-12-06 00:41
katsu♨ さん

>句読点の「。」を省く心地良さがあるのね(笑

ううむ・・・うむむ・・・
国語の勉強オロソカにしてたの、バレたみたいですな(汗っ
Commented by ゆな at 2013-02-24 14:44 x
またまたコメント失礼します。
薬師岳、良いですよね( ´ ▽ ` )ノ
去年初めて登り、一気に恋しました!
私のBest1です!
これぐらいの時期だとこんなに人も少なくて静かなんですね。
いいなぁ…
今年も薬師岳、行きたいです!

素敵な文章ですね、本当に★
じーんと来ました。
Commented by slow-trek at 2013-02-25 23:23
ゆなさん

>去年初めて登り、一気に恋しました!

「恋しました」なんて感想聞くと、オヤジはクラクラします^^;
いいですよね薬師岳、私も今のところ北アルプスで一番好きな山です
女性的な穏やかな面と、荒々しい両面を持つ山に惹かれるのです

>これぐらいの時期だとこんなに人も少なくて静かなんですね

そう!人は少ないし、裾野には紅葉も残ってるし、この季節お勧めです
私は今年もきっとこの季節に歩くと思います、そのときはテント担いで
あんなところや、そんなところ(どこやねん)周回しようかと^^;

>素敵な文章ですね、本当に★

どうもありがとう
line

山行記録と山にまつわる物語


by slow-trek
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite